248件中 81 - 90件表示
  • 棚橋弘至

    棚橋弘至から見たショーン・マイケルズ

    憧れのプロレスラーとして、ダイナマイト・キッド、カート・アングル、ショーン・マイケルズの名を挙げている。中でもマイケルズのファンであり、2009年当時IWGP王者だった頃、挑戦者としてアングルを迎え撃った際、前日記者会見にてアングルから「タナハシは日本のショーン・マイケルズだ」と言われたときは、死ぬほど嬉しかったと答えている。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋弘至

    棚橋弘至から見たスーツアクター

    本人曰く『仮面ライダーカブト』へのオマージュである」と公言しており、後にカブトのスーツアクターである高岩成二から直伝されたことからポーズの拝借は無許可ではないことを明らかにしている。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋弘至

    棚橋弘至から見た郭源治

    1976年11月13日、岐阜県大垣市に生まれる。幼い頃にプロレス好きな祖母の影響でプロレスの存在を知ってテレビで見るようになり、学校の休み時間ではプロレスごっこに興じていた。一方で岐阜という土地柄から、中日ドラゴンズの大ファンで野球にも熱中し、小松辰雄、郭源治に憧れていた。岐阜県立大垣西高等学校では野球部に入部。左翼手を務めながら、将来の夢としてプロ野球選手になることを掲げていた。そんな中、高校1年生の頃に見た闘魂三銃士の試合、小橋建太の試合に感銘を受けた棚橋は、「プロレスラーになれば、心も体も強い人になれるのではないか」と、次第にプロレスラーへの憧れを強く抱き始めるようになった。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋弘至

    棚橋弘至から見たTAJIRI

    レッスルキングダムIIIの舞台で武藤を破り、長らく他団体に流出していたIWGP王座の奪還に成功し、3度目の戴冠を果たす。その後、中邑、カート・アングル、後藤洋央紀と対戦し3度の防衛に成功。一時は中西学に敗れて王座を手放すが、DOMINION 6.20にて中西に勝利し再び王座を奪還。以後、NOAH所属の杉浦貴、ZERO1所属の田中将斗、ハッスル所属のTAJIRIといった外敵らと抗争を繰り広げ始め、特にTAJIRIにはグリーンミストを浴びせられたことから強い敵意を示した。8月13日の愛知大会G1公式リーグ戦にてTAJIRIと対戦したがレフェリーのブラインドを突いたグリーンミストからのバズソーキックに敗れた。TAJIRIに土をついた棚橋だったが、G1では公式リーグ最終戦で田中を破り決勝トーナメントに進出。準決勝戦で中邑と対戦したがボマイェに敗れ優勝を逃した。さらに試合中に中邑が放ったハイキックによって眼窩内側壁骨折となり欠場、それに伴いIWGP王座の返上を発表した。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋弘至

    棚橋弘至から見たGILLE

    GILLE(ジル) 「Try Again」(2013年3月)棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋弘至

    棚橋弘至から見た越中詩郎

    健想が肺気胸のため欠場に入ると、3月より佐々木健介ともタッグを組みようになり新タナケンコンビを結成、5月2日東京ドーム大会では健介と共にスタイナー・ブラザーズ(リック・スタイナー & スコット・スタイナー)と対戦。6月20日に健介、復帰した健想、ブルー・ウルフを加えた4人で新ユニット発足を発表し、同月29日にスウィング・ロウズ(SWING-LOWS)と名づけた。7月31日、初出場を果たすG1 CLIMAX開幕を前に藤波辰爾に師事を仰ぎ、ドラゴン殺法を伝授されると。G1公式リーグ戦では越中詩郎、健介から殊勲の勝利を挙げた。10月、健介が新日本に辞表を提出したことで存続が危ぶまれていたスウィング・ロウズについて棚橋は「存続」を宣言したものの、翌日に健想が「解散」を一部のマスコミに告白したことで一時混乱状態に陥っていたが、11月14日にスウィング・ロウズの解散を正式に発表。さらに健想が高山善廣とタッグを組みたい意向を示したことで、KOTHも年内での解消を宣言した。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋弘至

    棚橋弘至から見たファーガル・デヴィット

    4月7日、INVASION ATTACKにてオカダのレインメーカーに敗れ、IWGP王座から陥落。再びIWGP戦線へ舞い戻ろうとする棚橋は、レスリングどんたく 2013にて同じ志を持つカール・アンダーソンと対戦。ハイフライフローで勝利を収めたが、試合終了直後にプリンス・デヴィット率いるBULLET CLUB(以下「BC」)の襲撃に遭ってしまい新たな遺恨が勃発。DOMINION 6.22にてデヴィットとシングルマッチで対戦するがBCメンバーの再三に渡る介入でペースを掴めず、最後はブラディ・サンデーに敗れた。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋弘至

    棚橋弘至から見た高寺成紀

    また、上記の『アメトーーク!』で過去に『仮面ライダークウガ』の主人公役のオファーがあったエピソードを明かしたが、番組放送後に当時東映のチーフプロデューサーであった高寺成紀がTwitter上で事実誤認であることを語っている。実際はテレビ番組の主役ではなく、獣神サンダー・ライガーを手本にした“プロレスラーの仮面ライダークウガ”を番組のプロモーションの一環として登場させようと、当時テレビ朝日のプロデューサーであった清水祐美が過去にスポーツ局に所属し、新日側と繋がりがあった事から交渉、棚橋が候補の一人であった事を明かしている。棚橋は2009年のインタビューの時点で新日側から「バイクの運転は出来るか?」と聞かれた事を明かしているが、東映やテレビ朝日側からの棚橋への直接的な交渉はなく、最終的に新日側の判断でレスラークウガの件を断っている。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋弘至

    棚橋弘至から見た小松辰雄

    1976年11月13日、岐阜県大垣市に生まれる。幼い頃にプロレス好きな祖母の影響でプロレスの存在を知ってテレビで見るようになり、学校の休み時間ではプロレスごっこに興じていた。一方で岐阜という土地柄から、中日ドラゴンズの大ファンで野球にも熱中し、小松辰雄、郭源治に憧れていた。岐阜県立大垣西高等学校では野球部に入部。左翼手を務めながら、将来の夢としてプロ野球選手になることを掲げていた。そんな中、高校1年生の頃に見た闘魂三銃士の試合、小橋建太の試合に感銘を受けた棚橋は、「プロレスラーになれば、心も体も強い人になれるのではないか」と、次第にプロレスラーへの憧れを強く抱き始めるようになった。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋弘至

    棚橋弘至から見た太陽ケア

    レッスルキングダムIIのメインにて中邑と対戦したがランドスライドに敗れIWGP王座から陥落。3月1日の全日本プロレス両国大会にて武藤とタッグを結成し、川田利明 & 太陽ケア組を相手に勝利。メイン終了後のリングでチャンピオン・カーニバルに参戦を表明した。ホームである新日本では、同月8日より開催されたNJCを史上初となる2度目の制覇を果たしIWGP王座挑戦権を獲得、3月30日後楽園大会にて中邑と対戦したが腕ひしぎ逆十字固めに敗れた。4月、全日本主催のチャンピオン・カーニバルに初出場。9日の公式リーグ最終戦で小島聡から勝利を収め決勝に進出し、決勝戦で諏訪魔と対戦したがラストライドに敗れ準優勝。17日、左膝前十字靭帯断裂および外側半月板損傷により以後欠場。8月に開幕されたG1の舞台で復帰を果たすも、精彩を欠き予選落ちに終わった。9月には新日本内で急激に勢力を拡大させるG・B・Hに対抗すべく、対立関係にあった中邑がリーダーを務めるユニット、RISEと本隊との橋渡し役となるも、その後は然したる活躍もないままトップ戦線から遠のいた存在にまで陥る。10月26日にスランプ打破のため、無期限アメリカ遠征に出発。現地TNAの一員として試合をこなしていく中、菅林直樹社長から全日本・武藤が保持するIWGP王座を奪回するため、次期IWGP王座挑戦者として直々に指名を受ける。「打開策を自分が納得するまで見つけ続けたい」と、当初は答えを保留していたが、最終的に翌年東京ドーム大会でのIWGP王座挑戦を受理した。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

248件中 81 - 90件表示

「棚橋弘至」のニューストピックワード