1 2 3 次へ
22件中 21 - 22件表示
  • 福西 崇史

    福西崇史から見た梶山陽平梶山陽平

    2006年シーズン終了後、翌シーズンに向けてクラブとの契約交渉に臨んだ際、ワールドカップへの出場はあったが、若返りを図る磐田において若手をまとめるリーダー的な役割を期待されたにも関わらずリーダーとしては足りえなかったというフロントの評価を受け、金額はダウン提示であった。更に黄金期の磐田のポゼッションサッカーを理想とし「リアクションではないサッカーがしたい」福西と、アジウソン監督(当時)のサッカー観にはかなりの開きがあるなどの問題が重なったため移籍の話が具体化し、2007年に「攻撃サッカー」を提唱する原博実監督に誘われてFC東京へ完全移籍。東京では梶山陽平との併用もあってボランチだけでなくトップ下で起用されることもあった。しかし、年間を通してチームが低迷した事と、FC東京の日本人選手では最高額であった高年俸がネックとなり、1シーズン限りでFC東京を退団。福西崇史 フレッシュアイペディアより)

  • 1985年

    1985年から見た梶山陽平梶山陽平

    9月24日 - 梶山陽平、サッカー選手1985年 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
22件中 21 - 22件表示

「梶山陽平」のニューストピックワード