248件中 21 - 30件表示
  • 棚橋弘至

    棚橋弘至から見た藤田和之

    1月24日沖縄県立武道館大会の試合後、真壁の呼びかけに呼応し、吉江と共に新世代軍として結託すると、上世代との世代闘争を提唱。2月29日に村上和成とシングルマッチを行った際、村上の度重なる暴挙に激怒し遺恨が勃発。3月28日両国大会にて観客不在のノーピープル・マッチとして、村上とU-30王座を賭けた金網デスマッチで対戦。最後は村上の顔面を金網の角に据えてから後頭部を踏みつける荒技でK.O.勝ちを収めた。6月5日大阪府立体育会館大会にてIWGPヘビー級王座を保持するボブ・サップと対戦することが予定されていたが、サップが大会3日前に同王座を返上したことでカードが消滅。急遽IWGPヘビー級王者決定戦として藤田和之と対戦したが、顔面蹴りを食らいK.O.負けを喫した。その後、3度目の出場となるG1では予選リーグ戦をトップで通過し、8月15日に天龍源一郎を下して決勝戦で天山広吉と対戦したがアナコンダバイスに敗れ準優勝に終わった。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋弘至

    棚橋弘至から見た天山広吉

    1月24日沖縄県立武道館大会の試合後、真壁の呼びかけに呼応し、吉江と共に新世代軍として結託すると、上世代との世代闘争を提唱。2月29日に村上和成とシングルマッチを行った際、村上の度重なる暴挙に激怒し遺恨が勃発。3月28日両国大会にて観客不在のノーピープル・マッチとして、村上とU-30王座を賭けた金網デスマッチで対戦。最後は村上の顔面を金網の角に据えてから後頭部を踏みつける荒技でK.O.勝ちを収めた。6月5日大阪府立体育会館大会にてIWGPヘビー級王座を保持するボブ・サップと対戦することが予定されていたが、サップが大会3日前に同王座を返上したことでカードが消滅。急遽IWGPヘビー級王者決定戦として藤田和之と対戦したが、顔面蹴りを食らいK.O.負けを喫した。その後、3度目の出場となるG1では予選リーグ戦をトップで通過し、8月15日に天龍源一郎を下して決勝戦で天山広吉と対戦したがアナコンダバイスに敗れ準優勝に終わった。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋弘至

    棚橋弘至から見た杉浦貴

    レッスルキングダムIIIの舞台で武藤を破り、長らく他団体に流出していたIWGP王座の奪還に成功し、3度目の戴冠を果たす。その後、中邑、カート・アングル、後藤洋央紀と対戦し3度の防衛に成功。一時は中西学に敗れて王座を手放すが、DOMINION 6.20にて中西に勝利し再び王座を奪還。以後、NOAH所属の杉浦貴、ZERO1所属の田中将斗、ハッスル所属のTAJIRIといった外敵らと抗争を繰り広げ始め、特にTAJIRIにはグリーンミストを浴びせられたことから強い敵意を示した。8月13日の愛知大会G1公式リーグ戦にてTAJIRIと対戦したがレフェリーのブラインドを突いたグリーンミストからのバズソーキックに敗れた。TAJIRIに土をついた棚橋だったが、G1では公式リーグ最終戦で田中を破り決勝トーナメントに進出。準決勝戦で中邑と対戦したがボマイェに敗れ優勝を逃した。さらに試合中に中邑が放ったハイキックによって眼窩内側壁骨折となり欠場、それに伴いIWGP王座の返上を発表した。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋弘至

    棚橋弘至から見た天龍源一郎

    1月24日沖縄県立武道館大会の試合後、真壁の呼びかけに呼応し、吉江と共に新世代軍として結託すると、上世代との世代闘争を提唱。2月29日に村上和成とシングルマッチを行った際、村上の度重なる暴挙に激怒し遺恨が勃発。3月28日両国大会にて観客不在のノーピープル・マッチとして、村上とU-30王座を賭けた金網デスマッチで対戦。最後は村上の顔面を金網の角に据えてから後頭部を踏みつける荒技でK.O.勝ちを収めた。6月5日大阪府立体育会館大会にてIWGPヘビー級王座を保持するボブ・サップと対戦することが予定されていたが、サップが大会3日前に同王座を返上したことでカードが消滅。急遽IWGPヘビー級王者決定戦として藤田和之と対戦したが、顔面蹴りを食らいK.O.負けを喫した。その後、3度目の出場となるG1では予選リーグ戦をトップで通過し、8月15日に天龍源一郎を下して決勝戦で天山広吉と対戦したがアナコンダバイスに敗れ準優勝に終わった。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋弘至

    棚橋弘至から見た川田利明

    レッスルキングダムIIのメインにて中邑と対戦したがランドスライドに敗れIWGP王座から陥落。3月1日の全日本プロレス両国大会にて武藤とタッグを結成し、川田利明 & 太陽ケア組を相手に勝利。メイン終了後のリングでチャンピオン・カーニバルに参戦を表明した。ホームである新日本では、同月8日より開催されたNJCを史上初となる2度目の制覇を果たしIWGP王座挑戦権を獲得、3月30日後楽園大会にて中邑と対戦したが腕ひしぎ逆十字固めに敗れた。4月、全日本主催のチャンピオン・カーニバルに初出場。9日の公式リーグ最終戦で小島聡から勝利を収め決勝に進出し、決勝戦で諏訪魔と対戦したがラストライドに敗れ準優勝。17日、左膝前十字靭帯断裂および外側半月板損傷により以後欠場。8月に開幕されたG1の舞台で復帰を果たすも、精彩を欠き予選落ちに終わった。9月には新日本内で急激に勢力を拡大させるG・B・Hに対抗すべく、対立関係にあった中邑がリーダーを務めるユニット、RISEと本隊との橋渡し役となるも、その後は然したる活躍もないままトップ戦線から遠のいた存在にまで陥る。10月26日にスランプ打破のため、無期限アメリカ遠征に出発。現地TNAの一員として試合をこなしていく中、菅林直樹社長から全日本・武藤が保持するIWGP王座を奪回するため、次期IWGP王座挑戦者として直々に指名を受ける。「打開策を自分が納得するまで見つけ続けたい」と、当初は答えを保留していたが、最終的に翌年東京ドーム大会でのIWGP王座挑戦を受理した。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋弘至

    棚橋弘至から見た名城信男

    左手で放つボディブローで、名城信男との合同トレーニングを経て使用。下記エルボー・スマッシュとのコンボで相手を畳み掛けるときに見られる。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋弘至

    棚橋弘至から見た出渕誠

    入門当時に新日本の現場監督であった長州力が「学生プロレス嫌い」を公言していたことから、当初棚橋自身は立命館大学レスリング部出身を名乗り、学生プロレス経験者であることを公言せず、2006年4月に東京スポーツ紙上でレイザーラモンHGと対談した際、自らが学生プロレス出身であることを初めて公言した(サークルの先輩にユリオカ超特Q・レイザーラモンRGがいる)。学生プロレス時代のリングネームは、メイ牛山、ハメ浩を経て、ターナー・ザ・インサート。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋弘至

    棚橋弘至から見た蝶野正洋

    一方タッグでは、中邑と共に前年12月に獲得したIWGPタッグ王座の防衛戦で数々のタッグチームを撃破。同タッグでCMLLにも参戦するなど、タッグ戦線に新風を巻き起こしてきたが、10月30日神戸ワールド記念ホール大会にて蝶野正洋 & 天山広吉組に敗れタッグ王座から陥落。試合後、中邑と別々に退場しタッグ解消を宣言し、11月3日後楽園大会にて中邑と共に永田 & 中西組と対戦。中邑が中西から逆十字固めでギブアップ勝ちを収めた。試合後に棚橋は「お互い違う道を通って上を目指して行く」と、1年近く共闘してきたパートナーとの決別を改めて宣言した。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋弘至

    棚橋弘至から見た飯伏幸太

    9月16日、広島・広島サンプラザホールで行われた「DESTRUCTION in HIROSHIMA」で、ザック・セイバーJr.を相手に2度目のIC王座防衛戦を行った。終盤、鈴木みのるが乱入するも、エルガンが排除して棚橋をアシスト。最後はハイフライフローを炸裂させ、激闘を制した。試合後、棚橋は次期挑戦者として飯伏幸太を指名。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋弘至

    棚橋弘至から見たユリオカ超特Q

    入門当時に新日本の現場監督であった長州力が「学生プロレス嫌い」を公言していたことから、当初棚橋自身は立命館大学レスリング部出身を名乗り、学生プロレス経験者であることを公言せず、2006年4月に東京スポーツ紙上でレイザーラモンHGと対談した際、自らが学生プロレス出身であることを初めて公言した(サークルの先輩にユリオカ超特Q・レイザーラモンRGがいる)。学生プロレス時代のリングネームは、メイ牛山、ハメ浩を経て、ターナー・ザ・インサート。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

248件中 21 - 30件表示

「棚橋弘至」のニューストピックワード