208件中 91 - 100件表示
  • 高橋裕二郎

    高橋裕二郎から見た棚橋弘至棚橋弘至

    8月、三年連続でG1に出場し初開催となる新潟市体育館で棚橋弘至と対戦。高橋が地元出身ということもあり「裕二郎」コールを湧き上がらせる健闘を見せた。結果的に敗北を喫し3勝5敗と予選落ちとなるも今大会でいくつもの好勝負を繰り広げ、その才能を開花させた。高橋裕二郎 フレッシュアイペディアより)

  • プロレス四天王

    プロレス四天王から見た棚橋弘至棚橋弘至

    2000年代後半頃から新日本プロレスのタイトルマッチ常連選手である棚橋弘至、中邑真輔、真壁刀義、後藤洋央紀の四人。プロレス四天王 フレッシュアイペディアより)

  • 筑前りょう太

    筑前りょう太から見た棚橋弘至棚橋弘至

    2003年8月28日、新日本プロレス大阪府立体育会館第1競技場大会でIWGP U-30無差別級王者の棚橋弘至とIWGP U-30無差別級選手権試合&カベジェラ・コントラ・マスカラ(敗者髪切り or マスク剥ぎマッチ)で敗れたため、マスクを脱いで素顔になった。筑前りょう太 フレッシュアイペディアより)

  • プロレスラー

    プロレスラーから見た棚橋弘至棚橋弘至

    学生プロレスで活躍した後、団体に入門しデビューする者がいる。ある程度体ができており、基本的な動きを習得しているため、デビューも早くなるという利点がある。棚橋弘至が有名だがレイザーラモンHGやばってん多摩川もこの範疇に入れることができる。かつては、学生プロレス出身者は、特にメジャー団体のレスラー達からは毛嫌いされていた。学生プロレス出身であったMEN'Sテイオー(当時みちのくプロレス)が、初めて新日本プロレスに出場した時には、目の仇にされ、タッチ拒否や袋叩き等の目に遭っている。ただし、現在は棚橋の例にあるように、拒否反応は少ない。近年はガッツワールドプロレスリングのような学生プロレスOBを母体とした団体も存在する。プロレスラー フレッシュアイペディアより)

  • KENSO (プロレスラー)

    KENSO (プロレスラー)から見た棚橋弘至棚橋弘至

    2001年に、棚橋弘至とともにタッグチームキング・オブ・ザ・ヒルズ (King Of The Hills、略称 KOTH)を結成。俗に棚橋(タナハシ)と健三(ケンゾウ)で通称タナケンとも称された。その後、キング・オブ・ザ・ヒルズに佐々木健介、ブルー・ウルフを加えたメンバーでスウィング・ロウズ(SWING-LOWS)を結成。さらには、リングネームを鈴木健三から鈴木健想(読みは同じ)に改名した。KENSO (プロレスラー) フレッシュアイペディアより)

  • 太陽ケア

    太陽ケアから見た棚橋弘至棚橋弘至

    2005年1月16日、大阪府立体育会館でジャマールと組んで、棚橋弘至、吉江豊組と世界タッグ王座決定戦を行い勝利し、第51代王座となった。太陽ケア フレッシュアイペディアより)

  • 1976年のスポーツ

    1976年のスポーツから見た棚橋弘至棚橋弘至

    11月13日 - 棚橋弘至(岐阜県、プロレス)1976年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 平澤光秀

    平澤光秀から見た棚橋弘至棚橋弘至

    11月20日より開催されたWORLD TAG LEAGUEに、棚橋弘至とのタッグ「キャプテン・エース」で出場するも全敗。次の年も棚橋とタッグを組み、戦績は1勝だったがBULLET CLUBのプリンス・デヴィットから自らフォールを奪う大健闘を見せた。平澤光秀 フレッシュアイペディアより)

  • ROH

    ROHから見た棚橋弘至棚橋弘至

    2015年5月12日から16日にかけてもトロントなど北米地区で新日本と共同で開催。オカダ・カズチカ、棚橋弘至、中邑真輔、内藤哲也、獣神サンダー・ライガー、外道が参戦。ROH フレッシュアイペディアより)

  • ダミアン・マックル

    ダミアン・マックルから見た棚橋弘至棚橋弘至

    2015年6月14日、イングランド・ケントを拠点とするRevPro(Revolution Pro Wrestling)のSummer Sizzler 2015に参戦。石井智宏と対戦。中盤より両者大技の決め合いになるが最後にはヴァン・ダモネーターからベルファストボムを決めて勝利。試合後には同イベントに参戦していた中邑真輔に対戦を要求した。10月2日、RevPro Uprising 2015にて中邑真輔との対戦を実現。中盤にコシュタ・バワーを決めてピンフォール間近まで迫るも返され、最後にボマイェを決められ敗戦。同月3日、RevPro Global Wars UKにて棚橋弘至と対戦。関節技で試合を組み立てようとする棚橋に対してパワーで圧倒。終盤にヴァン・ダモネーターを繰り出すも避けられるとスリング・ブレイドからハイフライフローを決められ敗戦。同月28日、ジェフ・ジャレットが主宰するGFW(Global Force Wrestling)のUK Invasionに参戦。ブラムとフォールズ・カウント・エニウェアマッチで対戦。激しい打撃戦を展開し、終盤にノーザンライト・スープレックスを決めるも直後にブライターサイド・オブ・サファリングを喰らい敗戦。ダミアン・マックル フレッシュアイペディアより)

208件中 91 - 100件表示

「棚橋弘至」のニューストピックワード