梶山陽平 ニュース&Wiki etc.

梶山 陽平(かじやま ようへい、1985年9月24日 - )は、東京都江東区出身のサッカー選手。Jリーグ・FC東京所属。家族は妻と1女1男。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「梶山陽平」のつながり調べ

  • セバスティアン・レト

    セバスティアン・レトから見た梶山陽平

    2008年8月、ギリシャのオリンピアコスFCにレンタル移籍した。2008-09シーズンは24試合に出場した。ここでの活躍が評価され、2009年7月に同じギリシャのパナシナイコスFCへ移籍金130万ポンドの4年契約で完全移籍した。2013年1月、パナシナイコスは梶山陽平の加入に際し、外国籍枠(EU外の外国籍選手に充てられる)に空きを作るため、レトを放出した。(セバスティアン・レト フレッシュアイペディアより)

  • 平山相太

    平山相太から見た梶山陽平

    2009年5月、城福からの「試合に出られそうなときとそうでないときで練習でのプレーにムラがある。サッカー選手は選手寿命が短いのだから時間の使い方がもったいないのではないか」との指摘や、NHKの番組にてプロ野球選手・小笠原道大(当時読売ジャイアンツ所属)の練習姿勢に感銘を受けた事などが重なり、「プロとしての自覚が足りないことに気付き、極限の努力をするべき」だと意識改革を試みる。以降は出場停止となった2試合を除き全試合にスタメン出場。6月20日のJ1第14節柏戦では身体の強さを活かし、チェックに来たDF小林祐三を吹き飛ばしてゴールを決めた。以降、ゴール量産こそならなかったが、体躯を活かしたプレーで貢献。このシーズン、15得点の活躍を見せた石川直宏からは「前に起点ができるおかげで、ぼくらが前に行ける。FWだからゴールに近い位置でプレーしたいはずなのに(ポスト役をこなしてくれる)」と平山のポストプレーなどを高く評価した。また、この頃から梶山陽平が「守備では本当に助かっている」と話すなど、運動量と守備意識に改善を見せている。城福からは「バイタルエリアからでも難しいパスを出すことができるが、シンプルなパスを出すところとの判断が甘い」と課題を挙げられている。11月3日のナビスコカップ決勝・川崎戦では後半にヘディングでゴールを決め、自身プロ入り後の初タイトル獲得に大きく貢献した。(平山相太 フレッシュアイペディアより)

「梶山陽平」のニューストピックワード