前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
248件中 1 - 10件表示
  • 棚橋弘至

    棚橋弘至から見た鈴木みのる

    また、年頭より中邑真輔、柴田勝頼らと共に将来を嘱望されている意味合いを込めて、新闘魂三銃士と会社から売り出されるようになったが、年齢やキャリア、性格も違う3人は三銃士という括りで縛られることに反発。10月1日後楽園大会にて初めてトリオを結成して試合に出場することになったが、最後は柴田がピンフォール負けを喫した。試合後、世代闘争を一時中断し、外敵撃退のため中邑と共に、上世代の天山、永田らと共闘を宣言。11月3日両国大会にて外敵・健介を相手にIWGPヘビー級王座を賭けたタイトルマッチに挑んだがノーザンライト・ボムに敗れた。12月11日大阪大会で中邑と共に健介 & 鈴木みのる組から勝利を収め、IWGPタッグ王座奪還に成功した。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋弘至

    棚橋弘至から見た中邑真輔

    また、年頭より中邑真輔、柴田勝頼らと共に将来を嘱望されている意味合いを込めて、新闘魂三銃士と会社から売り出されるようになったが、年齢やキャリア、性格も違う3人は三銃士という括りで縛られることに反発。10月1日後楽園大会にて初めてトリオを結成して試合に出場することになったが、最後は柴田がピンフォール負けを喫した。試合後、世代闘争を一時中断し、外敵撃退のため中邑と共に、上世代の天山、永田らと共闘を宣言。11月3日両国大会にて外敵・健介を相手にIWGPヘビー級王座を賭けたタイトルマッチに挑んだがノーザンライト・ボムに敗れた。12月11日大阪大会で中邑と共に健介 & 鈴木みのる組から勝利を収め、IWGPタッグ王座奪還に成功した。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋弘至

    棚橋弘至から見た藤波辰爾

    健想が肺気胸のため欠場に入ると、3月より佐々木健介ともタッグを組みようになり新タナケンコンビを結成、5月2日東京ドーム大会では健介と共にスタイナー・ブラザーズ(リック・スタイナー & スコット・スタイナー)と対戦。6月20日に健介、復帰した健想、ブルー・ウルフを加えた4人で新ユニット発足を発表し、同月29日にスウィング・ロウズ(SWING-LOWS)と名づけた。7月31日、初出場を果たすG1 CLIMAX開幕を前に藤波辰爾に師事を仰ぎ、ドラゴン殺法を伝授されると。G1公式リーグ戦では越中詩郎、健介から殊勲の勝利を挙げた。10月、健介が新日本に辞表を提出したことで存続が危ぶまれていたスウィング・ロウズについて棚橋は「存続」を宣言したものの、翌日に健想が「解散」を一部のマスコミに告白したことで一時混乱状態に陥っていたが、11月14日にスウィング・ロウズの解散を正式に発表。さらに健想が高山善廣とタッグを組みたい意向を示したことで、KOTHも年内での解消を宣言した。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋弘至

    棚橋弘至から見た中西学

    2月16日両国国技館大会で中西学とのシングルマッチで復帰戦を行いジャーマン・スープレックス・ホールドに敗れる。この試合以降から赤を基調としたロングタイツにコスチュームを変更した。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋弘至

    棚橋弘至から見た獣神サンダー・ライガー

    ホーム新日本では引き続きBCとの抗争に明け暮れたが、G1公式リーグ戦でデヴィットと再戦した際も敗北を喫し、獣神サンダー・ライガーと共に7月5日に獲得したCMLL世界タッグチーム王座もBCの乱入がキッカケでタマ・トンガ & レイ・ブカネロ組を相手に陥落。悪の限りを尽くすBCのダーティファイトに憤慨した棚橋は「介入できない形で決着をつけてやる!!」と、DESTRUCTIONにてデヴィットとランバージャック・デスマッチで対戦。本隊とBCの両チームメンバーがリングに入り混じる中、最後はハイフライフローで勝利を収めて一連の抗争に終止符を打たせた。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋弘至

    棚橋弘至から見た田口隆祐

    1月5日、東京・後楽園ホールで行われた「NEW YEAR DASH!!」にて田口隆祐、中西学とのタッグでロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン(LIJ)のBUSHI、EVIL、SANADA組が持つNEVER無差別級6人タッグ王座に挑戦し勝利。第10代王者に戴冠。これを機に、田口を"監督"としたユニット「タグチジャパン」を結成し、活動を開始する。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋弘至

    棚橋弘至から見た小島聡

    レッスルキングダムIIのメインにて中邑と対戦したがランドスライドに敗れIWGP王座から陥落。3月1日の全日本プロレス両国大会にて武藤とタッグを結成し、川田利明 & 太陽ケア組を相手に勝利。メイン終了後のリングでチャンピオン・カーニバルに参戦を表明した。ホームである新日本では、同月8日より開催されたNJCを史上初となる2度目の制覇を果たしIWGP王座挑戦権を獲得、3月30日後楽園大会にて中邑と対戦したが腕ひしぎ逆十字固めに敗れた。4月、全日本主催のチャンピオン・カーニバルに初出場。9日の公式リーグ最終戦で小島聡から勝利を収め決勝に進出し、決勝戦で諏訪魔と対戦したがラストライドに敗れ準優勝。17日、左膝前十字靭帯断裂および外側半月板損傷により以後欠場。8月に開幕されたG1の舞台で復帰を果たすも、精彩を欠き予選落ちに終わった。9月には新日本内で急激に勢力を拡大させるG・B・Hに対抗すべく、対立関係にあった中邑がリーダーを務めるユニット、RISEと本隊との橋渡し役となるも、その後は然したる活躍もないままトップ戦線から遠のいた存在にまで陥る。10月26日にスランプ打破のため、無期限アメリカ遠征に出発。現地TNAの一員として試合をこなしていく中、菅林直樹社長から全日本・武藤が保持するIWGP王座を奪回するため、次期IWGP王座挑戦者として直々に指名を受ける。「打開策を自分が納得するまで見つけ続けたい」と、当初は答えを保留していたが、最終的に翌年東京ドーム大会でのIWGP王座挑戦を受理した。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋弘至

    棚橋弘至から見た吉江豊

    欠場したブランクを埋めるべく若手の底上げをテーマに掲げた棚橋は、同月21日に30歳以下の選手らで争うU-30王座争奪リーグ戦の提唱を発表。自らもリーグ戦に参加すると、4月23日広島サンプラザホール大会の優勝決定戦で真壁からドラゴン・スープレックス・ホールドで勝利を収め優勝、U-30無差別級王座を獲得し自身初となるタイトル奪取となった。6月13日武道館大会では吉江豊と共にIWGPタッグ王座を奪取、他団体では永田裕志とのタッグでプロレスリング・ノア(以下「NOAH」)に参戦しGHCタッグ王座を奪取するなど、これまでチャンピオンベルトに縁がなかった棚橋にとって、一気に実績をあげた年となった。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋弘至

    棚橋弘至から見た武藤敬司

    1月4日東京ドーム大会のメインイベントにて中邑と初めてシングルマッチで対戦。腕ひしぎ十字固めに敗れ、長らく保持したU-30王座から陥落。試合後に涙を流しながら退場した。2月16日、全日本プロレス主催の国立代々木競技場・第二体育館大会に参戦し、かつて付き人を勤めていた武藤敬司とシングルマッチで対戦したがムーンサルトプレスに敗北。4月、新設されたトーナメント戦、NEW JAPAN CUP(以下「NJC」)で優勝。さらに6月、中邑がU-30王座を返上したことで行われた王座決定リーグ戦を全勝で突破し、U-30王座に返り咲くことに成功。7月18日にはNOAH東京ドーム大会に参戦し、力皇猛の保持するGHCヘビー級王座に初挑戦したが敗北した。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋弘至

    棚橋弘至から見た山本尚史

    10月13日、KING OF PRO-WRESTLINGにてIWGP王座を保持するAJスタイルズから指名を受ける形で挑戦。試合終盤にAJのセコンドについたジェフ・ジャレットによる介入に遭うも、突如として現われたヨシタツがジャレットを蹴散らすという助太刀を受け、最後はハイフライフローで勝利を収め、IWGP王座史上最多となる7度目の戴冠を果たした。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
248件中 1 - 10件表示

「棚橋弘至」のニューストピックワード