114件中 81 - 90件表示
  • 棚橋 弘至(提携)

    棚橋弘至から見たサマーナイトフィーバー in 両国 WE ARE PRO-WRESTLING LOVE!

    2月12日、凱旋帰国して間もないオカダ・カズチカと対戦するも、オカダのレインメーカーで沈み防衛に失敗。長らく保持していたIWGP王座を手放したが、6月16日にリマッチ権を行使し再びオカダと対峙。最後はハイフライフローで勝利し第58代王者に就いた。尚、同王座6回目の戴冠は藤波辰爾と並ぶタイ記録となる。7月1日、全日本プロレスとの創立40周年記念大会「サマーナイトフィーバー in 両国 WE ARE PRO-WRESTLING LOVE!」のトリプルメインイベントで大トリを飾り真壁刀義とタイトルマッチで対戦。これに勝利を収め初防衛に成功。そしてこの結果により棚橋の同王座の通算防衛記録が21回を更新。橋本真也の同記録20回を越したことで最多通算防衛記録者となった。7月22日には田中将斗の挑戦を退けたのを皮切りに丸藤正道、鈴木みのる、高橋裕二郎と立て続けに防衛に成功する。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋 弘至(提携)

    棚橋弘至から見たストロングスタイル

    師である藤波辰爾のドラゴン殺法や武藤敬司から影響を受けた技が多いが、これら以外にもクイック技を好んで使う。ナルシストキャラの確立後は要所で手を広げながらファンに歓声を求めるといった行動や自身も大ファンである仮面ライダーから影響を受けたアピールなどが目立ち始めている。また、新日本の創設者であるアントニオ猪木が提唱したストロングスタイルについては否定しており「オールドスタイルのアメリカンスタイルが好き」とインタビューで告白している。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋 弘至(提携)

    棚橋弘至から見たヒール (プロレス)

    8月に行われたG1では、初戦こそ永田のバックドロップホールドで敗れるも、その後は勝ち星を積み重ねていく。しかし、9日目の矢野通戦ではヒールであるはずの矢野が歓声を浴び、棚橋にブーイングが起こる「逆転現象」が発生。初戦以来の敗北を喫し、最終日では内藤哲也のポルボ・デ・エストレージャに捕まり敗北、予選落ちとなった。その後、G1を制した中邑、内藤、矢野の挑戦を退け、12月4日にIWGPヘビー級王座連続防衛記録を持つ永田と再戦。これに勝利を収めて10度目の防衛に成功。12月14日にはその功績が讃えられて、2009年以来2度目となるプロレス大賞最優秀選手賞を受賞。試合内容のみならず、営業姿勢やファンサービスなど多方面から評価を受けた。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋 弘至(提携)

    棚橋弘至から見たデスマッチ

    2010年2月14日の試合後、矢野通からハサミで髪を切られる被害を受けたことから遺恨が勃発。6月19日、ルーザー・ボールド・ルールで完全決着を果たすべく矢野と対戦。最後は回転十字架固めで矢野からピンフォールを奪い取り勝利を飾った。試合後、抵抗する矢野にTAJIRIが救援に駆けつけ、TAJIRIが矢野を羽交い絞めにする中、ようやく髪の毛を刈ることに成功。さらにTAJIRIと握手を交わしタッグを結成した。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋 弘至(提携)

    棚橋弘至から見たフォール技

    スリング・ブレイドからすばやく回転十字固めを決める技。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋 弘至(提携)

    棚橋弘至から見た仮面ライダーシリーズ

    師である藤波辰爾のドラゴン殺法や武藤敬司から影響を受けた技が多いが、これら以外にもクイック技を好んで使う。ナルシストキャラの確立後は要所で手を広げながらファンに歓声を求めるといった行動や自身も大ファンである仮面ライダーから影響を受けたアピールなどが目立ち始めている。また、新日本の創設者であるアントニオ猪木が提唱したストロングスタイルについては否定しており「オールドスタイルのアメリカンスタイルが好き」とインタビューで告白している。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋 弘至(提携)

    棚橋弘至から見たラリアット

    以前のフィニッシュムーブ。旋回式のフライング・ネックブリーカー・ドロップ。ロープへ走り込んでからの反動を使って相手の前方から飛びつき、スリーパーホールドの様に相手の頭を抱えてリングに叩き付ける。フィニッシュにしていた時期は、説得力を与える事が出来ず観客からブーイングを受けていたが、タイトルマッチ等で相手の肩の上に担ぎ上げられた状態で繰り出したり、スリーパーホールドやレインメーカー等の相手の必殺技に対してその場飛びでの使用、背後から仕掛けフェース・クラッシャーに持ち込むリバース・スイング・ブレイドなど、さまざまな切り返し方で使用するようになりファンからの評価も高まりつつある。完全なオリジナルではなく、棚橋が開発する前からDRAGON GATEの吉野正人が繋ぎ技として使っていた。2011年2月10日放送のタモリ倶楽部に出演し、タモリや玉袋筋太郎等の前でこの技を披露。この時は「相手の首に左腕を引っ掛けて、空中で一回転しながら(した後)、右腕でラリアットをぶち込む。」と説明していた。また、同じく出演していた森本レオから「(この技を)誰が考えたの?」と質問された際、棚橋本人は「夢で見ました。」と発言しているため、吉野正人が先に使用していたのを知らなかった可能性がある。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋 弘至(提携)

    棚橋弘至から見たオカダ・カズチカ

    2月12日、凱旋帰国して間もないオカダ・カズチカと対戦するも、オカダのレインメーカーで沈み防衛に失敗。長らく保持していたIWGP王座を手放したが、6月16日にリマッチ権を行使し再びオカダと対峙。最後はハイフライフローで勝利し第58代王者に就いた。尚、同王座6回目の戴冠は藤波辰爾と並ぶタイ記録となる。7月1日、全日本プロレスとの創立40周年記念大会「サマーナイトフィーバー in 両国 WE ARE PRO-WRESTLING LOVE!」のトリプルメインイベントで大トリを飾り真壁刀義とタイトルマッチで対戦。これに勝利を収め初防衛に成功。そしてこの結果により棚橋の同王座の通算防衛記録が21回を更新。橋本真也の同記録20回を越したことで最多通算防衛記録者となった。7月22日には田中将斗の挑戦を退けたのを皮切りに丸藤正道、鈴木みのる、高橋裕二郎と立て続けに防衛に成功する。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋 弘至(提携)

    棚橋弘至から見たメタルマックス3

    メタルマックス3 - 実写広告にて、作中の職業「レスラー」役で参加棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋 弘至(提携)

    棚橋弘至から見た仮面ライダーフォーゼ

    仮面ライダーフォーゼのセリフ。○には地名などが入る。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

114件中 81 - 90件表示

「棚橋弘至」のニューストピックワード