74件中 31 - 40件表示
  • 梶山陽平

    梶山陽平から見たデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    同年8月には、スペインで行われたデポルティーボ・ラ・コルーニャとの親善試合に出場し、決勝点となるミドルシュートを叩き込む。その試合を観戦した現地ジャーナリストのヘスス・スアレスはサッカー雑誌のコラムで梶山を「ミカエル・ラウドルップの様だ」と絶賛。「今すぐリーガ・エスパニョーラで通用する選手」と断言した。梶山陽平 フレッシュアイペディアより)

  • 梶山陽平

    梶山陽平から見たジェフユナイテッド市原・千葉

    2004年より正式にFC東京のトップチームに昇格。一定して試合に出場するようになり、主にトップ下でプレー。公式戦初得点はナビスコカップ予選リーグ第2節鹿島戦。中盤から走り込みミドルシュートを突き刺した。リーグ戦初得点は同年8月の東京ダービーで、こちらもミドルシュートによる得点だった。2ndステージ第14節市原戦では、右足でシュートを空振りして相手をかわし、直後に左足で得点を決めるなど活躍を印象付け、この年のJリーグ優秀新人賞を受賞した。梶山陽平 フレッシュアイペディアより)

  • 梶山陽平

    梶山陽平から見た松本山雅FC

    2014年よりFC東京へ復帰。夏場にかけて全体練習に合流し同年8月の天皇杯3回戦松本戦でベンチ入り。アンカーに配され、機知に富むプレーで評価を掴み、短時間ずつではあったが出場を続けた。梶山陽平 フレッシュアイペディアより)

  • 梶山陽平

    梶山陽平から見た東京ヴェルディ1969

    2004年8月29日:Jリーグ初得点 - J1 2ndステージ第3節 vs東京ヴェルディ1969 (国立)梶山陽平 フレッシュアイペディアより)

  • 梶山陽平

    梶山陽平から見たフォルトゥナ・デュッセルドルフ

    2012年はシーズン前の1月にドイツブンデスリーガ・フォルトゥナ・デュッセルドルフの練習に参加。この年から監督に就いたランコ・ポポヴィッチからは「誰も持っていない能力を持っている選手」と評されクラブの主将に就任。同年より中盤にMF長谷川アーリアジャスールが加わったこともあって、トップ下で固定的に起用された。梶山陽平 フレッシュアイペディアより)

  • 梶山陽平

    梶山陽平から見たモンテディオ山形

    2015年序盤は高橋秀人とのポジション争いを制してアンカーでの先発出場を続け、守備のバランスを管理し視野の広さと多彩なアイデアで攻撃にも加担。1stステージ終盤からは高橋とドイスボランチを形成し、同ステージでは2位に入る好成績を残した。2nd第3節山形戦で相手のタックルにより離脱。梶山陽平 フレッシュアイペディアより)

  • 梶山陽平

    梶山陽平から見たサンフレッチェ広島

    2007年は北京オリンピック予選への招集や、福西崇史の加入によって序盤は出場機会を減らすものの、運動量を増やし第11節以降ポジションを奪い返した。J1第23節広島戦ではゴールまで28メートルの距離から無回転フリーキックを決めている。9月12日の北京オリンピックアジア最終予選第3戦U-22カタール戦ではヘディングで決勝点を挙げるも、試合中に左脛骨高原を骨折し、シーズン後半をリハビリに費やした。同年から田邊伸明と代理人契約を結び、将来の海外移籍を視野に入れた。梶山陽平 フレッシュアイペディアより)

  • 梶山陽平

    梶山陽平から見たサッカーカタール代表

    2007年は北京オリンピック予選への招集や、福西崇史の加入によって序盤は出場機会を減らすものの、運動量を増やし第11節以降ポジションを奪い返した。J1第23節広島戦ではゴールまで28メートルの距離から無回転フリーキックを決めている。9月12日の北京オリンピックアジア最終予選第3戦U-22カタール戦ではヘディングで決勝点を挙げるも、試合中に左脛骨高原を骨折し、シーズン後半をリハビリに費やした。同年から田邊伸明と代理人契約を結び、将来の海外移籍を視野に入れた。梶山陽平 フレッシュアイペディアより)

  • 梶山陽平

    梶山陽平から見た2009年

    2009年12月、長らく痛みに苦しんでいた左足首と右膝を手術して症状の回復を図り、持ち味の強いキックも復活。2010年開幕戦にて途中出場で復帰を果たした。11月に負傷離脱していた米本拓司が復帰してからはトップ下としてもプレー。ゲームキャプテンの徳永悠平から「起点として安心してボールを預けられるので、押し上げる時間を作ることができる」「攻撃も守備も運動量も多くて助かった」と評価されるも、この年の慢性的な選手不足により前述の手術の経過が悪いままプレーを続けざるを得ず、自身初のJ2降格を経験することともなり不本意なシーズンとなった。梶山陽平 フレッシュアイペディアより)

  • 梶山陽平

    梶山陽平から見たミッドフィールダー

    2004年より正式にFC東京のトップチームに昇格。一定して試合に出場するようになり、主にトップ下でプレー。公式戦初得点はナビスコカップ予選リーグ第2節鹿島戦。中盤から走り込みミドルシュートを突き刺した。リーグ戦初得点は同年8月の東京ダービーで、こちらもミドルシュートによる得点だった。2ndステージ第14節市原戦では、右足でシュートを空振りして相手をかわし、直後に左足で得点を決めるなど活躍を印象付け、この年のJリーグ優秀新人賞を受賞した。梶山陽平 フレッシュアイペディアより)

74件中 31 - 40件表示

「梶山陽平」のニューストピックワード