135件中 91 - 100件表示
  • プリンス・デヴィット

    プリンス・デヴィットから見た棚橋弘至棚橋 弘至(提携)

    2月3日後楽園ホール大会、カール・アンダーソンと組み田口隆祐&棚橋弘至組とタッグマッチで激突。アンダーソンのガンスタンからブラディサンデーを決め棚橋からピンフォール勝ちを収めた。そして2月10日広島サンプラザホール大会で田口を仕留めIWGPジュニアヘビー級王座2度目の防衛に成功した試合後コメントで棚橋が保持するIWGPヘビー級王座への挑戦表明を告げた。プリンス・デヴィット フレッシュアイペディアより)

  • Life is SHOW TIME

    Life is SHOW TIMEから見た棚橋弘至棚橋 弘至(提携)

    ゴールデンボンバーのヴォーカルとして活躍する鬼龍院翔のソロデビューシングル。表題曲「Life is SHOW TIME」は、特撮テレビドラマ『仮面ライダーウィザード』のオープニングテーマに起用された。販売形態は「鬼」、「戦」、と題された2つの初回限定盤とDVD付属の通常盤、およびCDのみの通常盤の全4形態からなる。PVでは棚橋弘至、亀田大毅、鈴木桂治が出演し、グール達と闘う内容になっている。カップリングには表題曲のオーケストラバージョンが収録されている。Life is SHOW TIME フレッシュアイペディアより)

  • フォール技

    フォール技から見た棚橋弘至棚橋 弘至(提携)

    マサ斎藤はAWA世界ヘビー戦でラリー・ズビスコをこの技で破り、世界王座に着いた。丸藤正道はさらに右腕で相手の左手を掴んだ完璧首固めを使って秋山準を破り、GHCヘビー級王座を獲得した。渕正信は腕で相手の耳を塞ぎカウントを聴けない状態でフォールする。矢野通は前屈みになった相手の首捕らえ、足を払い前方へ回転させながら丸め込む裏霞を使用している。棚橋弘至は相手に向かって走りこみながら首固めに持ち込む電光石火を得意としている。フォール技 フレッシュアイペディアより)

  • チャイナ (プロレスラー)

    チャイナ (プロレスラー)から見た棚橋弘至棚橋 弘至(提携)

    WWF退団後の2002年、ローラーはシックスパック、ダイヤモンド・ダラス・ペイジらと共に新日本プロレスLA道場を訪問し、その縁で新日本プロレスに来日し、5月2日の東京ドーム「闘魂記念日」で佐々木健介&棚橋弘至組vsスタイナー・ブラザーズ(リック・スタイナー&スコット・スタイナー組)戦の特別レフェリーを務めた。8月8日には、UFO LEGENDに参戦し、当日会場で対戦名乗りをあげた中村千春に勝利。同年9月、ローラーはレスラーとしてシリーズ参戦を果たした。それまで、新日本では女子プロレス団体による提供試合が組まれたことがあったものの、女子プロレスラーが男子相手に試合を行ったのは団体史上初であった。シリーズでは外道、エル・サムライらがローブローによってKOされ、蝶野正洋との抗争に発展した。10月の東京ドーム大会で蝶野とシングルマッチを行うが敗北、この戦いの後、ローラーは蝶野と意気投合しタッグを結成した。その後、ローラーの同伴で来日していたシックスパックが蝶野に嫉妬し、遺恨が生まれ抗争勃発するかに思われたが、シックスパックとの婚約(後に解消)のためにこのシリーズを最後にローラーはプロレスを引退した。以降はモデル、女優として活動している。チャイナ (プロレスラー) フレッシュアイペディアより)

  • G1 CLIMAX

    G1 CLIMAXから見た棚橋弘至棚橋 弘至(提携)

    2009年?Aブロックの田中将斗、真壁刀義、棚橋弘至3人が勝ち点7で並んだが、田中は両選手に負け棚橋と真壁は引き分けだったため棚橋と真壁が同率1位となり、コイントスで1位2位が決められた。G1 CLIMAX フレッシュアイペディアより)

  • ベビーフェイス (プロレス)

    ベビーフェイス (プロレス)から見た棚橋弘至棚橋 弘至(提携)

    キャリアのすべて、ないしほとんどの期間をベビーフェイスとして活動している選手は「スーパーベビーフェイス」と呼ばれる。(日本では藤波辰爾、初代タイガーマスク、小橋建太、棚橋弘至、海外ではリッキー・スティムボート、ロブ・ヴァン・ダム、レイ・ミステリオ・ジュニアなど)ベビーフェイス (プロレス) フレッシュアイペディアより)

  • ALL TOGETHER (プロレス興行)

    ALL TOGETHER (プロレス興行)から見た棚橋弘至棚橋 弘至(提携)

    2011年4月18日、第1回開催地である日本武道館にて、江幡幸伸(東京スポーツ社長)、菅林直樹(新日本プロレス社長)、武藤敬司(当時:全日本プロレス社長)、田上明(プロレスリング・ノア社長)、および各団体の代表選手として棚橋弘至、諏訪魔、杉浦貴が出席して開催発表の共同会見が行われた。ALL TOGETHER (プロレス興行) フレッシュアイペディアより)

  • メタルマックス3

    メタルマックス3から見た棚橋弘至棚橋 弘至(提携)

    発売前の宣伝戦略として、2010年4月12日より登場キャラクターである「ヌッカ」がTwitterにてつぶやきを配信している。広告およびポスター用の映像は実写の物が採用され、グラビアアイドルの杉原杏璃とプロレスラーの棚橋弘至が起用された。撮影は陸上自衛隊朝霞駐屯地にて行われ、杉原はナース(女)、棚橋はレスラー(男)のコスチュームを身に着け、実物の74式戦車や74式自走105mmりゅう弾砲を背景に撮影された。なお敷地内への動物の持ち込みは禁止のため、ポチのみ別撮りで後から合成している。メタルマックス3 フレッシュアイペディアより)

  • KUSHIDA

    KUSHIDAから見た棚橋弘至棚橋 弘至(提携)

    同年6月13日、外道との因縁に決着をつけようと後楽園大会に出場するも、外道の代わりに現れた矢野通と戦うという形になり、終始矢野に叩きのめされ鬼殺しで敗北。試合後、ロープに縛り付けられ矢野と外道に竹刀で殴打されるも、そこに棚橋弘至が救出に入り、その日の抗争は終了する。KUSHIDA フレッシュアイペディアより)

  • マーク・ジンドラック

    マーク・ジンドラックから見た棚橋弘至棚橋 弘至(提携)

    2011年12月、CMLLに復帰。復帰早々からメインイベントでの出場が多く、2012年2月にCMLL世界トリオ王座を奪取。同年8月にはカンペオン・ウニベルサルに出場し、一回戦で新日本プロレス所属の棚橋弘至と対戦するが敗れた。マーク・ジンドラック フレッシュアイペディアより)

135件中 91 - 100件表示

「棚橋弘至」のニューストピックワード