114件中 21 - 30件表示
  • 棚橋 弘至(提携)

    棚橋弘至から見た高山善廣

    2002年3月14日、鈴木が病気によって再び欠場に入ると、佐々木健介とタッグを結成。5月2日には、東京ドームでスタイナー・ブラザーズと対戦。6月20日、自らに健介、復帰した鈴木とブルー・ウルフを加えた4人で新チーム「SWING-LOWS」を結成。健介がリーダーではあるが、KOTHの発展形と主張し、本隊と一線を画して新日本のトップ獲りを目指す。しかし、10月に健介に新日本退団問題が発生したため、11月3日、SWING-LOWSを解散して新生KOTHを結成。棚橋&鈴木のKOTHにウルフを迎える形での3人組ユニットとなった。このトリオで大会「トライアスロン・サバイバー」にエントリーしたが、大会前の公開練習で鈴木が高山善廣とタッグを組みたい意向を示し年内での解散を宣言した。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋 弘至(提携)

    棚橋弘至から見た柴田勝頼

    U-30無差別級王座長期防衛の最中の2004年初め頃から、中邑真輔、柴田勝頼と共に「新・闘魂三銃士」の一人とされ、G1 CLIMAXでは、その全員が決勝トーナメント(ベスト6)へ進出する中、3人中最高の準優勝という成績を残す。12月11日、中邑とのコンビで再びIWGPタッグ王座を獲得。再改称されたIWGP・U-30無差別級王座と合わせて、IWGPの2冠王として君臨する。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋 弘至(提携)

    棚橋弘至から見た橋本真也

    2月12日、凱旋帰国して間もないオカダ・カズチカと対戦するも、オカダのレインメーカーで沈み防衛に失敗。長らく保持していたIWGP王座を手放したが、6月16日にリマッチ権を行使し再びオカダと対峙。最後はハイフライフローで勝利し第58代王者に就いた。尚、同王座6回目の戴冠は藤波辰爾と並ぶタイ記録となる。7月1日、全日本プロレスとの創立40周年記念大会「サマーナイトフィーバー in 両国 WE ARE PRO-WRESTLING LOVE!」のトリプルメインイベントで大トリを飾り真壁刀義とタイトルマッチで対戦。これに勝利を収め初防衛に成功。そしてこの結果により棚橋の同王座の通算防衛記録が21回を更新。橋本真也の同記録20回を越したことで最多通算防衛記録者となった。7月22日には田中将斗の挑戦を退けたのを皮切りに丸藤正道、鈴木みのる、高橋裕二郎と立て続けに防衛に成功する。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋 弘至(提携)

    棚橋弘至から見たレイザーラモンHG

    岐阜県立大垣西高等学校では野球を経験。1995年に卒業後、一般入試で立命館大学法学部に入学。弁護士の角田龍平とは同級生であった。大学時代は学生プロレスサークルであるプロレス同好会に在籍する一方、部員不足に悩むレスリング部にも参加。当時の現場監督の長州力が学生プロレス嫌いを公言していたことから、棚橋自身は従来学生プロレス出身であることを認めてこなかったが、2006年4月に東京スポーツ紙上でレイザーラモンHGと対談した際、自らが学生プロレス出身であることを認めた(サークルの先輩にユリオカ超特Q・レイザーラモンRGがいる)。学生プロレス時代のリングネームは、メイ牛山、ハメ浩を経て、ターナー・ザ・インサート。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋 弘至(提携)

    棚橋弘至から見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    師である藤波辰爾のドラゴン殺法や武藤敬司から影響を受けた技が多いが、これら以外にもクイック技を好んで使う。ナルシストキャラの確立後は要所で手を広げながらファンに歓声を求めるといった行動や自身も大ファンである仮面ライダーから影響を受けたアピールなどが目立ち始めている。また、新日本の創設者であるアントニオ猪木が提唱したストロングスタイルについては否定しており「オールドスタイルのアメリカンスタイルが好き」とインタビューで告白している。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋 弘至(提携)

    棚橋弘至から見たブルー・ウルフ

    2002年3月14日、鈴木が病気によって再び欠場に入ると、佐々木健介とタッグを結成。5月2日には、東京ドームでスタイナー・ブラザーズと対戦。6月20日、自らに健介、復帰した鈴木とブルー・ウルフを加えた4人で新チーム「SWING-LOWS」を結成。健介がリーダーではあるが、KOTHの発展形と主張し、本隊と一線を画して新日本のトップ獲りを目指す。しかし、10月に健介に新日本退団問題が発生したため、11月3日、SWING-LOWSを解散して新生KOTHを結成。棚橋&鈴木のKOTHにウルフを迎える形での3人組ユニットとなった。このトリオで大会「トライアスロン・サバイバー」にエントリーしたが、大会前の公開練習で鈴木が高山善廣とタッグを組みたい意向を示し年内での解散を宣言した。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋 弘至(提携)

    棚橋弘至から見た諏訪魔

    4月、チャンピオン・カーニバルに初出場。7日の後楽園大会で武藤との師弟対決が実現しフルタイムドロー(この日のGAORA中継の解説ゲストは後にプロレス入りする愛川ゆず季だった)。8日の後楽園大会の川田戦で、ハイフライフローを放った際、左ひざをマットに強打。その後は痛み止めの注射を打ちながら出場を続けていた。痛みに耐えながら優勝決定戦までコマを進めるも、諏訪魔にラストライドからピンフォールを奪われ優勝を逃す。さらに怪我が悪化し、「左膝前十字靭帯断裂」および「外側半月板断裂」と診断され長期欠場。8月のG1で復帰するが、精彩を欠き予選落ちに終わる。10月に無期限TNA遠征に出発したが、社長の菅林直樹の要請を受けて12月に帰国する。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋 弘至(提携)

    棚橋弘至から見た佐々木健介佐々木 健介

    2002年3月14日、鈴木が病気によって再び欠場に入ると、佐々木健介とタッグを結成。5月2日には、東京ドームでスタイナー・ブラザーズと対戦。6月20日、自らに健介、復帰した鈴木とブルー・ウルフを加えた4人で新チーム「SWING-LOWS」を結成。健介がリーダーではあるが、KOTHの発展形と主張し、本隊と一線を画して新日本のトップ獲りを目指す。しかし、10月に健介に新日本退団問題が発生したため、11月3日、SWING-LOWSを解散して新生KOTHを結成。棚橋&鈴木のKOTHにウルフを迎える形での3人組ユニットとなった。このトリオで大会「トライアスロン・サバイバー」にエントリーしたが、大会前の公開練習で鈴木が高山善廣とタッグを組みたい意向を示し年内での解散を宣言した。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋 弘至(提携)

    棚橋弘至から見た三沢光晴

    左右のエルボーからローリングしてエルボーを放つ。主にノアの選手との対抗戦の場合に使用する。故三沢光晴と同じムーブであり、棚橋の普段のエルボーとは気質が違ってかなりの再現度をほこっていたことから、解説の山崎一夫が舌を巻いた。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋 弘至(提携)

    棚橋弘至から見た長州力

    岐阜県立大垣西高等学校では野球を経験。1995年に卒業後、一般入試で立命館大学法学部に入学。弁護士の角田龍平とは同級生であった。大学時代は学生プロレスサークルであるプロレス同好会に在籍する一方、部員不足に悩むレスリング部にも参加。当時の現場監督の長州力が学生プロレス嫌いを公言していたことから、棚橋自身は従来学生プロレス出身であることを認めてこなかったが、2006年4月に東京スポーツ紙上でレイザーラモンHGと対談した際、自らが学生プロレス出身であることを認めた(サークルの先輩にユリオカ超特Q・レイザーラモンRGがいる)。学生プロレス時代のリングネームは、メイ牛山、ハメ浩を経て、ターナー・ザ・インサート。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

114件中 21 - 30件表示

「棚橋弘至」のニューストピックワード