135件中 21 - 30件表示
  • 潮崎豪

    潮崎豪から見た棚橋弘至棚橋 弘至(提携)

    1月4日、「エース対決」「イケメン対決」と宣伝された、新日本プロレスの棚橋弘至との「レッスルキングダム IV」IN 東京ドームでの一戦は、ハイフライフローで敗れた。潮崎豪 フレッシュアイペディアより)

  • 諏訪魔

    諏訪魔から見た棚橋弘至棚橋 弘至(提携)

    2008年1月3日の後楽園大会にてVMを離脱した。同年4月、決勝戦で棚橋弘至を下し、デビューから最短でチャンピオン・カーニバル優勝を果たした。同月にはデビューから最短で三冠ヘビー級王座初栄冠も果たした。諏訪魔 フレッシュアイペディアより)

  • 柴田勝頼

    柴田勝頼から見た棚橋弘至棚橋 弘至(提携)

    2004年初め頃から会社側の意向で、柴田・中邑真輔・棚橋弘至の3人が「新・闘魂三銃士」と呼ばれるようになるが、3人共にこのプランにあまり前向きではない反応を示し、特に柴田は「俺を新三銃士で括るな」と、頑なに拒絶していた。柴田勝頼 フレッシュアイペディアより)

  • TAJIRI

    TAJIRIから見た棚橋弘至棚橋 弘至(提携)

    2009年7月、新日本プロレスの北海道月寒大会で当時IWGP王者だった棚橋弘至をグリーンミストで襲撃し、抗争を起こす。TAJIRI フレッシュアイペディアより)

  • BAD INTENTIONS

    BAD INTENTIONSから見た棚橋弘至棚橋 弘至(提携)

    6月18日、大阪大会でプロレスリング・ノアの高山善廣&佐野巧真の持つGHCヘビー級タッグベルトに挑戦し、バーナードが佐野をバーナードライバーでフォール勝ちし、GHCタッグベルトを奪取しタッグ2冠とIWGPタッグ多連続防衛記録更新を達成。同大会で行われた棚橋弘至と後藤洋央紀のIWGPヘビー級王座選手権終了直後にリングに上がり、バーナードが棚橋のIWGPベルトに挑戦表明。反対に棚橋が2人のIWGPタッグベルトに挑戦表明し、バッドインテンションズ対棚橋&後藤組のIWGPタッグ選手権が正式に決まる。BAD INTENTIONS フレッシュアイペディアより)

  • マスクド・デビロック

    マスクド・デビロックから見た棚橋弘至棚橋 弘至(提携)

    マスクド・デビロック フレッシュアイペディアより)

  • フロント・ネックチャンスリー

    フロント・ネックチャンスリーから見た棚橋弘至棚橋 弘至(提携)

    フロント・ネックチャンスリーの体勢から、頭を抱えてない方の腕で、相手の片腕(上腕部付近)を下から掬い上げるようにして抱え込んで、後方へ反り投げる。投げた後、相手を離さず、自分はブリッジしたままの状態でピンフォールするホールド式も存在する。単にハーフハッチと呼ぶこともある。西村修、棚橋弘至らが得意とし、特に若手時代に多用した。フロント・ネックチャンスリー フレッシュアイペディアより)

  • 安田拡了

    安田拡了から見た棚橋弘至棚橋 弘至(提携)

    2006年、「G1 CLIMAX」の開催前にスポーツニュースウェブサイトにて、「棚橋弘至と永田裕志の2人は9分9厘 決勝リーグに勝ち上がってくるだろう」と述べたものの、2人とも予選リーグで敗退した。安田拡了 フレッシュアイペディアより)

  • 逆エビ固め

    逆エビ固めから見た棚橋弘至棚橋 弘至(提携)

    (テキサス式)四葉固め。両足を交差し、自分の腕で固定して決める変形のサソリ固め。元祖はテリー・ファンク。ほかには、天龍源一郎、小橋建太、棚橋弘至、ディーン・マレンコ、漫画『キン肉マン』のテリーマンなどが使用する。逆エビ固め フレッシュアイペディアより)

  • テキサスクローバーホールド

    テキサスクローバーホールドから見た棚橋弘至棚橋 弘至(提携)

    テリー・ファンクによるオリジナルムーブ。ディーン・マレンコも現役時に必殺技としており、そのため親友だったエディ・ゲレロも晩年は得意技として使用していた。他にも天龍源一郎、小橋建太、越中詩郎、棚橋弘至、デイビー・リチャーズなどが使用している。テキサスクローバーホールド フレッシュアイペディアより)

135件中 21 - 30件表示

「棚橋弘至」のニューストピックワード