前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
114件中 1 - 10件表示
  • 棚橋 弘至(提携)

    棚橋弘至から見た永田裕志

    大会公式戦消化中の11月28日、別れ話のもつれから交際相手であった当時テレビ番組ADの女性に刃物で背後から背中を刺されて重傷を負う。棚橋は負傷したまま原動機付二輪車に乗り、最寄りの病院に駆け込み緊急治療を受けて一命を取り留めたものの傷は深く、人体の総血液量(体重のおよそ 1/13(約8%))の約3分の1にあたる1.7リットルの血液を失い、一時は意識不明に陥ったほどであった(なお、その女性とは示談が成立して棚橋が女性を宥恕していることなどが認められ、女性は執行猶予付きの判決となった)。刺傷事件からの復帰後の2003年4月23日に自ら提唱したU-30王座(後にU-30無差別級王座に改称)を、6月13日に吉江豊とIWGPタッグ王座を、11月30日に永田裕志とGHCタッグ王座を続けざまに獲得し、12月14日にIWGPタッグ王座から転落するまでの約半月間、三冠王として君臨した。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋 弘至(提携)

    棚橋弘至から見た武藤敬司武藤 敬司

    3度目の入門テストでようやく合格し、1999年、大学卒業後すぐに新日本プロレスに入門。入門後しばらく武藤敬司の付き人を務めた。同年10月10日、真壁伸也(現:真壁刀義)戦でデビュー。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋 弘至(提携)

    棚橋弘至から見た中邑真輔

    U-30無差別級王座長期防衛の最中の2004年初め頃から、中邑真輔、柴田勝頼と共に「新・闘魂三銃士」の一人とされ、G1 CLIMAXでは、その全員が決勝トーナメント(ベスト6)へ進出する中、3人中最高の準優勝という成績を残す。12月11日、中邑とのコンビで再びIWGPタッグ王座を獲得。再改称されたIWGP・U-30無差別級王座と合わせて、IWGPの2冠王として君臨する。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋 弘至(提携)

    棚橋弘至から見た藤波辰爾藤波 辰爾

    2月12日、凱旋帰国して間もないオカダ・カズチカと対戦するも、オカダのレインメーカーで沈み防衛に失敗。長らく保持していたIWGP王座を手放したが、6月16日にリマッチ権を行使し再びオカダと対峙。最後はハイフライフローで勝利し第58代王者に就いた。尚、同王座6回目の戴冠は藤波辰爾と並ぶタイ記録となる。7月1日、全日本プロレスとの創立40周年記念大会「サマーナイトフィーバー in 両国 WE ARE PRO-WRESTLING LOVE!」のトリプルメインイベントで大トリを飾り真壁刀義とタイトルマッチで対戦。これに勝利を収め初防衛に成功。そしてこの結果により棚橋の同王座の通算防衛記録が21回を更新。橋本真也の同記録20回を越したことで最多通算防衛記録者となった。7月22日には田中将斗の挑戦を退けたのを皮切りに丸藤正道、鈴木みのる、高橋裕二郎と立て続けに防衛に成功する。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋 弘至(提携)

    棚橋弘至から見た鈴木みのる

    2012年1月4日、レッスルキングダムVIの舞台で鈴木みのるを打ち破り、IWGPヘビー級王座の11度目の防衛に成功。永田裕志の連続防衛記録を塗り替える快挙を成し遂げた。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋 弘至(提携)

    棚橋弘至から見た田中将斗

    その後はTAJIRIと抗争を繰り広げ、11月23日に後藤洋央紀と組み、TAJIRI、田中将斗組と対戦。G1参戦以降ピンフォール負けを許さなかったTAJIRIから勝利を収めた。その後のシリーズでは立て続けにTAJIRIにフォール負けを喫するも12月5日、シングルマッチで再び激突し実況席にいた山崎一夫や社長の菅林を巻き込む形でハイフライフローで勝利し抗争に終止符を打つ。12月のプロレス大賞では最優秀選手賞を受賞した。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋 弘至(提携)

    棚橋弘至から見た愛川ゆず季愛川 ゆず季

    4月、チャンピオン・カーニバルに初出場。7日の後楽園大会で武藤との師弟対決が実現しフルタイムドロー(この日のGAORA中継の解説ゲストは後にプロレス入りする愛川ゆず季だった)。8日の後楽園大会の川田戦で、ハイフライフローを放った際、左ひざをマットに強打。その後は痛み止めの注射を打ちながら出場を続けていた。痛みに耐えながら優勝決定戦までコマを進めるも、諏訪魔にラストライドからピンフォールを奪われ優勝を逃す。さらに怪我が悪化し、「左膝前十字靭帯断裂」および「外側半月板断裂」と診断され長期欠場。8月のG1で復帰するが、精彩を欠き予選落ちに終わる。10月に無期限TNA遠征に出発したが、社長の菅林直樹の要請を受けて12月に帰国する。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋 弘至(提携)

    棚橋弘至から見たタモリ

    以前のフィニッシュムーブ。旋回式のフライング・ネックブリーカー・ドロップ。ロープへ走り込んでからの反動を使って相手の前方から飛びつき、スリーパーホールドの様に相手の頭を抱えてリングに叩き付ける。フィニッシュにしていた時期は、説得力を与える事が出来ず観客からブーイングを受けていたが、タイトルマッチ等で相手の肩の上に担ぎ上げられた状態で繰り出したり、スリーパーホールドやレインメーカー等の相手の必殺技に対してその場飛びでの使用、背後から仕掛けフェース・クラッシャーに持ち込むリバース・スイング・ブレイドなど、さまざまな切り返し方で使用するようになりファンからの評価も高まりつつある。完全なオリジナルではなく、棚橋が開発する前からDRAGON GATEの吉野正人が繋ぎ技として使っていた。2011年2月10日放送のタモリ倶楽部に出演し、タモリや玉袋筋太郎等の前でこの技を披露。この時は「相手の首に左腕を引っ掛けて、空中で一回転しながら(した後)、右腕でラリアットをぶち込む。」と説明していた。また、同じく出演していた森本レオから「(この技を)誰が考えたの?」と質問された際、棚橋本人は「夢で見ました。」と発言しているため、吉野正人が先に使用していたのを知らなかった可能性がある。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋 弘至(提携)

    棚橋弘至から見た森本レオ森本 レオ

    以前のフィニッシュムーブ。旋回式のフライング・ネックブリーカー・ドロップ。ロープへ走り込んでからの反動を使って相手の前方から飛びつき、スリーパーホールドの様に相手の頭を抱えてリングに叩き付ける。フィニッシュにしていた時期は、説得力を与える事が出来ず観客からブーイングを受けていたが、タイトルマッチ等で相手の肩の上に担ぎ上げられた状態で繰り出したり、スリーパーホールドやレインメーカー等の相手の必殺技に対してその場飛びでの使用、背後から仕掛けフェース・クラッシャーに持ち込むリバース・スイング・ブレイドなど、さまざまな切り返し方で使用するようになりファンからの評価も高まりつつある。完全なオリジナルではなく、棚橋が開発する前からDRAGON GATEの吉野正人が繋ぎ技として使っていた。2011年2月10日放送のタモリ倶楽部に出演し、タモリや玉袋筋太郎等の前でこの技を披露。この時は「相手の首に左腕を引っ掛けて、空中で一回転しながら(した後)、右腕でラリアットをぶち込む。」と説明していた。また、同じく出演していた森本レオから「(この技を)誰が考えたの?」と質問された際、棚橋本人は「夢で見ました。」と発言しているため、吉野正人が先に使用していたのを知らなかった可能性がある。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋 弘至(提携)

    棚橋弘至から見た重盛さと美重盛 さと美

    ブレーンバスターではなくキャプチュードの体勢で相手を抱え、ファルコンアロー(もしくはみちのくドライバーII)のように首から背中に掛けて相手を落とす。ハイフライフローへの繋ぎとしてよく使用される。2011年12月テレビ番組の企画にて命名(重盛さと美の案を採用。「12時から6時の方向へ急激に落とす」の意)。命名以前は垂直落下式ファルコンアローと呼ばれていた。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
114件中 1 - 10件表示

「棚橋弘至」のニューストピックワード