22件中 11 - 20件表示
  • クレズリー・エバンドロ・ギマラエンス

    クレズリー・エバンドロ・ギマラエンスから見た梶山陽平梶山陽平

    2004年はFC東京にとってはナビスコカップ優勝を果たすメモリアルシーズンとなったが、ケリー自身は開幕直前からふくらはぎ肉離れで出遅れ、その故障からの復帰戦で不運のレッドカードで出場停止の間に再び故障再発と歯車がかみ合わず、その間に馬場憂太、梶山陽平と生え抜きの攻撃的選手を主軸に据えたいチーム首脳の構想や、アマラオ・ケリーと外国籍助っ人頼みとなっているチームからの脱皮を試みる時期であった事などの要因が重なり、12月1日にこの年限りで戦力外となる事が発表され、天皇杯敗退後に退団となった。クレズリー・エバンドロ・ギマラエンス フレッシュアイペディアより)

  • セバスティアン・レト

    セバスティアン・レトから見た梶山陽平梶山陽平

    2008年8月、ギリシャのオリンピアコスFCにレンタル移籍した。2008-09シーズンは24試合に出場した。ここでの活躍が評価され、2009年7月に同じギリシャのパナシナイコスFCへ移籍金130万ポンドの4年契約で完全移籍した。2013年1月、パナシナイコスは梶山陽平の加入に際し、外国籍枠(EU外の外国籍選手に充てられる)に空きを作るため、レトを放出した。セバスティアン・レト フレッシュアイペディアより)

  • 上里一将

    上里一将から見た梶山陽平梶山陽平

    2011年はFC東京へ期限付き移籍。左サイドハーフ(SH)、左SBとしての適性も見せたが、中盤での展開力を買われ主にセグンド・ボランチ(攻撃型ボランチ)として梶山陽平らとポジションを争った(梶山を前線に押し上げる形での併用もあった)。上里一将 フレッシュアイペディアより)

  • 今野泰幸

    今野泰幸から見た梶山陽平梶山陽平

    2009年は第9節よりセンターバックにコンバートされ、優れたフィード力を生かして同じくCBのブルーノ・クアドロス、ボランチの梶山陽平らとFC東京のポゼッションサッカーの起点となった。今野泰幸 フレッシュアイペディアより)

  • 本田 圭佑

    本田圭佑から見た梶山陽平梶山陽平

    高校卒業に際して複数のJリーグクラブから勧誘を受け、2005年シーズンから名古屋とプロ契約を結んだ。名古屋加入時の契約では、本人の希望により「オファーがあれば海外クラブへの移籍を認める」という条項が盛り込まれていた。開幕戦から先発出場してアシストを決め、翌年にはレギュラーに定着した。2005年のFIFAワールドユース選手権・オランダ大会にU-20日本代表として招集され、初戦のオランダ戦に守備的な中盤として先発したが、試合は前半にオランダが圧倒、後半は日本もペースをつかむ時間帯を得たが本田は途中交代となった(後半19分、水野晃樹。結果は1-2で敗戦)。この後チームは16強に進出するものの、守備的な中盤、梶山陽平の復調もあって出場機会はなかった。2006年にはA代表にも飛び級で初招集されたが出場はなかった。2007年北京オリンピックアジア予選では、主力として五輪出場権獲得に貢献した。本田圭佑 フレッシュアイペディアより)

  • 森村昂太

    森村昂太から見た梶山陽平梶山陽平

    2008年は、自ら志願して背番号を前年まで梶山陽平が付けていた「23」に変更するも、多くの出場機会を得ることはできず、12月24日に、翌シーズンは水戸ホーリーホックに1年間の期限付き移籍をすることが発表された。森村昂太 フレッシュアイペディアより)

  • 東海大学付属望星高等学校

    東海大学付属望星高等学校から見た梶山陽平梶山陽平

    梶山陽平 - プロサッカー選手。パナシナイコスFC所属。MF。東海大学付属望星高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • ルーカス・セベリーノ

    ルーカス・セベリーノから見た梶山陽平梶山陽平

    日本語を話すことができる。2011年にFC東京の練習場を訪れた際には日本語で自己紹介をした上、通訳の飯野一徳には「来年は自分が通訳をやるよ」と冗談を言い、梶山陽平からは「昔よりうまくなっていた」と評価された。ルーカス・セベリーノ フレッシュアイペディアより)

  • 江東区

    江東区から見た梶山陽平梶山陽平

    梶山陽平 - サッカー選手(FC東京)、北京オリンピックサッカー日本代表。江東区 フレッシュアイペディアより)

  • 平山相太

    平山相太から見た梶山陽平梶山陽平

    2009年5月、城福監督からの「試合に出られそうなときとそうでないときで練習でのプレーにムラがある。サッカー選手は選手寿命が短いのだから時間の使い方がもったいないのではないか」との指摘や、NHKの番組にてプロ野球選手・小笠原道大の練習姿勢に感銘を受けた事などが重なり、「プロとしての自覚が足りないことに気付き、極限の努力をするべき」だと意識改革を試みる。以降は出場停止となった2試合を除き全試合にスタメン出場。6月20日のJ1第14節柏戦では身体の強さを活かし、チェックに来たDF小林祐三を吹き飛ばしてゴールを決めた。以降、ゴール量産こそならなかったが、体躯を活かしたプレーで貢献。このシーズン、15得点の活躍を見せた石川直宏からは「前に起点ができるおかげで、ぼくらが前に行ける。FWだからゴールに近い位置でプレーしたいはずなのに(ポスト役をこなしてくれる)」と平山のポストプレーなどを高く評価した。また、この頃から梶山陽平が「守備では本当に助かっている」と話すなど、運動量と守備意識に改善を見せている。城福監督からは「バイタルエリアからでも難しいパスを出すことができるが、シンプルなパスを出すところとの判断が甘い」と課題を挙げられている。11月3日のナビスコカップ決勝・川崎戦では後半にヘディングでのゴールを決め、自らの初タイトル獲得に大きく貢献した。平山相太 フレッシュアイペディアより)

22件中 11 - 20件表示

「梶山陽平」のニューストピックワード