135件中 51 - 60件表示
  • 角田龍平

    角田龍平から見た棚橋弘至棚橋 弘至(提携)

    大のプロレス好きでファン歴は30年以上。自身のラジオ番組『角田龍平のオールナイトニッポンR』でゲストとして棚橋弘至が登場した際はプロレスの話で盛り上がった。なお、棚橋弘至とは大学時代の同級生であり、お互いに君づけで呼び合っていた。角田龍平 フレッシュアイペディアより)

  • 戸澤陽

    戸澤陽から見た棚橋弘至棚橋 弘至(提携)

    クロスアーム式のジャーマン・スープレックス・ホールド。遠征中に編み出し、アメリカの幾多の強豪を倒してきた現在のフィニッシュ技。帰国後のドラゴンゲートの試合でも同期の鷹木信悟や先輩の横須賀享など、ドリームゲートの歴代王者に対しこの技で直接勝利をあげている。腕のクラッチが崩れた状態では返されてしまっているが、クラッチが完璧に決まると一発で勝負が決してしまうレベルで、決まった際の勝率が非常に高い(帰国後から2012年6月現在では決まれば100%勝利している)。棚橋弘至のダルマ式ジャーマンと同形。戸澤陽 フレッシュアイペディアより)

  • エクトール・ガルサ

    エクトール・ガルサから見た棚橋弘至棚橋 弘至(提携)

    テレビ朝日の「ワールドプロレスリング」では「メキシコの棚橋弘至」と紹介されている。エクトール・ガルサ フレッシュアイペディアより)

  • SUPER TOKYO

    SUPER TOKYOから見た棚橋弘至棚橋 弘至(提携)

    AI/相川七瀬/青空球児・好児/秋山成勲/與真司郎/ATSUSHI/有馬隼人/有森裕子/飯沼誠司/池内博之/IKKO/石森太二/市原隼人/今井千尋/今井マサキ/入江幸人/岩崎恭子/宇野薫/梅宮アンナ/太田雄貴/カズ・ハヤシ/片山正通/香里奈/紀里谷和明/クリス・ペプラー/窪塚洋介/栗山和弥/栗山圭介/くるり/黒木メイサ/KENTA/小池修一郎/河野健児/小島よしお/KONISHIKI/小橋賢児/五味彬/近藤修司/斉藤工/坂本龍一/沢渡朔/澤野大地/三遊亭王楽/篠宮龍三/Jesse McFaddin/SHIHO/下村一喜/笑福亭鶴瓶/JUN HAGAN/ジョン・カビラ/ジェロ/尚玄/鈴木エドワード/鈴木桂治/鈴木みのる/平常/TAKAKO/高山善廣/宅八郎/タナカノリユキ/田中麗奈/田中ロウマ/棚橋弘至/谷原章介/谷本裕也/玉山鉄二/為末大/Char/知花くらら/土山直純/つんく♂/テリー伊藤/ドン小西/中山美穂/西島千博/西村晃一/西村由紀江/萩庭桂太/はるな愛/林家たい平/VERBAL/樋口真嗣/平間至/広末涼子/風吹ジュン/細江英公/舞山秀一/前田典子/前林新悟/松田美由紀/松任谷由実/丸山敬太/三池崇史/水野敬也/道端ジェシカ/宮坂絵美里/武蔵丸/武藤敬司/村上淳/箭内道彦/柳本和也/山田卓也/桑田尚樹/森豪士/大和ヒロシ/山根和馬/山本"KID"徳郁/RIKACO/リア・ディゾン/LiLiCo など。SUPER TOKYO フレッシュアイペディアより)

  • 筑前りょう太

    筑前りょう太から見た棚橋弘至棚橋 弘至(提携)

    K-DOJOでの活動と並行し新日本プロレスに魔界倶楽部のマスクマン「魔界2号」として参戦。巨体ながらテクニカルな部分を存分に披露した。だがIWGP U-30無差別級王座保持者である棚橋弘至とのマスク剥ぎマッチに敗れ素顔となった。後に、新日本プロレスの単発興行であるWRESTLE LANDにも再び魔界2号として参加している。筑前りょう太 フレッシュアイペディアより)

  • バス・ルッテン

    バス・ルッテンから見た棚橋弘至棚橋 弘至(提携)

    2000年12月31日、「INOKI BOM-BA-YE 2000」に出場しプロレスを初体験後、新日本プロレスへの参戦が決定し、2002年5月2日に東京ドームで中西学を撃破した。その後も棚橋弘至や成瀬昌由とも対戦して勝利している。同年7月20日札幌では IWGP ヘビー級選手権試合で第31代王者の永田裕志に挑戦するもナガタロックIIでギブアップ負けを喫している。10月26日福岡ではIWGPジュニアヘビー級選手権試合で第43代王者の金本浩二にも挑戦し、アンクルホールドで敗れる。バス・ルッテン フレッシュアイペディアより)

  • 成瀬昌由

    成瀬昌由から見た棚橋弘至棚橋 弘至(提携)

    2004年1月28日、棚橋弘至の持つIWGP・U-30無差別級王座に挑戦するもドラゴン・スープレックス・ホールドにより敗北。成瀬昌由 フレッシュアイペディアより)

  • レイ・ブカネロ

    レイ・ブカネロから見た棚橋弘至棚橋 弘至(提携)

    1997年3月にエル・サタニコ、エミリオ・チャレス・ジュニアと組んでアポロ・ダンテス、ブラック・ウォリアー、ドクトル・ワグナー・ジュニア組を破りCMLL世界トリオ王座を奪取。1998年から1年間WWF(現在のWWE)に「レイ・オルティス」のリングネームで参戦。1999年CMLL復帰し「ロス・ゲレロス・デル・インフェエルノ」に加入しルードに転向。2000年CMLL世界タッグチーム王座決定トーナメントでウルティモ・ゲレーロと組んで出場し優勝しタッグベルトを奪取。2004年9月にオリンピコと組んで棚橋弘至、中邑真輔の持つIWGPタッグ王座にCMLLルールで対戦もベルト奪取に失敗。2006年5月にはアトランティスと組んで武藤敬司、ウルティモ・ドラゴン組と対戦するも敗退。同年7月にウルティモ・ゲレーロを破りCMLL世界ライトヘビー級王座を奪取。同年TNAの「ワールドXカップ 2008」にボラドール・ジュニア、ウルティモ・ゲレーロと組んで出場し優勝。レイ・ブカネロ フレッシュアイペディアより)

  • ヤングライオン杯争奪リーグ戦

    ヤングライオン杯争奪リーグ戦から見た棚橋弘至棚橋 弘至(提携)

    2002年は、3月6日の旗揚げ記念日の30周年記念大会でワンナイト開催。井上亘、柴田勝頼、鈴木健三、竹村豪氏、棚橋弘至、ブルー・ウルフの6選手が参加。鈴木が優勝し、棚橋が準優勝した。ヤングライオン杯争奪リーグ戦 フレッシュアイペディアより)

  • タイガーマスク (プロレスラー)

    タイガーマスク (プロレスラー)から見た棚橋弘至棚橋 弘至(提携)

    正体は不明だが、真樹曰く『新人ではなくキャリアのある現役プロレスラー』と発表しているが、新日本プロレスの棚橋弘至が主演するVシネマ『新☆四角いジャングル』では、棚橋とミノワマンが5代目タイガーマスクの座を争い、一騎打ちをするという内容になっているが、棚橋は上記の5代目デビュー戦を観戦しているというシーンがある。タイガーマスク (プロレスラー) フレッシュアイペディアより)

135件中 51 - 60件表示

「棚橋弘至」のニューストピックワード