140件中 31 - 40件表示
  • 梨田昌孝

    梨田昌孝から見たモロゾフ

    に一軍作戦兼バッテリーコーチとして近鉄に復帰。からは二軍監督を務め、に一軍監督に就任。近鉄は当時コーチだった小林繁、真弓明信と梨田の三人を『近鉄男前三人衆』として売り出し、この三人を起用した近鉄百貨店の広告が近鉄沿線の駅ポスターや車内中吊りに掲げられた。モロゾフのホワイトデー・イメージキャラクターになったこともある。梨田昌孝 フレッシュアイペディアより)

  • 梨田昌孝

    梨田昌孝から見た関西テレビ放送

    からは13年ぶりにNHKおよび大阪日刊スポーツの野球評論家に復帰、かんさいニュース1番のスポーツコーナー(金曜日)にレギュラー出演した他、日本プロ野球・MLB中継の解説を担当。週刊ベースボールにも連載を持っていた。他にも、2005年7月にアニメ『プレイボール』(関西テレビ放送)で声優を務め(タイヤキ屋のおやじ役)、京橋グランシャトービルやアーククエストなどの関西ローカルのCMにも出演。6月1日には大阪産業大学の客員教授にも就任し、実業家としても個人芸能事務所「トゥルーマサ」を設立するなど多方面で活躍している。梨田昌孝 フレッシュアイペディアより)

  • 梨田昌孝

    梨田昌孝から見た近鉄百貨店

    に一軍作戦兼バッテリーコーチとして近鉄に復帰。からは二軍監督を務め、に一軍監督に就任。近鉄は当時コーチだった小林繁、真弓明信と梨田の三人を『近鉄男前三人衆』として売り出し、この三人を起用した近鉄百貨店の広告が近鉄沿線の駅ポスターや車内中吊りに掲げられた。モロゾフのホワイトデー・イメージキャラクターになったこともある。梨田昌孝 フレッシュアイペディアより)

  • 梨田昌孝

    梨田昌孝から見た鈴木啓示

    近鉄のリーグ連覇時(1979年と)の正捕手だが、当時のエースだった鈴木啓示とは主に有田がバッテリーを組んでいた。しかしながら、鈴木が通算300勝を達成した試合では梨田がマスクを被っていた。梨田昌孝 フレッシュアイペディアより)

  • 梨田昌孝

    梨田昌孝から見た野球日本代表

    10月10日に、野球日本代表の野手総合コーチに就任した事が発表された。11月13日に、背番号が「99」となった事が発表された。梨田昌孝 フレッシュアイペディアより)

  • 梨田昌孝

    梨田昌孝から見たサンデースポーツ

    1990年、1991年には日曜夜のスポーツニュース「サンデースポーツ」の司会も務めた。梨田昌孝 フレッシュアイペディアより)

  • 梨田昌孝

    梨田昌孝から見たゴールデングラブ賞

    1年目()から強肩を武器に頭角を現すも打撃で伸び悩み、一時は有田修三に正捕手の座を奪われるが、打席で両腕をクネクネと動かすフォーム『コンニャク打法』を開発すると勝負強い打撃を発揮し、有田と併用の形ではあったものの正捕手の座を奪回。には球団初のパシフィック・リーグ優勝を経験し、以降まで3年連続ベストナイン、ダイヤモンドグラブ賞(現・ゴールデングラブ賞)を受賞するなど、長きに渡って近鉄の主力捕手として活躍した。梨田昌孝 フレッシュアイペディアより)

  • 梨田昌孝

    梨田昌孝から見た千葉ロッテマリーンズ

    1月、一軍投手コーチに就任したばかりの小林繁が心不全により急逝。近鉄監督時代の2004年にも、二軍打撃コーチだった鈴木貴久を急性気管支炎で失っている。この年はほぼ中継ぎ経験しかないブライアン・ウルフをシーズン途中に先発に転向させなければならなかったり、二軍で野手が9人しかいなくなる程ケガ人が続出し、一時借金14の最下位と低迷しながら、小谷野栄一が4番に定着した交流戦頃からチーム状態が向上し、シーズン終盤にはクライマックスシリーズへの出場権をかけた3位争いを演じるところまで浮上。最終的には貯金7でシーズンを終え、全日程を終了した時点では3位だったが、千葉ロッテマリーンズが最後の3試合を全勝すれば3位浮上という状況の中で全勝したため、最終的には4位、日本ハム5年ぶりのBクラスでシーズンを終えた。この年4位になったことで、梨田は監督として全順位を経験した(全順位経験監督には梨田以外だと吉田義男、野村克也、長嶋茂雄、王貞治、星野仙一がいる)。梨田昌孝 フレッシュアイペディアより)

  • 梨田昌孝

    梨田昌孝から見た大久保博元

    10月8日、成績不振のため辞任した大久保博元の後任として、東北楽天ゴールデンイーグルスの一軍監督に就任することが発表された。背番号は、自身の希望により野球日本代表の野手総合コーチと同じ「99」。梨田昌孝 フレッシュアイペディアより)

  • 梨田昌孝

    梨田昌孝から見た日本放送協会

    より登録名を「昌孝」としている。シーズンをもって消滅した大阪近鉄バファローズ最後の監督であり、選手・監督両方で同球団の優勝を経験した唯一の人物である。からまで北海道日本ハムファイターズの監督、からまでNHK、日刊スポーツの野球評論家を務めた。から東北楽天ゴールデンイーグルスの監督である。梨田昌孝 フレッシュアイペディアより)

140件中 31 - 40件表示

「梨田昌孝」のニューストピックワード