前へ 1 2 3 4 5 6 7
65件中 1 - 10件表示
  • 梶山陽平

    梶山陽平から見た小椋祥平

    小学5年の時に「家から近かった(梶山談)」ことから東京ガスサッカースクールに入会し、以後、FC東京U-15、U-18と昇格したクラブ生え抜き選手。U-18所属の頃から第2種登録選手としてトップチームに帯同し、2003年3月8日のナビスコカップ予選リーグ・横浜FM戦(横浜国際)にて後半30分から投入され公式戦初出場。当時高校2年生であった。3年生になった同年4月29日の神戸戦にてJ1リーグ戦でのデビューも果たした。当時から、東京都選抜のチームメートである小椋祥平(修徳高校、現・横浜FM)が「預けておけばボールを取られるようなことはない」と話すなど突出したボールキープ力を持っていた。梶山陽平 フレッシュアイペディアより)

  • 梶山陽平

    梶山陽平から見たフランク・ランパード

    前FC東京監督原博実は梶山を「日本のバレロンになれる選手」と評す。たまに「日本のジダン」とも言う。それだけ期待している証拠である。最近では、梶山の運動量が増えたのを評して「日本のランパード」とも呼んでいる。梶山陽平 フレッシュアイペディアより)

  • 梶山陽平

    梶山陽平から見たジネディーヌ・ジダン

    前FC東京監督原博実は梶山を「日本のバレロンになれる選手」と評す。たまに「日本のジダン」とも言う。それだけ期待している証拠である。最近では、梶山の運動量が増えたのを評して「日本のランパード」とも呼んでいる。梶山陽平 フレッシュアイペディアより)

  • 梶山陽平

    梶山陽平から見た徳永悠平

    2009年12月、長らく痛みに苦しんでいた左足首と右膝を手術して症状の回復を図り、2010年開幕戦にて途中出場で復帰を果たした。11月に負傷離脱していた米本拓司が復帰してからはトップ下としてもプレー。ゲームキャプテンの徳永悠平から「起点として安心してボールを預けられるので、押し上げる時間を作ることができる」「攻撃も守備も運動量も多くて助かった」と評価されるも、この年の慢性的な選手不足により前述の手術の経過が悪いままプレーを続けざるを得ず、自身初のJ2降格を経験することともなり不本意なシーズンとなった。梶山陽平 フレッシュアイペディアより)

  • 梶山陽平

    梶山陽平から見た米本拓司

    2009年12月、長らく痛みに苦しんでいた左足首と右膝を手術して症状の回復を図り、2010年開幕戦にて途中出場で復帰を果たした。11月に負傷離脱していた米本拓司が復帰してからはトップ下としてもプレー。ゲームキャプテンの徳永悠平から「起点として安心してボールを預けられるので、押し上げる時間を作ることができる」「攻撃も守備も運動量も多くて助かった」と評価されるも、この年の慢性的な選手不足により前述の手術の経過が悪いままプレーを続けざるを得ず、自身初のJ2降格を経験することともなり不本意なシーズンとなった。梶山陽平 フレッシュアイペディアより)

  • 梶山陽平

    梶山陽平から見た宮沢正史

    その後怪我に苦しみ左膝を手術したが、2005年のワールドユース・オランダ大会には、リハビリ明けながら3試合に出場。同年7月にはフィジカルの強さなどを評価され、宮沢正史らを押しのけFC東京でのレギュラーに定着。以降守備的MFの位置で先発出場するようになるが、試合によって調子の波があるという短所があり改善に努めている。梶山陽平 フレッシュアイペディアより)

  • 梶山陽平

    梶山陽平から見た香川真司

    2008年からはエースの象徴でもある”背番号10”を託されている。これはチームの悲願であった『ユース出身者による背番号10』の誕生でもあった。2008年北京オリンピック・サッカー日本代表(U-23)でも背番号10を背負い、香川真司が「一緒にやっていてもうまい。縦パス1本でもアイデアがある。攻撃の核」と話すなど、同代表のチームメートからも一目置かれ期待されたが、日本は3戦全敗で梶山も強い存在感を示す事が出来なかった。同年から城福浩がFC東京の監督に就任し、中盤の底のポジションでの守備面の安定感も増加。攻撃の基点としてパスを各所に配球しチームの心臓として機能。石川直宏が「FC東京は(梶山)陽平のチーム」とコメントするなど、チームの主軸として確固たる存在となった。この年、梶山と対談した名波浩は、梶山について「前線の選手を自分の手のひらの上で転がしているかのようなプレーを見せてくれる。それができる選手は(日本人Jリーガーだと梶山の他には)ヤットと憲剛ぐらい(しかいない)」と評した。梶山陽平 フレッシュアイペディアより)

  • 梶山陽平

    梶山陽平から見た高橋秀人

    2011年は主にボランチで高橋秀人とコンビを組んでプレー。米本と高橋のプレーエリアの違いや、攻撃の起点を分散するために高橋と縦関係の位置を取ったことで、配球役にとどまらずより前線で得点に絡むプレーを増やした。梶山陽平 フレッシュアイペディアより)

  • 梶山陽平

    梶山陽平から見た城福浩

    2008年からはエースの象徴でもある”背番号10”を託されている。これはチームの悲願であった『ユース出身者による背番号10』の誕生でもあった。2008年北京オリンピック・サッカー日本代表(U-23)でも背番号10を背負い、香川真司が「一緒にやっていてもうまい。縦パス1本でもアイデアがある。攻撃の核」と話すなど、同代表のチームメートからも一目置かれ期待されたが、日本は3戦全敗で梶山も強い存在感を示す事が出来なかった。同年から城福浩がFC東京の監督に就任し、中盤の底のポジションでの守備面の安定感も増加。攻撃の基点としてパスを各所に配球しチームの心臓として機能。石川直宏が「FC東京は(梶山)陽平のチーム」とコメントするなど、チームの主軸として確固たる存在となった。この年、梶山と対談した名波浩は、梶山について「前線の選手を自分の手のひらの上で転がしているかのようなプレーを見せてくれる。それができる選手は(日本人Jリーガーだと梶山の他には)ヤットと憲剛ぐらい(しかいない)」と評した。梶山陽平 フレッシュアイペディアより)

  • 梶山陽平

    梶山陽平から見た福西崇史福西 崇史

    2007年は北京オリンピック予選への招集や、福西崇史の加入によって序盤は出場機会を減らすものの、運動量を増やし第11節以降ポジションを奪い返した。J1第23節広島戦ではゴールまで28メートルの距離から無回転フリーキックを決めている。9月12日の北京オリンピックアジア最終予選第3戦U-22カタール戦での左脛骨高原骨折によりシーズン後半をリハビリに費やした。梶山陽平 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
65件中 1 - 10件表示

「梶山陽平」のニューストピックワード