114件中 41 - 50件表示
  • 棚橋 弘至(提携)

    棚橋弘至から見た鈴木健想

    2001年5月18日、怪我から復帰した同期入門の鈴木健三(後に鈴木健想に改名)と、タッグチーム「キング・オブ・ザ・ヒルズ(略称:KOTH)」を結成。棚橋(タナハシ)と健三(ケンゾウ)で「タナケン」コンビという愛称で親しまれ、ヘビー級のタッグ戦線を盛り上げる。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋 弘至(提携)

    棚橋弘至から見たSUPER STUPID

    DO IT MYSELF / SUPER STUPID(旧入場曲、現在はWRESTLE LANDで使用)棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋 弘至(提携)

    棚橋弘至から見た闘魂三銃士

    U-30無差別級王座長期防衛の最中の2004年初め頃から、中邑真輔、柴田勝頼と共に「新・闘魂三銃士」の一人とされ、G1 CLIMAXでは、その全員が決勝トーナメント(ベスト6)へ進出する中、3人中最高の準優勝という成績を残す。12月11日、中邑とのコンビで再びIWGPタッグ王座を獲得。再改称されたIWGP・U-30無差別級王座と合わせて、IWGPの2冠王として君臨する。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋 弘至(提携)

    棚橋弘至から見た力皇猛

    2005年1月4日、中邑とのU-30タイトル戦に敗戦。2年近く保持していた王座から転落する。しかし、後に中邑がU-30無差別級王座を封印するもののフロントの意向により返上と改められ空位に。この後、柴田の退団により新闘魂三銃士は消滅した。4月、新設されたトーナメント戦「春のG1」ことNEW JAPAN CUP(NJC)で優勝。さらに6月に行なわれた「U-30無差別級王座決定リーグ戦」を全勝優勝で突破し第3代U-30無差別級王者に返り咲く。7月18日にはNOAH東京ドーム大会に参戦し、力皇猛の持つGHCヘビー級王座に初挑戦した。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋 弘至(提携)

    棚橋弘至から見たスタイナー・ブラザーズ

    2002年3月14日、鈴木が病気によって再び欠場に入ると、佐々木健介とタッグを結成。5月2日には、東京ドームでスタイナー・ブラザーズと対戦。6月20日、自らに健介、復帰した鈴木とブルー・ウルフを加えた4人で新チーム「SWING-LOWS」を結成。健介がリーダーではあるが、KOTHの発展形と主張し、本隊と一線を画して新日本のトップ獲りを目指す。しかし、10月に健介に新日本退団問題が発生したため、11月3日、SWING-LOWSを解散して新生KOTHを結成。棚橋&鈴木のKOTHにウルフを迎える形での3人組ユニットとなった。このトリオで大会「トライアスロン・サバイバー」にエントリーしたが、大会前の公開練習で鈴木が高山善廣とタッグを組みたい意向を示し年内での解散を宣言した。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋 弘至(提携)

    棚橋弘至から見た吉野正人

    以前のフィニッシュムーブ。旋回式のフライング・ネックブリーカー・ドロップ。ロープへ走り込んでからの反動を使って相手の前方から飛びつき、スリーパーホールドの様に相手の頭を抱えてリングに叩き付ける。フィニッシュにしていた時期は、説得力を与える事が出来ず観客からブーイングを受けていたが、タイトルマッチ等で相手の肩の上に担ぎ上げられた状態で繰り出したり、スリーパーホールドやレインメーカー等の相手の必殺技に対してその場飛びでの使用、背後から仕掛けフェース・クラッシャーに持ち込むリバース・スイング・ブレイドなど、さまざまな切り返し方で使用するようになりファンからの評価も高まりつつある。完全なオリジナルではなく、棚橋が開発する前からDRAGON GATEの吉野正人が繋ぎ技として使っていた。2011年2月10日放送のタモリ倶楽部に出演し、タモリや玉袋筋太郎等の前でこの技を披露。この時は「相手の首に左腕を引っ掛けて、空中で一回転しながら(した後)、右腕でラリアットをぶち込む。」と説明していた。また、同じく出演していた森本レオから「(この技を)誰が考えたの?」と質問された際、棚橋本人は「夢で見ました。」と発言しているため、吉野正人が先に使用していたのを知らなかった可能性がある。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋 弘至(提携)

    棚橋弘至から見たアブドーラ小林

    インディー界では大日本・アブドーラ小林がオマージュでこの台詞を使っており、後のサムライTVでの対談にて公認している。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋 弘至(提携)

    棚橋弘至から見た玉袋筋太郎玉袋筋太郎

    以前のフィニッシュムーブ。旋回式のフライング・ネックブリーカー・ドロップ。ロープへ走り込んでからの反動を使って相手の前方から飛びつき、スリーパーホールドの様に相手の頭を抱えてリングに叩き付ける。フィニッシュにしていた時期は、説得力を与える事が出来ず観客からブーイングを受けていたが、タイトルマッチ等で相手の肩の上に担ぎ上げられた状態で繰り出したり、スリーパーホールドやレインメーカー等の相手の必殺技に対してその場飛びでの使用、背後から仕掛けフェース・クラッシャーに持ち込むリバース・スイング・ブレイドなど、さまざまな切り返し方で使用するようになりファンからの評価も高まりつつある。完全なオリジナルではなく、棚橋が開発する前からDRAGON GATEの吉野正人が繋ぎ技として使っていた。2011年2月10日放送のタモリ倶楽部に出演し、タモリや玉袋筋太郎等の前でこの技を披露。この時は「相手の首に左腕を引っ掛けて、空中で一回転しながら(した後)、右腕でラリアットをぶち込む。」と説明していた。また、同じく出演していた森本レオから「(この技を)誰が考えたの?」と質問された際、棚橋本人は「夢で見ました。」と発言しているため、吉野正人が先に使用していたのを知らなかった可能性がある。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋 弘至(提携)

    棚橋弘至から見たチャーリー・ハース

    2011年1月4日、小島の保持するIWGPヘビー級王座に挑戦。これに勝利し王座奪回に成功。自身5度目の戴冠となった。2月20日に挑戦者決定戦を制した小島と再戦。試合終盤で掟破りのラリアットで小島をなぎ倒し、最後はハイフライフローで初防衛を果たす。試合後のコメントでは「俺は、仙台のこの日を、生涯忘れません!」と涙ぐみながらファンのエールに答えた。以降は永田裕志、中邑真輔、チャーリー・ハース、後藤洋央紀、ジャイアント・バーナードを相手に防衛に成功。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋 弘至(提携)

    棚橋弘至から見た太陽ケア

    2007年1月4日、新日本プロレス、全日本プロレスの両団体の誕生35周年を記念した共同開催のレッスルキングダム IN 東京ドームではダブルメインイベントに出場し、太陽ケアと対戦。4月13日に永田裕志に敗れ、IWGP王座を手放し、試合後、右膝内側靭帯損傷と診断され欠場する。8月のG1 CLIMAXでは2勝1敗2分という成績でリーグ戦を2位で通過。準決勝の真壁刀義、決勝の永田を打ち破り悲願のG1初制覇を遂げる。10月8日、永田とのタイトルマッチを制して、第47代王者に返り咲く。さらに後日の記者会見で結婚していたことを告白した。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

114件中 41 - 50件表示

「棚橋弘至」のニューストピックワード