前へ 1 2 3
22件中 1 - 10件表示
  • FC東京

    FC東京から見た梶山陽平梶山陽平

    2003年は1st、2ndステージ共に優勝戦線に絡み、年間順位4位の成績。8月にはレアル・マドリードとのフレンドリーマッチを行った(結果:0-3)。また、シーズン初戦だった3月8日のナビスコ杯・横浜FM戦(横浜国際総合競技場)で、FC東京U-18所属の高校生だった梶山陽平がトップチームでの公式戦に初出場した。一方で、天皇杯を最後に、旧JFL時代からチームを牽引し『KING OF TOKYO』として親しまれたFWアマラオが湘南へ移籍した。FC東京 フレッシュアイペディアより)

  • 呉章銀

    呉章銀から見た梶山陽平梶山陽平

    中学卒業後、15歳で訪日しFC東京U-18に入団(同期には梶山陽平、李忠成、鎌田次郎、斎藤雅也。訪日当時は日本語が不自由だったため李が通訳を務めていた。)。ユース在籍ながら能力を買われトップチームに選手登録されると、2002年のリーグ戦・対G大阪戦(万博)にて16歳8ヶ月20日でトップチームデビュー。後に森本貴幸が更新(15歳10ヶ月6日)するまでの約2年間、J1リーグ最年少出場記録を保持していた。呉章銀 フレッシュアイペディアより)

  • ヘスス・スアレス

    ヘスス・スアレスから見た梶山陽平梶山陽平

    2004年8月に行われたFC東京とデポルティーボ・ラ・コルーニャの試合を観戦したスアレスは、ミドルシュートを叩き込んだ梶山陽平を「ミカエル・ラウドルップのようだ」と絶賛し、「今すぐリーガ・エスパニョーラでプレーできる」と断言した。ヘスス・スアレス フレッシュアイペディアより)

  • 諏訪園一吉

    諏訪園一吉から見た梶山陽平梶山陽平

    中学時代から年代別日本代表に招集され、鹿児島実業高校2年次には全国選手権に出場し準優勝の経験がある。2001年、高卒ルーキーとしてFC東京へ入団。しかし直後に左肩を脱臼し、これが予想以上の重傷だったため、十分なプレーができるまでに半年近くを要し、また以後3年近くこのケガの影響を受ける事となってしまった。高校の先輩である藤山竜仁から「(藤山のつけている)背番号8は将来、諏訪園に譲りたいから相応しい選手になって欲しい」とマッチデイプログラム誌上で激励されるなどもした。秋に戦列復帰後、U-19日本代表合宿に招集され、10月には試合経験の少なさを補うため沖縄かりゆしFCに期限付き移籍し、全国地域リーグ決勝大会に出場した後、FC東京に復帰。2002年ナビスコカップではベンチメンバー入りし、5月6日のヴィッセル神戸戦(東京スタジアム)で公式戦デビューを果たすが、リーグ戦ではなかなかメンバー入りの壁を越える事が出来なかった。また、同年に入団した宮沢正史やユースから昇格した馬場憂太、移籍加入した石川直宏が攻撃的MFとして定着し、さらに2003年からトップチームに帯同した梶山陽平の成長、鈴木規郎の台頭などでMFの競争は激しく、司令塔タイプとしてはブラジル人MFケリーが大黒柱となっており、諏訪園の出番はサテライトリーグに限られてしまった。2003年6月、出場機会を求めてJFL・横河武蔵野FCにレンタル移籍。ここでようやく出番を掴み、能力をのぞかせた。諏訪園一吉 フレッシュアイペディアより)

  • 柴田峡

    柴田峡から見た梶山陽平梶山陽平

    大学卒業後、全日空サッカークラブ(後の横浜フリューゲルス)へ入団。東京ガスサッカー部(現、FC東京)移籍後現役を引退し、東京ガス主催によるサッカースクール「東京ペレフットボールクラブ」にて指導者としてジュニア年代へのサッカー指導をスタート。以後2004年までFC東京の下部組織で指導にあたり、2001年には日本クラブユースサッカー選手権および高円宮杯全日本ユース選手権優勝に導いた。その中で馬場憂太や梶山陽平をトップチームに輩出している。柴田峡 フレッシュアイペディアより)

  • 石川高大

    石川高大から見た梶山陽平梶山陽平

    柴田が率いるFC東京U-18では、ボランチとしてチームを支え、2001年には、トップチームへと昇格した馬場憂太、尾亦弘友希らとともに、クラブユース優勝、高円宮杯、Jユースカップに準優勝という結果を残した。高円宮杯では準決勝の広島ユース戦で退場処分を受けたため決勝戦には出場できなかったが、このとき代わって先発出場したのは当時高校1年生で北京オリンピック日本代表となったMF梶山陽平である。石川高大 フレッシュアイペディアより)

  • 米本拓司

    米本拓司から見た梶山陽平梶山陽平

    FC東京では、今野泰幸のセンターバックへのコンバートもあり、激戦区であるボランチに割って入ると、5月のJ1第9節対大宮アルディージャ戦からスタメンに定着。梶山陽平とのダブルボランチを組み、7月には得意としていた守備に加えて「プレスを外せるところや、DFからボールを引き出す場所が分かってきた」とオフ・ザ・ボールの動きの向上にも自信を見せ、チームの連勝に貢献。梶山からも「(ボールを)つないで時間をつくれるようになった」と成長ぶりを認められた。7月12日の対名古屋グランパス戦では、視察に訪れた岡田武史日本代表監督の称賛を受けた。シュートは上手くないとしながらも「一生懸命練習」し、第24節対大分戦で、30メートル超のミドルシュートによるリーグ戦初ゴールをマーク。ナビスコカップ決勝戦では、前半にペナルティエリア外からミドルシュートでの先制点を決め、2-0の勝利に貢献。ニューヒーロー賞と決勝MVPを獲得した。Jリーグ技術委員長の上野山信行からは「豊富な運動量をベースに、相手の攻撃の芽を摘む鋭い守備力、的確な判断力に加え、攻撃面におけるゴールに向かう多彩な展開力は将来の日本代表の一翼を担える」と評価された。12月21日にはアジアカップ最終予選に向けたA代表に初招集され、対イエメン代表戦にフル出場した。米本拓司 フレッシュアイペディアより)

  • 長澤徹

    長澤徹から見た梶山陽平梶山陽平

    守備が嫌いだった馬場憂太や梶山陽平に、守備のイメージの薄いデイビッド・ベッカムが守備のために奔走しているシーンを集めたVTRを用意して見させ「守備なんて格好良くない」と思っていた選手の美意識を変えさせた。長澤徹 フレッシュアイペディアより)

  • 宮沢正史

    宮沢正史から見た梶山陽平梶山陽平

    2004年から加入した今野泰幸や梶山陽平の台頭により控えに回ることが多くなり、2007年に大分トリニータへ出場機会を求めて完全移籍。開幕時こそスターティングメンバーだったもののドイスボランチとしての連係がうまくいかないなどで、控えに回ることが増えた。左WBとしてプレーしたこともある。宮沢正史 フレッシュアイペディアより)

  • 鎌田次郎

    鎌田次郎から見た梶山陽平梶山陽平

    FC東京の下部組織出身。ユースでのチームメイトの攻撃陣・李忠成や梶山陽平らがトップチームに昇格したのに対して、DFは市立船橋高校から増嶋竜也の獲得が決まったこともあり、昇格が叶わなかった。そこでJFLにも参戦している流通経済大学へ進学し、ここで頭角を現した。鎌田次郎 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
22件中 1 - 10件表示

「梶山陽平」のニューストピックワード