248件中 41 - 50件表示
  • 棚橋弘至

    棚橋弘至から見た後藤洋央紀

    レッスルキングダムIIIの舞台で武藤を破り、長らく他団体に流出していたIWGP王座の奪還に成功し、3度目の戴冠を果たす。その後、中邑、カート・アングル、後藤洋央紀と対戦し3度の防衛に成功。一時は中西学に敗れて王座を手放すが、DOMINION 6.20にて中西に勝利し再び王座を奪還。以後、NOAH所属の杉浦貴、ZERO1所属の田中将斗、ハッスル所属のTAJIRIといった外敵らと抗争を繰り広げ始め、特にTAJIRIにはグリーンミストを浴びせられたことから強い敵意を示した。8月13日の愛知大会G1公式リーグ戦にてTAJIRIと対戦したがレフェリーのブラインドを突いたグリーンミストからのバズソーキックに敗れた。TAJIRIに土をついた棚橋だったが、G1では公式リーグ最終戦で田中を破り決勝トーナメントに進出。準決勝戦で中邑と対戦したがボマイェに敗れ優勝を逃した。さらに試合中に中邑が放ったハイキックによって眼窩内側壁骨折となり欠場、それに伴いIWGP王座の返上を発表した。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋弘至

    棚橋弘至から見た闘魂三銃士

    1976年11月13日、岐阜県大垣市に生まれる。幼い頃にプロレス好きな祖母の影響でプロレスの存在を知ってテレビで見るようになり、学校の休み時間ではプロレスごっこに興じていた。一方で岐阜という土地柄から、中日ドラゴンズの大ファンで野球にも熱中し、小松辰雄、郭源治に憧れていた。岐阜県立大垣西高等学校では野球部に入部。左翼手を務めながら、将来の夢としてプロ野球選手になることを掲げていた。そんな中、高校1年生の頃に見た闘魂三銃士の試合、小橋建太の試合に感銘を受けた棚橋は、「プロレスラーになれば、心も体も強い人になれるのではないか」と、次第にプロレスラーへの憧れを強く抱き始めるようになった。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋弘至

    棚橋弘至から見た真壁刀義

    肉体的にほぼ完成されていた棚橋は入寮から半年後の10月10日、後楽園ホール大会にて真壁伸也(現:真壁刀義)を相手にデビュー。試合は6分55秒、逆エビ固めに敗れた。後にデビュー戦について棚橋は「自分自身より(対戦相手の)真壁さんの先輩としてのすごさ」が印象的だったことを語っており、プロレスラーはデビュー戦こそが本当のスタートであることを改めて実感した。同月19日、福岡国際センター大会のデビュー3戦目で井上亘を相手に逆エビ固めでプロ入り初勝利を収めた。12月23日の選手会主催興行では、新日ジュニアのトップ戦線で活躍する高岩竜一とシングルマッチで対戦した。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋弘至

    棚橋弘至から見たアレン・ジョーンズ

    パートナーの中邑と袂を分かち、この年より棚橋はシングルプレーヤーに転向。1月にTNAに遠征しAJスタイルズ、ロデリック・ストロングとシングルマッチを行いいずれも敗北を喫してしまったが、現地関係者よりその躍動感溢れるファイトスタイルから「ハイフライングスター」と呼ばれ高い評価を受けた。遠征先での試合を生かした棚橋は、2月5日の月寒グリーンドーム大会で初めて中邑からシングル初勝利を飾り、19日両国大会では永田からも初勝利を収め、次なる目標としてIWGPヘビー級王座に標的を定めた。6月7日にブロック・レスナーが保持するIWGP王座に挑戦することが発表され、それに伴い自ら保持していたU-30王座を返上。しかしタイトルマッチ2日前に迫った7月15日、レスナーが契約上のトラブルを理由に来日不能となり、それに伴いタイトルマッチの中止が決定。17日月寒大会にて急遽行われた新王者決定トーナメントに出場し、決勝戦でジャイアント・バーナードをスリング・ブレイドで破り、IWGP王座初戴冠を果たした。多事多難の中、3度目の正直でようやく手にしたベルトを腰に巻いた棚橋は、観衆に向けて「愛してます」と涙ながらに絶叫した。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋弘至

    棚橋弘至から見たカート・アングル

    レッスルキングダムIIIの舞台で武藤を破り、長らく他団体に流出していたIWGP王座の奪還に成功し、3度目の戴冠を果たす。その後、中邑、カート・アングル、後藤洋央紀と対戦し3度の防衛に成功。一時は中西学に敗れて王座を手放すが、DOMINION 6.20にて中西に勝利し再び王座を奪還。以後、NOAH所属の杉浦貴、ZERO1所属の田中将斗、ハッスル所属のTAJIRIといった外敵らと抗争を繰り広げ始め、特にTAJIRIにはグリーンミストを浴びせられたことから強い敵意を示した。8月13日の愛知大会G1公式リーグ戦にてTAJIRIと対戦したがレフェリーのブラインドを突いたグリーンミストからのバズソーキックに敗れた。TAJIRIに土をついた棚橋だったが、G1では公式リーグ最終戦で田中を破り決勝トーナメントに進出。準決勝戦で中邑と対戦したがボマイェに敗れ優勝を逃した。さらに試合中に中邑が放ったハイキックによって眼窩内側壁骨折となり欠場、それに伴いIWGP王座の返上を発表した。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋弘至

    棚橋弘至から見たマイケル・エルガン

    9月16日、広島・広島サンプラザホールで行われた「DESTRUCTION in HIROSHIMA」で、ザック・セイバーJr.を相手に2度目のIC王座防衛戦を行った。終盤、鈴木みのるが乱入するも、エルガンが排除して棚橋をアシスト。最後はハイフライフローを炸裂させ、激闘を制した。試合後、棚橋は次期挑戦者として飯伏幸太を指名。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋弘至

    棚橋弘至から見たジェイ・ホワイト

    11月5日、大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪)で行われた「POWER STRUGGLE」で、飯伏幸太を相手に3度目のIC王座防衛戦を行った。カミゴェを執念で防いだ棚橋が、最後はハイフライフローを炸裂させ、激闘を制した。試合後、ジェイ・ホワイトがリングに登場し、棚橋をKOに追い込んだ。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋弘至

    棚橋弘至から見たブロック・レスナー

    パートナーの中邑と袂を分かち、この年より棚橋はシングルプレーヤーに転向。1月にTNAに遠征しAJスタイルズ、ロデリック・ストロングとシングルマッチを行いいずれも敗北を喫してしまったが、現地関係者よりその躍動感溢れるファイトスタイルから「ハイフライングスター」と呼ばれ高い評価を受けた。遠征先での試合を生かした棚橋は、2月5日の月寒グリーンドーム大会で初めて中邑からシングル初勝利を飾り、19日両国大会では永田からも初勝利を収め、次なる目標としてIWGPヘビー級王座に標的を定めた。6月7日にブロック・レスナーが保持するIWGP王座に挑戦することが発表され、それに伴い自ら保持していたU-30王座を返上。しかしタイトルマッチ2日前に迫った7月15日、レスナーが契約上のトラブルを理由に来日不能となり、それに伴いタイトルマッチの中止が決定。17日月寒大会にて急遽行われた新王者決定トーナメントに出場し、決勝戦でジャイアント・バーナードをスリング・ブレイドで破り、IWGP王座初戴冠を果たした。多事多難の中、3度目の正直でようやく手にしたベルトを腰に巻いた棚橋は、観衆に向けて「愛してます」と涙ながらに絶叫した。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋弘至

    棚橋弘至から見たプロレスラー

    棚橋 弘至(たなはし ひろし、1976年11月13日 - )は、日本の男性プロレスラー。岐阜県大垣市出身。血液型O型。新日本プロレス所属。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋弘至

    棚橋弘至から見たタモリ倶楽部

    いわゆるフロッグスプラッシュ。元々使われていた技だが、2006年6月よりハイフライフローと名づけフィニッシャーとして使用され始め、棚橋の代名詞的な技として知られるようになる。本人曰く「ボディプレスにカッコいい名前をつけただけです」と語るタモリ倶楽部 2011年2月11日放送分より。ほど単純明快な技だが、故にその汎用性が高く、うつ伏せ状態の相手へ落下したり、立っている相手に放つ(形としてはダイビングボディアタックと同型)などして応用し、2008年からはコーナーポストに頭を向けて倒れている相手への対策として、空中で90度旋回して方向転換しながら落下していく改良を施している。足殺しの一環として相手の両膝に向かって落下していくパターンも使用しており、大一番では確実に勝利を奪えるよう連発で繰り出したり、場外にいる相手に対して放つこともある。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

248件中 41 - 50件表示

「棚橋弘至」のニューストピックワード