140件中 71 - 80件表示
  • 梨田昌孝

    梨田昌孝から見た引退

    以降は、肩や打撃面の衰えから山下和彦、古久保健二、光山英和にスタメンを譲る機会が多くなる。に同学年の吹石徳一と共に引退。現役最後の安打は、伝説となった『10.19』のダブルヘッダー第1試合の9回表で放った決勝適時打である。梨田昌孝 フレッシュアイペディアより)

  • 梨田昌孝

    梨田昌孝から見たイメージキャラクター

    に一軍作戦兼バッテリーコーチとして近鉄に復帰。からは二軍監督を務め、に一軍監督に就任。近鉄は当時コーチだった小林繁、真弓明信と梨田の三人を『近鉄男前三人衆』として売り出し、この三人を起用した近鉄百貨店の広告が近鉄沿線の駅ポスターや車内中吊りに掲げられた。モロゾフのホワイトデー・イメージキャラクターになったこともある。梨田昌孝 フレッシュアイペディアより)

  • 梨田昌孝

    梨田昌孝から見た広島東洋カープ

    島根県立浜田高校に進学し、3年時に甲子園(第43回選抜大会、第53回選手権大会)に4番・捕手で連続出場するが、ともに1回戦で敗退した。当時は実家から近い広島カープのファンで、カープからドラフト指名予定である旨を知らされていたが、結局のドラフト会議で近鉄バファローズから2位指名を受け入団。梨田昌孝 フレッシュアイペディアより)

  • 梨田昌孝

    梨田昌孝から見たトレード

    西本幸雄監督時代から、有田修三との併用が多く見られた。この2人は『ありなしコンビ』と呼ばれ、当時は「2人とも他球団に行ったらレギュラーは間違いない」と言われており、オフシーズンになると近鉄に「どちらかをトレードしてほしい」との希望が殺到していたという。この状態は有田が読売ジャイアンツに移籍するまで続いた。『ありなしコンビ』の成功以降、複数捕手の併用が近鉄の戦術の特徴となり、近鉄で規定打席に到達した捕手は1985年の梨田以降一人も現れなかった。梨田昌孝 フレッシュアイペディアより)

  • 梨田昌孝

    梨田昌孝から見たトレイ・ヒルマン

    に北海道日本ハムファイターズの監督として4年ぶりに現場復帰。就任会見では「近鉄が消滅して自分の居場所がなくなったような気がしていたが、こうして現場に復帰できて嬉しい。日本ハムは強いチームだ」と抱負を語った。前年11月25日に札幌ドームで行われた日本ハム・ファンフェスティバルにて、前監督・トレイ・ヒルマンから梨田への背番号88の継承式が行われた。就任1年目のシーズンは3位でリーグ戦を終了。クライマックスシリーズ第1ステージをオリックス・バファローズと戦い2連勝して第2ステージへ駒を進めたが、埼玉西武ライオンズに2勝4敗(リーグ優勝チームに与えられるアドバンテージを含む)で敗れ、日本シリーズ進出はならなかった。梨田昌孝 フレッシュアイペディアより)

  • 梨田昌孝

    梨田昌孝から見た伏見稲荷大社

    2004年10月に、京都府の伏見稲荷大社に鳥居を奉納している。千本鳥居の一角に「大阪近鉄バファローズ 梨田昌孝」と記された鳥居が現存する。梨田昌孝 フレッシュアイペディアより)

  • 梨田昌孝

    梨田昌孝から見たホワイトデー

    に一軍作戦兼バッテリーコーチとして近鉄に復帰。からは二軍監督を務め、に一軍監督に就任。近鉄は当時コーチだった小林繁、真弓明信と梨田の三人を『近鉄男前三人衆』として売り出し、この三人を起用した近鉄百貨店の広告が近鉄沿線の駅ポスターや車内中吊りに掲げられた。モロゾフのホワイトデー・イメージキャラクターになったこともある。梨田昌孝 フレッシュアイペディアより)

  • 梨田昌孝

    梨田昌孝から見た東京ヤクルトスワローズ

    監督就任1年目のは最下位に終わったが、2年目のに近鉄を史上4度目、球団最後のパ・リーグ優勝に導いた。同一監督の下で前年最下位から優勝を果たしたのはの最下位から翌年のに優勝した長嶋茂雄率いる読売ジャイアンツ以来。2001年の日本シリーズの前に、対戦相手であるヤクルトスワローズの若松勉監督とともに写真撮影に臨み、緊張の色の隠せない若松監督とは対照的にカメラに向けて笑顔を見せたものの、1勝4敗で敗退した。は2位、は3位とまずまずの成績を残した。梨田昌孝 フレッシュアイペディアより)

  • 梨田昌孝

    梨田昌孝から見たワールドシリーズ

    1989年、ワールドシリーズの取材のためオークランド・アスレチックスの本拠地のオークランド・アラメダ・カウンティ・コロシアムを訪れていた梨田はロマ・プリータ地震に遭遇、急遽現地の被害状況のリポーターを務めた。梨田昌孝 フレッシュアイペディアより)

  • 梨田昌孝

    梨田昌孝から見た登録名

    より登録名を「昌孝」としている。シーズンをもって消滅した大阪近鉄バファローズ最後の監督であり、選手・監督両方で同球団の優勝を経験した唯一の人物である。からまで北海道日本ハムファイターズの監督、からまでNHK、日刊スポーツの野球評論家を務めた。から東北楽天ゴールデンイーグルスの監督である。梨田昌孝 フレッシュアイペディアより)

140件中 71 - 80件表示

「梨田昌孝」のニューストピックワード