前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
135件中 1 - 10件表示
  • レッスルキングダム (プロレス興行)

    レッスルキングダム (プロレス興行)から見た棚橋弘至棚橋 弘至(提携)

    (IWGPヘビー級三代目ベルト問題についてはIWGPヘビー級王座で)メインイベントでは中邑真輔(挑戦者)と、棚橋弘至(王者)のIWGPヘビー級王座選手権試合であった。このカードでの東京ドームの試合では、2005年の1月4日の「闘魂祭り 〜WRESTLING WORLD 2005」のメインイベントIWGP・U-30無差別級選手権試合以来であった。新日本プロレスの将来を担う試合となり中邑真輔が、自身2度目のIWGPの載冠となった。レッスルキングダム (プロレス興行) フレッシュアイペディアより)

  • 永田裕志

    永田裕志から見た棚橋弘至棚橋 弘至(提携)

    2005年10月、長州力が現場監督として新日本に復帰した際、蝶野正洋を中心とした反長州派が不満をぶつけるなか、中立を宣言する。長州に好意的な選手が少な過ぎるため、棚橋弘至と共に長州とタッグを組まされ、半ばうやむやな形で中西とともに本隊に戻っている。12月11日、当時IWGPヘビー王者のブロック・レスナーと対戦し、敗北。永田裕志 フレッシュアイペディアより)

  • プロレス大賞

    プロレス大賞から見た棚橋弘至棚橋 弘至(提携)

    年間最高試合賞(ベストバウト):オカダ・カズチカ×棚橋弘至(6月26日/新日本・ボディメーカーコロシアム:IWGPヘビー級選手権)プロレス大賞 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤哲也

    内藤哲也から見た棚橋弘至棚橋 弘至(提携)

    2月14日にはCMLLのテリブル、テハノ・ジュニア組相手に防衛を成功。さらに3月に行われたNEW JAPAN CUPに初出場。1回戦でカール・アンダーソン、2回戦では棚橋弘至に勝利を上げ、ベスト4という成績を残す。4月4日に裕二郎と共にCHAOSに加入しヒールへと転向。内藤哲也 フレッシュアイペディアより)

  • オカダ・カズチカ

    オカダ・カズチカから見た棚橋弘至棚橋 弘至(提携)

    2010年1月19日、TNAへの無期限武者修行を発表。31日に棚橋弘至を相手に壮行試合を最後にTNAに渡米。12月より密かに帰国し、23日に試合を終えたばかりの高山善廣を襲撃。翌年の東京ドーム大会に向けて宣戦布告を行った。オカダ・カズチカ フレッシュアイペディアより)

  • 新日本プロレス

    新日本プロレスから見た棚橋弘至棚橋 弘至(提携)

    11月28日、棚橋弘至、交際中の女性タレントにナイフで背中を刺され重傷を負う。新日本プロレス フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木みのる

    鈴木みのるから見た棚橋弘至棚橋 弘至(提携)

    2012年1月4日、IWGP王者の棚橋弘至に挑戦したが、ハイフライフローで敗北。鈴木みのる フレッシュアイペディアより)

  • 天山広吉

    天山広吉から見た棚橋弘至棚橋 弘至(提携)

    その後IWGPヘビー級タイトル奪取と、これまでタッグ中心だったがシングルプレーヤーとしての確固たる地位を築いた。さらに2004年のG1 CLIMAXでは当時成長著しかった新三銃士の中邑真輔、柴田勝頼、棚橋弘至を決勝トーナメントで順に3タテして連覇を成し遂げた。天山広吉 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺高章

    渡辺高章から見た棚橋弘至棚橋 弘至(提携)

    先輩の棚橋弘至からは「ナベちゃん」というあだ名で呼ばれている。渡辺高章 フレッシュアイペディアより)

  • ドラゴン・スクリュー

    ドラゴン・スクリューから見た棚橋弘至棚橋 弘至(提携)

    棚橋弘至が開発。仰向けの相手の足をつかんで捻る。上記のロープ越しなどと同じく受身が取れない。また、四つん這いになった相手の足をとって捻ることもある。ドラゴン・スクリュー フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
135件中 1 - 10件表示

「棚橋弘至」のニューストピックワード