28件中 11 - 20件表示
  • 長島裕明

    長島裕明から見た梶山陽平梶山陽平

    FC東京がJリーグに加盟した1999年からはFC東京U-15の監督を務め、梶山陽平、吉本一謙、椋原健太、丸山祐市、権田修一、廣永遼太郎、鎌田次郎、染谷悠太、大竹洋平、宮阪政樹、井澤惇、岡田翔平、森村昂太、田中奏一、村田翔らを担当。また、三田啓貴、六平光成、藤原広太朗、山村佑樹、井上亮太、岩渕良太、宮澤勇樹らを発掘、2001年にはクラブユース選手権U-15で準優勝を経験した。2002年、リスボンで開催されたナイキプレミアムカップ世界大会6位。2003年から2005年まではFC東京U-18の監督を務め、梶山、呉章銀、李忠成をトップチームに送り出した。また、宮崎智彦、常盤聡らを担当。2006年からFC東京育成部部長代理に就き、この間にS級ライセンスを取得。長島裕明 フレッシュアイペディアより)

  • 森村昂太

    森村昂太から見た梶山陽平梶山陽平

    2007年、権田、吉本と共にトップチームへ昇格。リーグ戦開幕直前に行なわれたプレシーズンマッチでトップ下として抜擢起用されると、多数の観客の中でも柔らかいボールタッチで前線に好配球を見せ、期待の若手として注目の存在となった。ほどなく公式戦デビューも記録。原博実監督は「うまさがあって、パスが出せて、ドリブルもできて、シュートも出来る。」と評価していた。2008年は、自ら志願して背番号を前年まで梶山陽平が付けていた「23」に変更するも、多くの出場機会を得ることはできなかった。森村昂太 フレッシュアイペディアより)

  • 石川高大

    石川高大から見た梶山陽平梶山陽平

    柴田が率いるFC東京U-18では、ボランチとしてチームを支え、2001年には、トップチームへと昇格した馬場憂太、尾亦弘友希らとともに、クラブユース優勝、高円宮杯及びJユースカップに準優勝という結果を残した。高円宮杯では準決勝の広島ユース戦で退場処分を受けたため 決勝戦には出場できなかったが、このとき代わって先発出場したのは当時高校1年生で北京オリンピック日本代表となったMF梶山陽平である。石川高大 フレッシュアイペディアより)

  • セバスティアン・レト

    セバスティアン・レトから見た梶山陽平梶山陽平

    2008年8月、ギリシャのオリンピアコスFCにレンタル移籍した。2008-09シーズンは24試合に出場した。ここでの活躍が評価され、2009年7月に同じギリシャのパナシナイコスFCへ移籍金130万ポンドの4年契約で完全移籍した。2013年1月、パナシナイコスは梶山陽平の加入に際し、外国籍枠(EU外の外国籍選手に充てられる)に空きを作るため、レトを放出した。セバスティアン・レト フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木渉

    佐々木渉から見た梶山陽平梶山陽平

    2014年はFC東京U-18の背番号10を背負い、攻撃的MFやFWでプレー。同年のクラブユース選手権ではチームの攻撃の中心となり準優勝を果たした。同年9月、2種登録選手としてトップチームに登録された。同月のJ1第25節徳島戦でJリーグ初出場。クラブにとって2種登録選手のJリーグ出場は2003年の梶山陽平以来だった。佐々木渉 フレッシュアイペディアより)

  • 上里一将

    上里一将から見た梶山陽平梶山陽平

    背番号は前年に前田俊介が背負っていた背番号32を与えられる。この年のFC東京はJ2ながら日本代表の今野泰幸、権田修一、石川直宏をはじめ、徳永悠平、森重真人、高橋秀人、梶山陽平ら実力者を擁し、Jリーグ全体としても屈指の戦力を有していた為に激しいポジション争いを強いられた。シーズン開幕前のキャンプでは左サイドハーフ、左サイドバックとしての適性も見せたが、リーグ戦が始まるとこれらのポジションでは、前年にセリエAに移籍した長友佑都の穴を埋める活躍を見せていた中村北斗や、若手の田邉草民、椋原健太が主力として起用された。一方、監督の大熊清からは中盤での展開力を買われ主にセグンド・ボランチ(攻撃型ボランチ)として梶山陽平らとポジションを争った(梶山を前線に押し上げる形での併用もあった)。リーグ戦では開幕戦以外の全試合にベンチ入りを果たし、出場時間こそ多くなかったものの起用された試合では期待に応える働きを見せ、チームがJ1昇格を決めた11月19日のJ2第36節鳥取戦では後半ロスタイムに移籍後初ゴールを挙げるなどJ2優勝に貢献した1人となった。また、同年開催の天皇杯でも2回戦以降の全試合にベンチ入りし、チームは優勝を果たすが上里の試合出場は適わなかった。シーズンオフの2012年1月10日にFC東京から上里の移籍期間満了が発表され、同日、徳島ヴォルティスに期限付き移籍する事が所属元の札幌・徳島双方から相次いで発表された。上里一将 フレッシュアイペディアより)

  • 東海大学付属望星高等学校

    東海大学付属望星高等学校から見た梶山陽平梶山陽平

    梶山陽平 - プロサッカー選手。FC東京所属。MF。東海大学付属望星高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 冨田賢 (サッカー指導者)

    冨田賢 (サッカー指導者)から見た梶山陽平梶山陽平

    FC東京U-15、同U-18でプレー。同期には梶山陽平、呉章銀、李忠成、斎藤雅也、鎌田次郎、眞行寺和彦らがいた。2004年慶應義塾大学に進学し、同大ソッカー部に加入。4年次には主将を務める。2008年ザスパ草津U-23に加入。2010年シーズン終了後退団し、翌2011年より慶應義塾大学ソッカー部コーチ就任。冨田賢 (サッカー指導者) フレッシュアイペディアより)

  • 福西崇史

    福西崇史から見た梶山陽平梶山陽平

    2007年、FC東京へ完全移籍。同年の選手編成発表 以後の移籍だったため背番号に空きが無く、馴染みの無い37番を付けることになった(23番は梶山陽平が着用)。自身にとって初めての移籍であり、フィットするまでには多少の時間を要したが、結果としてオフ・ザ・ボールの動きの量を高めることになり、プレーの幅を広げた。梶山との併用もあり ボランチだけでなくトップ下でも力を発揮。技術や経験、精神面での貢献は評価されていたものの、高年俸がネックとなり、1シーズン限りで退団した。福西崇史 フレッシュアイペディアより)

  • 江東区

    江東区から見た梶山陽平梶山陽平

    梶山陽平 - サッカー選手(FC東京)、北京オリンピックサッカー日本代表。江東区 フレッシュアイペディアより)

28件中 11 - 20件表示

「梶山陽平」のニューストピックワード