146件中 51 - 60件表示
  • 梨田 昌孝

    梨田昌孝から見たウィル・フリント

    近鉄の監督時代は、外国人選手に対する事前評価が実際とは正反対の結果になることが多かった。例えば、監督就任1年目に開幕投手に起用したボブ・ウォルコットは3勝4敗、防御率6点台で1年で解雇、2年目のキャンプで投球を見て「15勝は期待できる」と高評価したウィル・フリントは1勝も出来ずシーズン途中で解雇、更にバッティングを見て「ブーマー・ウェルズに似ている」と絶賛したフレッディ・ガルシアは打率1割台、1本塁打でシーズン半ばに解雇され、「すごい投手が来た」と評したケビン・バーンも平凡な成績しか残せなかった。近鉄2年目の優勝にはショーン・バーグマンやジェレミー・パウエルの活躍があったが、彼らは球団アドバイザーだったトミー・ラソーダの推薦で入団したものである。梨田昌孝 フレッシュアイペディアより)

  • 梨田 昌孝

    梨田昌孝から見た光山英和

    以降は、肩や打撃面の衰えから山下和彦、古久保健二、光山英和にマスクを譲る機会が多くなる。に引退。現役最後の安打は、伝説となった『10.19』のダブルヘッダー第1試合の9回表で放った決勝適時打である。梨田昌孝 フレッシュアイペディアより)

  • 梨田 昌孝

    梨田昌孝から見た三原脩

    近鉄で1シーズン以上務めた歴代監督16人の中で、通算成績で勝ち越しているのは三原脩、西本幸雄、仰木彬、そして梨田の4人である。梨田昌孝 フレッシュアイペディアより)

  • 梨田 昌孝

    梨田昌孝から見た河野博文

    100本塁打:1985年7月11日、対日本ハムファイターズ13回戦(後楽園球場)、8回表に河野博文から左越先制決勝ソロ ※史上138人目梨田昌孝 フレッシュアイペディアより)

  • 梨田 昌孝

    梨田昌孝から見たケビン・バーン

    近鉄の監督時代は、外国人選手に対する事前評価が実際とは正反対の結果になることが多かった。例えば、監督就任1年目に開幕投手に起用したボブ・ウォルコットは3勝4敗、防御率6点台で1年で解雇、2年目のキャンプで投球を見て「15勝は期待できる」と高評価したウィル・フリントは1勝も出来ずシーズン途中で解雇、更にバッティングを見て「ブーマー・ウェルズに似ている」と絶賛したフレッディ・ガルシアは打率1割台、1本塁打でシーズン半ばに解雇され、「すごい投手が来た」と評したケビン・バーンも平凡な成績しか残せなかった。近鉄2年目の優勝にはショーン・バーグマンやジェレミー・パウエルの活躍があったが、彼らは球団アドバイザーだったトミー・ラソーダの推薦で入団したものである。梨田昌孝 フレッシュアイペディアより)

  • 梨田 昌孝

    梨田昌孝から見た鈴木貴久

    1月、一軍投手コーチに就任したばかりの小林繁が心不全により急逝。近鉄監督時代の2004年にも、二軍打撃コーチだった鈴木貴久を急性気管支炎で失っている。この年はほぼ中継ぎ経験しかないブライアン・ウルフをシーズン途中に先発に転向させなければならなかったり、二軍で野手が9人しかいなくなる程ケガ人が続出し、一時借金14の最下位と低迷しながらシーズン終盤にはクライマックスシリーズへの出場権をかけた3位争いを演じるところまで浮上。全日程を終了した時点では3位だったが、千葉ロッテマリーンズが最後の3試合を全勝すれば3位浮上という状況の中で全勝したため、最終的には4位、日本ハム5年ぶりのBクラスでシーズンを終えた。この年4位になったことで、梨田は監督として全順位を経験することになった。梨田昌孝 フレッシュアイペディアより)

  • 梨田 昌孝

    梨田昌孝から見た山下和彦

    以降は、肩や打撃面の衰えから山下和彦、古久保健二、光山英和にマスクを譲る機会が多くなる。に引退。現役最後の安打は、伝説となった『10.19』のダブルヘッダー第1試合の9回表で放った決勝適時打である。梨田昌孝 フレッシュアイペディアより)

  • 梨田 昌孝

    梨田昌孝から見た藤井純一

    ドラフト会議ではくじ運に全く恵まれなかった。近鉄時代は1999年のドラフト会議では3分の1で河内貴哉を、2002年のドラフト会議では2分の1で高井雄平を逃した。日本ハムで再び監督に就任後も、2007年のドラフト会議の大学・社会人ドラフトで6球団が競合した大場翔太を外したうえ、外れ1巡目で再び3球団が競合した服部泰卓まで取り損ね、2009年のドラフト会議では6球団競合した菊池雄星の当たりを引けなかった。2010年のドラフト会議では斎藤佑樹が4球団競合となり、当時の球団社長の藤井純一がくじを引いて、斎藤との交渉権を得ることが出来た。梨田昌孝 フレッシュアイペディアより)

  • 梨田 昌孝

    梨田昌孝から見たショーン・バーグマン

    近鉄の監督時代は、外国人選手に対する事前評価が実際とは正反対の結果になることが多かった。例えば、監督就任1年目に開幕投手に起用したボブ・ウォルコットは3勝4敗、防御率6点台で1年で解雇、2年目のキャンプで投球を見て「15勝は期待できる」と高評価したウィル・フリントは1勝も出来ずシーズン途中で解雇、更にバッティングを見て「ブーマー・ウェルズに似ている」と絶賛したフレッディ・ガルシアは打率1割台、1本塁打でシーズン半ばに解雇され、「すごい投手が来た」と評したケビン・バーンも平凡な成績しか残せなかった。近鉄2年目の優勝にはショーン・バーグマンやジェレミー・パウエルの活躍があったが、彼らは球団アドバイザーだったトミー・ラソーダの推薦で入団したものである。梨田昌孝 フレッシュアイペディアより)

  • 梨田 昌孝

    梨田昌孝から見た有田修三

    1年目()から強肩を武器に頭角を現すも打撃で伸び悩み、一時は有田修三に正捕手の座を奪われるが、打席で両腕をクネクネと動かすフォーム『コンニャク打法』を開発すると勝負強い打撃を発揮し、正捕手の座を奪回。には球団初のパシフィック・リーグ優勝を経験し、まで3年連続ベストナイン、ダイヤモンドグラブ賞(現・ゴールデングラブ賞)を受賞するなど、長きに渡って近鉄の捕手として活躍した。梨田昌孝 フレッシュアイペディアより)

146件中 51 - 60件表示

「梨田昌孝」のニューストピックワード