204件中 81 - 90件表示
  • 礒部公一

    礒部公一から見た梨田昌孝梨田昌孝

    入団当時の正捕手は的山哲也で、礒部は当時の近鉄に左打者が不足していたチーム事情から捕手兼外野手として一軍に定着した。佐々木は礒部を外野手にコンバートさせる意向を持っていたこともあり、はすべて外野手または代打として130試合に出場したほか、1試合だけ試合途中から二塁手に入っている。しかし的山は打力に難があったため、に監督に就任した梨田昌孝は礒部を捕手に戻すことを決断。顔面骨折による離脱もあったが捕手としては自己最多の87試合に出場した。打率.311と礒部の打力を見込んで捕手に再起用した梨田の期待に応えた一方、捕手としては強肩ではあったがスローイングに致命的な弱点があり(梨田は後に週刊ベースボールのコラムの中で「捕手としての礒部は送球の際にバックステップするクセがあり、この分の時間のロスでランナーを刺せなかった」とコメントしている)、この年の盗塁阻止率は当時のプロ野球ワーストとなる.109を記録している。バックステップについては1999年に一度も捕手を守らず、外野手の癖でバックステップが身につき阻止率低下につながったのではとされている(事実1998年は阻止率が3割を超えていた)。礒部公一 フレッシュアイペディアより)

  • 川本良平

    川本良平から見た梨田昌孝梨田昌孝

    2015年11月12日から、栗原健太(前・広島東洋カープ)・山内壮馬(前・中日ドラゴンズ)・金無英(前・福岡ソフトバンクホークス)と共に、入団テストを兼ねて東北楽天ゴールデンイーグルスの秋季キャンプに参加。捕手出身の梨田昌孝一軍監督から「バッティングの良い捕手」という評価を受けた。同月15日の紅白戦終了後、梨田が約4200人の観衆の前で川本を含む4人全員の合格を発表。12月7日、コボスタ宮城敷地内の「イーグルスドーム」において栗原、山内、金と合同での入団会見を行った。背番号は68。川本良平 フレッシュアイペディアより)

  • キャットルーキー

    キャットルーキーから見た梨田昌孝梨田昌孝

    トム・キャッツスカウト。現役時代は名捕手として活躍、水原と同じ年に引退した。寅島の才能を見抜き、トム・キャッツに入団させようとするが、寅島は三ヶ月の入団が絶対必要条件としたために、振り回されてしまう。また、重吉をスカウトしたのもこの人物。名前のモデルは梨田昌孝キャットルーキー フレッシュアイペディアより)

  • 的山哲也

    的山哲也から見た梨田昌孝梨田昌孝

    しかし、あまりに的山が打てないため、一度は外野にコンバートされた礒部が梨田昌孝の指導でに再び捕手に専念。的山の出場機会は激減するかに思われたが、礒部がシーズン中に顔面死球で骨折したことにより離脱したため、出場機会は減少したものの正捕手の座を譲るには至らなかった。7月9日にスタメンでファーストを守っていたフィル・クラークが戎信行に死球を受け骨折、急遽的山がファーストに入った。これは的山が捕手以外を守った唯一の年であり、唯一の試合である。的山哲也 フレッシュアイペディアより)

  • 2002年の日本プロ野球

    2002年の日本プロ野球から見た梨田昌孝梨田昌孝

    8月14日 - 近鉄の監督梨田昌孝が14日のオリックス21回戦(神戸)の8回、内野ゴロの判定をめぐって抗議し、一塁塁審の杉本大成への暴力行為により、退場処分を受けた。2002年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 岩木康郎

    岩木康郎から見た梨田昌孝梨田昌孝

    浪速高校では1963年夏の甲子園府予選準決勝に進出するが、和田徹捕手のいた明星高に敗れ甲子園出場を逸する。明星高は甲子園で優勝。1964年に近鉄バファローズへ入団。二軍暮らしが長かったが、1969年に正捕手に抜擢され104試合に出場。しかし翌年には、移籍してきた辻佳紀に定位置を譲る。その後も辻とレギュラーを争うが、1974年に梨田昌孝が台頭したこともあって出番が減り、一軍出場は1974年が最後となった。1977年から3年間は二軍コーチ兼任で選手を続けたが、1979年限りで選手を引退し、翌年からは二軍コーチ補佐となり、代わって木村貴臣が選手兼任捕手となった。岩木康郎 フレッシュアイペディアより)

  • 2013 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表

    2013 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表から見た梨田昌孝梨田昌孝

    10月10日 - 日本代表「侍ジャパン」監督コーチ就任会見が行われ、監督に山本浩二の就任が発表された。また、コーチ陣には、元西武ライオンズ監督の東尾修、元日本ハム監督の梨田昌孝、与田剛、立浪和義、高代延博、緒方耕一の就任も発表された。11月16日の福岡ドームで行われる、国際親善試合キューバ戦より指揮を執る。親善試合である11月のキューバ戦では山本監督の選考ではなく、12球団の監督によるアンケート結果から代表選手を選出することとなった。2013 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 2003年の日本シリーズ

    2003年の日本シリーズから見た梨田昌孝梨田昌孝

    ゲスト解説:梨田昌孝(近鉄監督) リポーター:冨坂和男(阪神側)、黒氏康博(ダイエー側)2003年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 1986年の日本シリーズ

    1986年の日本シリーズから見た梨田昌孝梨田昌孝

    ニッポン放送 実況:胡口和雄 解説:土橋正幸 ゲスト解説:梨田昌孝(近鉄) リポーター:森中千香良1986年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 1983年の日本シリーズ

    1983年の日本シリーズから見た梨田昌孝梨田昌孝

    文化放送(NRN) 実況:中田秀作 解説:別所毅彦 ゲスト解説:梨田昌孝(近鉄)1983年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

204件中 81 - 90件表示

「梨田昌孝」のニューストピックワード