74件中 11 - 20件表示
  • 梶山陽平

    梶山陽平から見た中村憲剛

    2008年からはエースの象徴でもある“背番号10”を託されている。これはクラブの念願であった『ユース出身者による背番号10』の誕生でもあった。2008年北京オリンピック・サッカー日本代表(U-23)でも背番号10を背負い、香川真司が「一緒にやっていてもうまい。縦パス1本でもアイデアがある。攻撃の核」と話すなど、同代表のチームメートからも一目置かれ期待されたが、日本は3戦全敗で梶山も強い存在感を示す事が出来なかった。同年から城福浩がFC東京の監督に就任し、中盤の底のポジションでの守備面の安定感も増加。攻撃の基点としてパスを各所に配球しチームの心臓として機能。石川直宏が「FC東京は(梶山)陽平のチーム」とコメントするなど、チームの主軸として確固たる存在となった。この年、梶山と対談した名波浩は、梶山について「前線の選手を自分の手のひらの上で転がしているかのようなプレーを見せてくれる。それができる選手は(日本人Jリーガーだと梶山の他には)ヤット(遠藤保仁)と(中村)憲剛ぐらい(しかいない)」と評した。梶山陽平 フレッシュアイペディアより)

  • 梶山陽平

    梶山陽平から見た田坂和昭

    FC東京では左膝の負傷の影響から出場機会を得られず、同年8月7日、J1で苦闘の最中にあった大分トリニータへ期限付き移籍。チームの中心としてゲームをコントロールする役割を担い、試合内容を大きく改善させるその影響力から田坂和昭監督は「格の違い」を見せる選手と評した。大分での実戦復帰後に古傷の右膝の痛みが再発するも、J1残留争いが佳境を迎えていたために強行出場を続け、J2降格が決まった同年10月の第28節C大阪戦を最後に戦線を離脱。翌11月、右膝関節軟骨損傷による手術を受け、全治まで8ヵ月と発表された。梶山陽平 フレッシュアイペディアより)

  • 梶山陽平

    梶山陽平から見た宮沢正史

    その後怪我に苦しみ左膝を手術。2005年のワールドユース・オランダ大会には、リハビリ明けながら中盤の核として3試合に出場した。同年7月にはフィジカルの強さなどを評価され、宮沢正史らを押しのけFC東京でのレギュラーに定着。以降守備的MFの位置で先発出場するようになるが、試合によって調子の波があるという短所があり改善に努めた。梶山陽平 フレッシュアイペディアより)

  • 梶山陽平

    梶山陽平から見た長谷川アーリアジャスール

    2012年はシーズン前の1月にドイツブンデスリーガ・フォルトゥナ・デュッセルドルフの練習に参加。この年から監督に就いたランコ・ポポヴィッチからは「誰も持っていない能力を持っている選手」と評されクラブの主将に就任。同年より中盤にMF長谷川アーリアジャスールが加わったこともあって、トップ下で固定的に起用された。梶山陽平 フレッシュアイペディアより)

  • 梶山陽平

    梶山陽平から見た香川真司

    2008年からはエースの象徴でもある“背番号10”を託されている。これはクラブの念願であった『ユース出身者による背番号10』の誕生でもあった。2008年北京オリンピック・サッカー日本代表(U-23)でも背番号10を背負い、香川真司が「一緒にやっていてもうまい。縦パス1本でもアイデアがある。攻撃の核」と話すなど、同代表のチームメートからも一目置かれ期待されたが、日本は3戦全敗で梶山も強い存在感を示す事が出来なかった。同年から城福浩がFC東京の監督に就任し、中盤の底のポジションでの守備面の安定感も増加。攻撃の基点としてパスを各所に配球しチームの心臓として機能。石川直宏が「FC東京は(梶山)陽平のチーム」とコメントするなど、チームの主軸として確固たる存在となった。この年、梶山と対談した名波浩は、梶山について「前線の選手を自分の手のひらの上で転がしているかのようなプレーを見せてくれる。それができる選手は(日本人Jリーガーだと梶山の他には)ヤット(遠藤保仁)と(中村)憲剛ぐらい(しかいない)」と評した。梶山陽平 フレッシュアイペディアより)

  • 梶山陽平

    梶山陽平から見たアディダス

    プロ入り以来、スパイクには、アディダス・プレデターを愛用。梶山陽平 フレッシュアイペディアより)

  • 梶山陽平

    梶山陽平から見た横浜F・マリノス

    U-18ではU-18所属の頃から第2種登録選手としてトップチームに帯同し、2003年3月8日(当時高校2年生)のナビスコカップ予選リーグ・横浜FM戦(横浜国際)にて後半30分から投入され公式戦初出場。3年生になった同年4月29日の神戸戦にてJ1デビューも果たした。当時から、東京都選抜のチームメートである小椋祥平が「預けておけばボールを取られるようなことはない」と話すなど突出したボールキープ力を持っていた。梶山陽平 フレッシュアイペディアより)

  • 梶山陽平

    梶山陽平から見た大分トリニータ

    FC東京では左膝の負傷の影響から出場機会を得られず、同年8月7日、J1で苦闘の最中にあった大分トリニータへ期限付き移籍。チームの中心としてゲームをコントロールする役割を担い、試合内容を大きく改善させるその影響力から田坂和昭監督は「格の違い」を見せる選手と評した。大分での実戦復帰後に古傷の右膝の痛みが再発するも、J1残留争いが佳境を迎えていたために強行出場を続け、J2降格が決まった同年10月の第28節C大阪戦を最後に戦線を離脱。翌11月、右膝関節軟骨損傷による手術を受け、全治まで8ヵ月と発表された。梶山陽平 フレッシュアイペディアより)

  • 梶山陽平

    梶山陽平から見たヴィッセル神戸

    U-18ではU-18所属の頃から第2種登録選手としてトップチームに帯同し、2003年3月8日(当時高校2年生)のナビスコカップ予選リーグ・横浜FM戦(横浜国際)にて後半30分から投入され公式戦初出場。3年生になった同年4月29日の神戸戦にてJ1デビューも果たした。当時から、東京都選抜のチームメートである小椋祥平が「預けておけばボールを取られるようなことはない」と話すなど突出したボールキープ力を持っていた。梶山陽平 フレッシュアイペディアより)

  • 梶山陽平

    梶山陽平から見た鹿島アントラーズ

    2004年より正式にFC東京のトップチームに昇格。一定して試合に出場するようになり、主にトップ下でプレー。公式戦初得点はナビスコカップ予選リーグ第2節鹿島戦。中盤から走り込みミドルシュートを突き刺した。リーグ戦初得点は同年8月の東京ダービーで、こちらもミドルシュートによる得点だった。2ndステージ第14節市原戦では、右足でシュートを空振りして相手をかわし、直後に左足で得点を決めるなど活躍を印象付け、この年のJリーグ優秀新人賞を受賞した。梶山陽平 フレッシュアイペディアより)

74件中 11 - 20件表示

「梶山陽平」のニューストピックワード