140件中 41 - 50件表示
  • 梨田昌孝

    梨田昌孝から見た大阪近鉄バファローズ

    より登録名を「昌孝」としている。シーズンをもって消滅した大阪近鉄バファローズ最後の監督であり、選手・監督両方で同球団の優勝を経験した唯一の人物である。からまで北海道日本ハムファイターズの監督、からまでNHK、日刊スポーツの野球評論家を務めた。から東北楽天ゴールデンイーグルスの監督である。梨田昌孝 フレッシュアイペディアより)

  • 梨田昌孝

    梨田昌孝から見た日刊スポーツ

    より登録名を「昌孝」としている。シーズンをもって消滅した大阪近鉄バファローズ最後の監督であり、選手・監督両方で同球団の優勝を経験した唯一の人物である。からまで北海道日本ハムファイターズの監督、からまでNHK、日刊スポーツの野球評論家を務めた。から東北楽天ゴールデンイーグルスの監督である。梨田昌孝 フレッシュアイペディアより)

  • 梨田昌孝

    梨田昌孝から見た光山英和

    以降は、肩や打撃面の衰えから山下和彦、古久保健二、光山英和にスタメンを譲る機会が多くなる。に同学年の吹石徳一と共に引退。現役最後の安打は、伝説となった『10.19』のダブルヘッダー第1試合の9回表で放った決勝適時打である。梨田昌孝 フレッシュアイペディアより)

  • 梨田昌孝

    梨田昌孝から見た三原脩

    近鉄で1シーズン以上務めた歴代監督16人の中で、通算成績で勝ち越しているのは三原脩、西本幸雄、仰木彬、そして梨田の4人である。梨田昌孝 フレッシュアイペディアより)

  • 梨田昌孝

    梨田昌孝から見た三沢淳

    本格的に野球を始めたのは浜田市立第一中学校入学後で、その際は身長順に新入部員の守備位置が割り振られ、高い方から3番目だった梨田は強制的に捕手を任されたという。また中学野球部の1年先輩に三沢淳がいる。梨田昌孝 フレッシュアイペディアより)

  • 梨田昌孝

    梨田昌孝から見た杉本大成

    2002年8月14日のオリックス戦で8回、内野ゴロの判定をめぐって抗議し、一塁塁審の杉本大成への暴力行為により、退場処分を受けた。1試合出場停止となり8月16日の西武戦はヘッドコーチの真弓が監督代行を務めた。梨田昌孝 フレッシュアイペディアより)

  • 梨田昌孝

    梨田昌孝から見た河野博文

    100本塁打:1985年7月11日、対日本ハムファイターズ13回戦(後楽園球場)、8回表に河野博文から左越ソロ ※史上138人目梨田昌孝 フレッシュアイペディアより)

  • 梨田昌孝

    梨田昌孝から見たケビン・バーン

    近鉄の監督時代は、外国人選手に対する事前評価が実際とは正反対の結果になることが多かった。例えば、監督就任1年目に開幕投手に起用したボブ・ウォルコットは3勝4敗、防御率6点台で1年で解雇、2年目のキャンプで投球を見て「15勝は期待できる」と高評価したウィル・フリントは1勝も出来ずシーズン途中で解雇、更にバッティングを見て「ブーマー・ウェルズに似ている」と絶賛したフレッディ・ガルシアは打率1割台、1本塁打でシーズン半ばに解雇され、3年目は日本ハムで本塁打王を獲得したナイジェル・ウィルソンを獲得し「内助の功ならぬ、ナイジェルの功で頑張ってほしい」と発言したが、打率2割台本塁打6本の不振で5月に2軍落ち、結局その後復帰はなく8月に解雇された(但し、ウィルソンの獲得はタフィ・ローズの強い推薦があったためといわれている)。4年目には「すごい投手が来た」と評したケビン・バーンも平凡な成績しか残せなかった。近鉄2年目の優勝にはショーン・バーグマンやジェレミー・パウエルの活躍があったが、彼らは球団アドバイザーだったトミー・ラソーダの推薦で入団したものである。梨田昌孝 フレッシュアイペディアより)

  • 梨田昌孝

    梨田昌孝から見たボブ・ウォルコット

    近鉄の監督時代は、外国人選手に対する事前評価が実際とは正反対の結果になることが多かった。例えば、監督就任1年目に開幕投手に起用したボブ・ウォルコットは3勝4敗、防御率6点台で1年で解雇、2年目のキャンプで投球を見て「15勝は期待できる」と高評価したウィル・フリントは1勝も出来ずシーズン途中で解雇、更にバッティングを見て「ブーマー・ウェルズに似ている」と絶賛したフレッディ・ガルシアは打率1割台、1本塁打でシーズン半ばに解雇され、3年目は日本ハムで本塁打王を獲得したナイジェル・ウィルソンを獲得し「内助の功ならぬ、ナイジェルの功で頑張ってほしい」と発言したが、打率2割台本塁打6本の不振で5月に2軍落ち、結局その後復帰はなく8月に解雇された(但し、ウィルソンの獲得はタフィ・ローズの強い推薦があったためといわれている)。4年目には「すごい投手が来た」と評したケビン・バーンも平凡な成績しか残せなかった。近鉄2年目の優勝にはショーン・バーグマンやジェレミー・パウエルの活躍があったが、彼らは球団アドバイザーだったトミー・ラソーダの推薦で入団したものである。梨田昌孝 フレッシュアイペディアより)

  • 梨田昌孝

    梨田昌孝から見た立花龍司

    近鉄のコーチとして復帰したはかつてのエースである鈴木啓示が監督に就任した年でもあったが、自らの現役時代に築いたスタイルを貫こうとする鈴木と各自独特のスタイルを持つ選手との間で悩み続けた模様が自著「戦術眼」(ベースボール・マガジン社新書)から読み取ることができる。同書にはその一例として鈴木が自らの経験から投手陣のランニングの際にスパイクの着用を義務付けたことについて書かれている。この件について当時コンディショニングコーチを務めていた立花龍司が足を痛める原因になると反対し、梨田自身もランニングシューズの機能が発達しトレーニング科学も進歩していた中でさほど重要な意味を持たないと考えていたが、同時に組織とは最終的にはトップの決断で動くべきものという考えを持っていた梨田は何とか鈴木の考えを投手陣に納得させてやらせる方法はないかと考え、ランニングとスパイクを履かざるを得ない投内連係(投手と内野手の連係を確認する守備練習)を組み合わせることで調整を図ったという。梨田昌孝 フレッシュアイペディアより)

140件中 41 - 50件表示

「梨田昌孝」のニューストピックワード