208件中 71 - 80件表示
  • 佐々木健介

    佐々木健介から見た棚橋弘至棚橋弘至

    2002年1月、小川直也とシングル戦で対戦するが両者セコンドの乱入等もあって無効試合に終わる。6月に鈴木健想、棚橋弘至、ブルー・ウルフと新ユニット「SWING-LOWS」を結成するも、当時の新日2大勢力であった本隊およびTEAM 2000の陰に埋没し、健介自身のWJプロレス移籍(後述)もあり暫くの後に雲散霧消した。佐々木健介 フレッシュアイペディアより)

  • 大森隆男

    大森隆男から見た棚橋弘至棚橋弘至

    2009年3月15日、新日本プロレス後楽園ホール大会のセミファイナル6人タッグ戦終了後に突如出現し、休業以来続いていた沈黙を破る。かつての盟友のリング上の中西に握手を求め、再び共闘することをアピールした。8月にはG1 CLIMAXに出場。IWGP王者の棚橋弘至に勝利する活躍を見せた。大森隆男 フレッシュアイペディアより)

  • 大谷晋二郎

    大谷晋二郎から見た棚橋弘至棚橋弘至

    初出場となったG1 CLIMAXでは中西学、井上亘、真壁刀義に勝利。小島聡と引き分け。ジャイアント・バーナード、棚橋弘至に敗れ予選敗退に終わったが、常に会場をヒートアップさせ熱い試合を提供したことが称えられて、週刊プロレス賞とファイティングTVサムライ賞を獲得した。大谷晋二郎 フレッシュアイペディアより)

  • キングオブプロレスリング

    キングオブプロレスリングから見た棚橋弘至棚橋弘至

    棚橋しばを主人公にした豆しば4コマ漫画。登場キャラクターはカード化もされている。作画は二階堂綾乃。キングオブプロレスリング フレッシュアイペディアより)

  • ヤングライオン杯争奪リーグ戦

    ヤングライオン杯争奪リーグ戦から見た棚橋弘至棚橋弘至

    2002年3月6日、旗揚げ30周年記念大会でワンナイト・トーナメント戦を開催。鈴木健三、棚橋弘至、井上亘、柴田勝頼、竹村豪氏、ブルー・ウルフの6選手が参加。結果は鈴木が優勝、棚橋が準優勝。ヤングライオン杯争奪リーグ戦 フレッシュアイペディアより)

  • 奥村茂雄

    奥村茂雄から見た棚橋弘至棚橋弘至

    その後、新日本プロレスからメキシコ入りした田口隆祐とのタッグ、ツナミ・デ・オリエンテとして活躍。同年9月、新日本プロレスの棚橋弘至、中邑真輔とのトリオでCMLLの年間最大のビッグイベントであるアニベルサリオ大会に出場を果たした。奥村茂雄 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年のスポーツ

    2007年のスポーツから見た棚橋弘至棚橋弘至

    G1クライマックス優勝 棚橋弘至(初優勝)2007年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • スタイナー・ブラザーズ

    スタイナー・ブラザーズから見た棚橋弘至棚橋弘至

    2002年5月2日、新日本プロレスの東京ドーム大会でチームを再結成し、佐々木健介&棚橋弘至に勝利。7月19日には札幌にて蝶野正洋&天山広吉のIWGPタッグ王座に挑戦した。以降はインディー団体にて単発的に再結成を行い、2006年にはバージニア州のTNTプロレスリングにて、ボビー・イートン&デニス・コンドリーの第2期ミッドナイト・エクスプレスやニュー・エイジ・アウトローズと対戦。2007年はTNAに参戦し、チーム3Dやラテン・アメリカン・エクスチェンジ(ホミサイド&ヘルナンデス)と抗争した。2008年1月4日には新日本プロレスの東京ドーム大会に6年ぶりに参戦し、ジャイアント・バーナード&トラヴィス・トムコのIWGPタッグ王座に挑戦している。スタイナー・ブラザーズ フレッシュアイペディアより)

  • 角田龍平

    角田龍平から見た棚橋弘至棚橋弘至

    大のプロレスファンでファン歴は30年以上。自身のラジオ番組『角田龍平のオールナイトニッポンR』にゲストとして棚橋弘至が登場した際はプロレス談義で盛り上がった。なお、棚橋とは立命館大学法学部時代の同級生であり、お互いに君づけで呼び合っている。角田龍平 フレッシュアイペディアより)

  • コーディ・ホール

    コーディ・ホールから見た棚橋弘至棚橋弘至

    2015年1月1日、新日本プロレスの練習生として参加。同日5日、NEW YEAR DASH !!にてBULLET CLUBの一員として登場。カール・アンダーソンよりスコット・ホールの息子と紹介されるがヤングボーイと揶揄され、サポートメンバーという格付けにされた。2月2日、Road to THE NEW BEGINNINGにて10人タッグマッチに出場。最後に棚橋弘至のハイフライフローを喰らい敗戦。4月29日、レスリング火の国にて高橋裕二郎と組んで小島聡 & キャプテン・ニュージャパンと対戦。小島に対してサイドバスター、ラリアットなど決め、終盤には場外へと追い出されるが最後は裕二郎がキャプテンに東京ピンプスを決めて勝利。コーディ・ホール フレッシュアイペディアより)

208件中 71 - 80件表示

「棚橋弘至」のニューストピックワード