208件中 41 - 50件表示
  • Life is SHOW TIME

    Life is SHOW TIMEから見た棚橋弘至棚橋弘至

    ゴールデンボンバーのヴォーカルとして活躍する鬼龍院翔のソロデビューシングル。表題曲「Life is SHOW TIME」は、特撮テレビドラマ『仮面ライダーウィザード』のオープニングテーマに起用された。販売形態は「鬼」、「戦」、と題された2つの初回限定盤とDVD付属の通常盤、およびCDのみの通常盤の全4形態からなる。PVでは棚橋弘至、亀田大毅、鈴木桂治が出演し、グール達と闘う内容になっている。カップリングには表題曲のオーケストラバージョンが収録されている。Life is SHOW TIME フレッシュアイペディアより)

  • NO LIMIT (プロレス)

    NO LIMIT (プロレス)から見た棚橋弘至棚橋弘至

    2月14日には前年の12月に敗れたテリブレ&テハノJr.組を挑戦者に逆指名し初防衛戦。前回のお返しとばかりに裕次郎の急所攻撃からのリミットレス・エボリューションでテハノJr.を下し初防衛戦に成功した。帰国してからもベルト攻撃などメキシコと同じようなヒール色の強いファイトスタイルで試合をしているためにブーイングが起きることもしばしばあったが、4月4日の後楽園ホール大会にて棚橋弘至と組んでのCHAOSとの6人タッグマッチで試合後棚橋を襲撃しCHAOSと結託、ヒール転向を果たした。NO LIMIT (プロレス) フレッシュアイペディアより)

  • メタルマックス3

    メタルマックス3から見た棚橋弘至棚橋弘至

    発売前の宣伝戦略として、2010年4月12日より登場キャラクターである「ヌッカ」がTwitterにてつぶやきを配信している。広告およびポスター用の映像は実写の物が採用され、グラビアアイドルの杉原杏璃とプロレスラーの棚橋弘至が起用された。撮影は陸上自衛隊朝霞駐屯地にて行われ、杉原はナース(女)、棚橋はレスラー(男)のコスチュームを身に着け、実物の74式戦車や74式自走105mmりゅう弾砲を背景に撮影された。なお敷地内への動物の持ち込みは禁止のため、ポチのみ別撮りで後から合成している。メタルマックス3 フレッシュアイペディアより)

  • #大家帝国

    #大家帝国から見た棚橋弘至棚橋弘至

    10月7日、DDTドラマティック総選挙2015結果発表大会でハッピーモーテルと前哨戦を行うもササダンゴが竹下幸之介のジャーマンスープレックスに敗れる。ドラマティック総選挙のユニット総選挙で2543票で見事1位になり主催興行権を獲得。1位獲得後ササダンゴがGMに主催興行で大家とHARASHIMAを主役にすること、DDT両国大会でHARASHIMAが対戦して敗れた棚橋弘至のブッキングと3つの願いを要求。GMや高木三四郎大社長や松井幸則レフェリーは事前に相談を受けていないため困惑するもHARASHIMAはタッグ結成を承諾し高木も腹をくくって交渉すると発表。個人としてはササダンゴが14位、ディーノが5位、大家が4位という結果になった。#大家帝国 フレッシュアイペディアより)

  • プロレスリング・ノア 東京ドーム大会

    プロレスリング・ノア 東京ドーム大会から見た棚橋弘至棚橋弘至

    第7試合(GHCヘビー級選手権試合) ○力皇猛 vs ●棚橋弘至プロレスリング・ノア 東京ドーム大会 フレッシュアイペディアより)

  • エクトール・ガルサ

    エクトール・ガルサから見た棚橋弘至棚橋弘至

    テレビ朝日で放送されているワールドプロレスリングでは「メキシコの棚橋弘至」と紹介されていた。エクトール・ガルサ フレッシュアイペディアより)

  • 三澤威

    三澤威から見た棚橋弘至棚橋弘至

    三澤式 プロレスストレッチ THE BODY HEAT(2006/5/30、イーハトーヴフロンティア)三澤威士名義 主演モデル・棚橋弘至、石川美津穂、西村修三澤威 フレッシュアイペディアより)

  • ベスト・ファーザー イエローリボン賞

    ベスト・ファーザー イエローリボン賞から見た棚橋弘至棚橋弘至

    政治部門:鈴木英敬(三重県知事)、経済部門:大岡新一、文化部門:小堀宗実(遠州茶道宗家・十三世家元)、芸能部門:ユージ、スポーツ部門:上原浩治・棚橋弘至ベスト・ファーザー イエローリボン賞 フレッシュアイペディアより)

  • 角田龍平のオールナイトニッポンR

    角田龍平のオールナイトニッポンRから見た棚橋弘至棚橋弘至

    第13回 4月18日 - 棚橋弘至(プロレスラー)角田龍平のオールナイトニッポンR フレッシュアイペディアより)

  • Sports Graphic Number

    Sports Graphic Numberから見た棚橋弘至棚橋弘至

    発刊当初の1980年代は、日本のプロ野球・競馬・ラグビーが特集されることが多く、1980年代後半にはF1ブームの影響もあり、F1が多く特集されるようになった。1990年代に入ると、NBAやMLB等も特集されるようになり、1980年代から1990年代にかけて定期的に特集されていたプロレスに代わって、2000年代前半になると総合格闘技を中心とした格闘技特集が掲載されることが多くなったが、総合格闘技イベントPRIDEの大会停止により、2007年代以降は特集の回数が減っている。プロレスに関しては、2015年7月16日発売の882号「新日本プロレス、No.1宣言。」で14年ぶりの特集が組まれた。同号では、創刊以来初となる「インターネット投票(新日本プロレス総選挙)で表紙を決める」という試みが行われ、結果1位に選ばれた棚橋弘至が表紙を飾った。Sports Graphic Number フレッシュアイペディアより)

208件中 41 - 50件表示

「棚橋弘至」のニューストピックワード