146件中 41 - 50件表示
  • 梨田 昌孝

    梨田昌孝から見た日本放送協会

    現在はNHK、日刊スポーツの野球評論家。梨田昌孝 フレッシュアイペディアより)

  • 梨田 昌孝

    梨田昌孝から見た大阪近鉄バファローズ

    シーズンをもって消滅した大阪近鉄バファローズ最後の監督であり、選手・監督両方で同球団の優勝を経験した唯一の人物である。からまで北海道日本ハムファイターズの監督を務めた。梨田昌孝 フレッシュアイペディアより)

  • 梨田 昌孝

    梨田昌孝から見た日刊スポーツ

    現在はNHK、日刊スポーツの野球評論家。梨田昌孝 フレッシュアイペディアより)

  • 梨田 昌孝

    梨田昌孝から見たボブ・ウォルコット

    近鉄の監督時代は、外国人選手に対する事前評価が実際とは正反対の結果になることが多かった。例えば、監督就任1年目に開幕投手に起用したボブ・ウォルコットは3勝4敗、防御率6点台で1年で解雇、2年目のキャンプで投球を見て「15勝は期待できる」と高評価したウィル・フリントは1勝も出来ずシーズン途中で解雇、更にバッティングを見て「ブーマー・ウェルズに似ている」と絶賛したフレッディ・ガルシアは打率1割台、1本塁打でシーズン半ばに解雇され、「すごい投手が来た」と評したケビン・バーンも平凡な成績しか残せなかった。近鉄2年目の優勝にはショーン・バーグマンやジェレミー・パウエルの活躍があったが、彼らは球団アドバイザーだったトミー・ラソーダの推薦で入団したものである。梨田昌孝 フレッシュアイペディアより)

  • 梨田 昌孝

    梨田昌孝から見た立花龍司

    近鉄のコーチとして復帰したはかつてのエースである鈴木啓示が監督に就任した年でもあったが、自らの現役時代に築いたスタイルを貫こうとする鈴木と各自独特のスタイルを持つ選手との間で悩み続けた模様が自著「戦術眼」(ベースボール・マガジン社新書)から読み取ることができる。同書にはその一例として鈴木が自らの経験から投手陣のランニングの際にスパイクの着用を義務付けたことについて書かれている。この件について当時コンディショニングコーチを務めていた立花龍司が足を痛める原因になると反対し、梨田自身もランニングシューズの機能が発達しトレーニング科学も進歩していた中でさほど重要な意味を持たないと考えていたが、同時に組織とは最終的にはトップの決断で動くべきものという考えを持っていた梨田は何とか鈴木の考えを投手陣に納得させてやらせる方法はないかと考え、ランニングとスパイクを履かざるを得ない投内連係(投手と内野手の連係を確認する守備練習)を組み合わせることで調整を図ったという。梨田昌孝 フレッシュアイペディアより)

  • 梨田 昌孝

    梨田昌孝から見たブライアン・ウルフ

    1月、一軍投手コーチに就任したばかりの小林繁が心不全により急逝。近鉄監督時代の2004年にも、二軍打撃コーチだった鈴木貴久を急性気管支炎で失っている。この年はほぼ中継ぎ経験しかないブライアン・ウルフをシーズン途中に先発に転向させなければならなかったり、二軍で野手が9人しかいなくなる程ケガ人が続出し、一時借金14の最下位と低迷しながらシーズン終盤にはクライマックスシリーズへの出場権をかけた3位争いを演じるところまで浮上。全日程を終了した時点では3位だったが、千葉ロッテマリーンズが最後の3試合を全勝すれば3位浮上という状況の中で全勝したため、最終的には4位、日本ハム5年ぶりのBクラスでシーズンを終えた。この年4位になったことで、梨田は監督として全順位を経験することになった。梨田昌孝 フレッシュアイペディアより)

  • 梨田 昌孝

    梨田昌孝から見た小川亨

    初出場:1972年7月2日、対阪急ブレーブス12回戦(日生球場)、5番・中堅手として先発出場(偵察要員:小川亨と交代)梨田昌孝 フレッシュアイペディアより)

  • 梨田 昌孝

    梨田昌孝から見た佐藤道郎

    初本塁打:1973年8月19日、対南海ホークス後期5回戦(大阪球場)、4回表に佐藤道郎から梨田昌孝 フレッシュアイペディアより)

  • 梨田 昌孝

    梨田昌孝から見た江本孟紀

    初安打:1972年10月16日、対南海ホークス26回戦(大阪球場)、4回表に江本孟紀から梨田昌孝 フレッシュアイペディアより)

  • 梨田 昌孝

    梨田昌孝から見た客員教授

    からは12年ぶりにNHK・大阪日刊スポーツの野球評論家に復帰、かんさいニュース1番の金曜日のスポーツコーナーにレギュラー出演した他、プロ野球・メジャーリーグ野球解説などを担当。週刊ベースボールにも連載を持っていた。他にも、2005年7月にアニメ『プレイボール』(関西テレビ放送)で声優を務め(タイヤキ屋のおやじ役)、京橋グランシャトービルやアーククエストなどの関西ローカルのCMにも出演。6月1日には大阪産業大学の客員教授にも就任し、実業家としても個人芸能事務所「トゥルーマサ」を運営するなど多方面で活躍している。梨田昌孝 フレッシュアイペディアより)

146件中 41 - 50件表示

「梨田昌孝」のニューストピックワード