梶山陽平 ニュース&Wiki etc.

梶山 陽平(かじやま ようへい、1985年9月24日 - )は、東京都江東区出身のサッカー選手。ポジションは攻撃的ミッドフィールダーまたは守備的ミッドフィールダー。ギリシャ・スーパーリーグ・パナシナイコスFCに所属。家族は妻と1女1男。 (出典:Wikipedia)

「梶山陽平」Q&A

  • Q&A

    マティアス・ギンターとか海外選手のサインがたくさん出品されてるって凄いですね!内田篤…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年4月4日 16:00

  • Q&A

    ハリル監督は海外から戻ってきた選手も偏見持たず招集してますが。この海外出戻りJAPA…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2015年8月5日 01:00

  • Q&A

    500枚です。僕は今中学2年生です。サッカーをやっています。FC東京の梶山陽平選手に…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2014年9月29日 18:24

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「梶山陽平」のつながり調べ

  • 米本拓司

    米本拓司から見た梶山陽平

    FC東京では、今野泰幸のセンターバックへのコンバートもあり、激戦区であるボランチに割って入ると、5月のJ1第9節対大宮アルディージャ戦からスタメンに定着。梶山陽平とのダブルボランチを組み、7月には得意としていた守備に加えて「プレスを外せるところや、DFからボールを引き出す場所が分かってきた」とオフ・ザ・ボールの動きの向上にも自信を見せ、チームの連勝に貢献。梶山からも「(ボールを)つないで時間をつくれるようになった」と成長ぶりを認められた。7月12日の対名古屋グランパス戦では、視察に訪れた岡田武史日本代表監督の称賛を受けた。シュートは上手くないとしながらも「一生懸命練習」し、第24節対大分戦で、30メートル超のミドルシュートによるリーグ戦初ゴールをマーク。ナビスコカップ決勝戦では、前半にペナルティエリア外からミドルシュートでの先制点を決め、2-0の勝利に貢献。ニューヒーロー賞と決勝MVPを獲得した。Jリーグ技術委員長の上野山信行からは「豊富な運動量をベースに、相手の攻撃の芽を摘む鋭い守備力、的確な判断力に加え、攻撃面におけるゴールに向かう多彩な展開力は将来の日本代表の一翼を担える」と評価された。12月21日にはアジアカップ最終予選に向けたA代表に初招集され、対イエメン代表戦にフル出場した。(米本拓司 フレッシュアイペディアより)

  • セバスティアン・レト

    セバスティアン・レトから見た梶山陽平

    2008年8月、ギリシャのオリンピアコスFCにレンタル移籍した。2008-09シーズンは24試合に出場した。ここでの活躍が評価され、2009年7月に同じギリシャのパナシナイコスFCへ移籍金130万ポンドの4年契約で完全移籍した。2013年1月、パナシナイコスは梶山陽平の加入に際し、外国籍枠(EU外の外国籍選手に充てられる)に空きを作るため、レトを放出した。(セバスティアン・レト フレッシュアイペディアより)

「梶山陽平」のニューストピックワード