74件中 61 - 70件表示
  • 梶山陽平

    梶山陽平から見た横浜国際総合競技場

    U-18ではU-18所属の頃から第2種登録選手としてトップチームに帯同し、2003年3月8日(当時高校2年生)のナビスコカップ予選リーグ・横浜FM戦(横浜国際)にて後半30分から投入され公式戦初出場。3年生になった同年4月29日の神戸戦にてJ1デビューも果たした。当時から、東京都選抜のチームメートである小椋祥平が「預けておけばボールを取られるようなことはない」と話すなど突出したボールキープ力を持っていた。梶山陽平 フレッシュアイペディアより)

  • 梶山陽平

    梶山陽平から見た東京都サッカー協会

    東京で生まれ、東京で育ち、東京から羽ばたく - 東京都サッカー協会 広報誌2007Vol.7梶山陽平 フレッシュアイペディアより)

  • 梶山陽平

    梶山陽平から見た東京ダービー (サッカー)

    2004年より正式にFC東京のトップチームに昇格。一定して試合に出場するようになり、主にトップ下でプレー。公式戦初得点はナビスコカップ予選リーグ第2節鹿島戦。中盤から走り込みミドルシュートを突き刺した。リーグ戦初得点は同年8月の東京ダービーで、こちらもミドルシュートによる得点だった。2ndステージ第14節市原戦では、右足でシュートを空振りして相手をかわし、直後に左足で得点を決めるなど活躍を印象付け、この年のJリーグ優秀新人賞を受賞した。梶山陽平 フレッシュアイペディアより)

  • 梶山陽平

    梶山陽平から見たサッカー選手

    梶山 陽平(かじやま ようへい、1985年9月24日 - )は、東京都江東区出身のサッカー選手。Jリーグ・FC東京所属。家族は妻と1女1男。梶山陽平 フレッシュアイペディアより)

  • 梶山陽平

    梶山陽平から見たアトロミトスFC

    2013年1月1日、ギリシャ・スーパーリーグのパナシナイコスFCへ期限付き移籍。外国籍枠(EU外選手枠)が空かずに選手登録が遅れたため、22日に正式契約を結ぶ。背番号は49。同月27日のリーグ第19節アトロミトス戦で先発出場し、ギリシャでのデビューを飾る。当初はトップ下で先発出場を続けていたが、連動性が無く個人の打開に頼るサッカーの中で孤立し、8番タイプの守備的MFとしても起用された。6月末に退団し、FC東京への復帰が発表された。梶山陽平 フレッシュアイペディアより)

  • 梶山陽平

    梶山陽平から見たリーガ・エスパニョーラ

    同年8月には、スペインで行われたデポルティーボ・ラ・コルーニャとの親善試合に出場し、決勝点となるミドルシュートを叩き込む。その試合を観戦した現地ジャーナリストのヘスス・スアレスはサッカー雑誌のコラムで梶山を「ミカエル・ラウドルップの様だ」と絶賛。「今すぐリーガ・エスパニョーラで通用する選手」と断言した。梶山陽平 フレッシュアイペディアより)

  • 梶山陽平

    梶山陽平から見た八千代市立大和田中学校

    1998年 - 2000年 FC東京U-15 (八千代市立大和田中学校)梶山陽平 フレッシュアイペディアより)

  • 梶山陽平

    梶山陽平から見た2003年のJリーグ

    2003年4月29日:Jリーグ初出場 - J1 1stステージ第6節 vsヴィッセル神戸 (神戸ウイ)梶山陽平 フレッシュアイペディアより)

  • 梶山陽平

    梶山陽平から見た日本クラブユースサッカー選手権 (U-15)大会

    日本クラブユースサッカー選手権 \(U-15\)大会優秀選手 (2000年)梶山陽平 フレッシュアイペディアより)

  • 梶山陽平

    梶山陽平から見た2012年のJリーグ

    2012年9月22日:J1・200試合出場 - J1 第26節 vs川崎フロンターレ (味スタ)梶山陽平 フレッシュアイペディアより)

74件中 61 - 70件表示

「梶山陽平」のニューストピックワード