前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
146件中 1 - 10件表示
  • 梨田 昌孝

    梨田昌孝から見た小林繁

    に一軍作戦兼バッテリーコーチとして近鉄に復帰。からは二軍監督を務め、に一軍監督に就任。近鉄は当時コーチだった小林繁、真弓明信と梨田の三人を『近鉄男前三人衆』として売り出し、この三人を起用した近鉄百貨店の広告が近鉄沿線の駅ポスターや車内中吊りに掲げられた。モロゾフのホワイトデー・イメージキャラクターになったこともある。梨田昌孝 フレッシュアイペディアより)

  • 梨田 昌孝

    梨田昌孝から見た西本幸雄

    西本幸雄監督時代から、有田との併用が多く見られた。この2人は『ありなしコンビ』と呼ばれ、当時は「2人とも他球団に行ったらレギュラーは間違いない」と言われており、オフシーズンになると近鉄に「どちらかをトレードしてほしい」との希望が殺到していたという。この状態は有田が読売ジャイアンツに移籍するまで続いた。『ありなしコンビ』の成功以降、複数捕手の併用が近鉄の戦術の特徴となり、近鉄で規定打席に到達した捕手は1985年の梨田以降は一人も現れなかった。梨田昌孝 フレッシュアイペディアより)

  • 梨田 昌孝

    梨田昌孝から見た仰木彬

    シーズン中、同年シーズン限りで近鉄がオリックス・ブルーウェーブと合併し、消滅することが決定した。シーズン最終戦の前日に、選手に向けて「みんな胸を張ってプレーしろ。お前たちが付けている背番号は、すべて近鉄バファローズの永久欠番だ」という言葉を残している。合併の際、近鉄のカラーを残すべく配慮したオリックス側からヘッドコーチへの転任を打診され、監督となった仰木彬からも慰留されるが「選手・スタッフやファンがばらばらになり、その進路も決まらないうちに自分一人が残るのは望ましくない」と辞退。あくまで「近鉄の梨田」としてユニフォームを脱ぐことを望んだため、球団解散前の10月15日付けで退団した。仰木からの残留要請を断り、結果的に関西球界で根強い人気を持つ仰木の下につかなかったことに対し、一部から批判的な意見もあったが、当の仰木は梨田の立場や胸中に理解を示しており、梨田自身も恩師の一人である仰木の力にもなりたかったと、仰木の死後に回顧した。梨田昌孝 フレッシュアイペディアより)

  • 梨田 昌孝

    梨田昌孝から見た落合博満

    2007年、契約交渉で揉めてオリックスを自由契約になったかつて近鉄時代の教え子の中村紀洋から相談を受けて、同級生で親友でもある落合博満に獲得を打診した。最初は断られるものの、最終的に中村は中日に育成選手として入団した(落合の項も参照)。この事は中日が優勝した2007年・年末にNHK-BSで放送された特番で梨田が落合とのやりとりなどエピソードを話すと、落合が笑いながら「それをばらしちゃうか、お前」と返した。梨田昌孝 フレッシュアイペディアより)

  • 梨田 昌孝

    梨田昌孝から見たオリックス・バファローズ

    梨田の現役時代、阪急ブレーブスには『世界の盗塁王』の異名を取る福本豊が居た。福本の盗塁にはどの球団も頭を悩ませており、当時プロ野球界で一、二を争う強肩だった梨田も例外ではなかった。梨田は考えに考え、福本が一塁に出ている際はあらかじめ右足を引いて構え、更に投球を捕ってからミットの中のボールを右手で抜き取り送球するのではなく、ミットでボールを後ろに受け流しそのまま右手で捕球することによって送球にかかる時間の短縮を図った。この工夫の甲斐あって、梨田は、福本がいたにもかかわらず5割を超える盗塁阻止率を記録した。梨田昌孝 フレッシュアイペディアより)

  • 梨田 昌孝

    梨田昌孝から見た真弓明信

    に一軍作戦兼バッテリーコーチとして近鉄に復帰。からは二軍監督を務め、に一軍監督に就任。近鉄は当時コーチだった小林繁、真弓明信と梨田の三人を『近鉄男前三人衆』として売り出し、この三人を起用した近鉄百貨店の広告が近鉄沿線の駅ポスターや車内中吊りに掲げられた。モロゾフのホワイトデー・イメージキャラクターになったこともある。梨田昌孝 フレッシュアイペディアより)

  • 梨田 昌孝

    梨田昌孝から見た若松勉

    監督就任1年目のは最下位に終わったが、2年目のに近鉄球団を史上4度目、球団最後のパ・リーグ優勝に導いた。同一監督の下で前年最下位から優勝を果たしたのはの最下位から翌年のに優勝した長嶋茂雄率いる読売ジャイアンツ以来。2001年の日本シリーズの前に、対戦相手であるヤクルトスワローズの若松勉監督とともに写真撮影に臨み、緊張の色の隠せない若松とは対照的にカメラに向けて笑顔を見せたが、1勝4敗で敗退してしまった。は2位、は3位とまずまずの成績を残した。梨田昌孝 フレッシュアイペディアより)

  • 梨田 昌孝

    梨田昌孝から見た米田哲也

    初打点:1973年6月19日、対阪急ブレーブス前期11回戦(日生球場)、7回裏に米田哲也から梨田昌孝 フレッシュアイペディアより)

  • 梨田 昌孝

    梨田昌孝から見た中村紀洋

    2007年、契約交渉で揉めてオリックスを自由契約になったかつて近鉄時代の教え子の中村紀洋から相談を受けて、同級生で親友でもある落合博満に獲得を打診した。最初は断られるものの、最終的に中村は中日に育成選手として入団した(落合の項も参照)。この事は中日が優勝した2007年・年末にNHK-BSで放送された特番で梨田が落合とのやりとりなどエピソードを話すと、落合が笑いながら「それをばらしちゃうか、お前」と返した。梨田昌孝 フレッシュアイペディアより)

  • 梨田 昌孝

    梨田昌孝から見たジェレミー・パウエル

    近鉄の監督時代は、外国人選手に対する事前評価が実際とは正反対の結果になることが多かった。例えば、監督就任1年目に開幕投手に起用したボブ・ウォルコットは3勝4敗、防御率6点台で1年で解雇、2年目のキャンプで投球を見て「15勝は期待できる」と高評価したウィル・フリントは1勝も出来ずシーズン途中で解雇、更にバッティングを見て「ブーマー・ウェルズに似ている」と絶賛したフレッディ・ガルシアは打率1割台、1本塁打でシーズン半ばに解雇され、「すごい投手が来た」と評したケビン・バーンも平凡な成績しか残せなかった。近鉄2年目の優勝にはショーン・バーグマンやジェレミー・パウエルの活躍があったが、彼らは球団アドバイザーだったトミー・ラソーダの推薦で入団したものである。梨田昌孝 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
146件中 1 - 10件表示

「梨田昌孝」のニューストピックワード