220件中 91 - 100件表示
  • うきは〜少年たちの夏〜

    うきは〜少年たちの夏〜から見た日本棚田百選棚田

    日本棚田百選に選ばれる美しい棚田をもつ福岡県浮羽町(現うきは市)。しかし町は過疎化が進んでいた。町の生き残りのために全校生徒44人の小さな小学校で衛星回線を使った博多の小学校との交流授業を始める。小学校に通う健作と亮太はそこでモニターに映った「前島うきは」という美しい少女に一目ぼれをする。ふたりは自分たちの住む町と同じ名前を持つ都会の少女に町のすばらしさを分かってもらうために、ひと夏、さまざまな体験を重ねる。うきは〜少年たちの夏〜 フレッシュアイペディアより)

  • やぶさめのため池

    やぶさめのため池から見た棚田棚田

    この地の棚田が流鏑馬の場として使用されていたことに由来しており、近隣の市山八幡宮建立当初由緒ある地でもあったが昭和末期に耕作が放棄され原野となっていた。やぶさめのため池 フレッシュアイペディアより)

  • ブルネイの歴史

    ブルネイの歴史から見た棚田棚田

    (1) の条件は絶対的である。近代に到るまでブルネイを含む東南アジアでは、農業における土地生産性は温帯諸地域に比べ極端に低かった。というのも、熱帯雨林の土壌は栄養塩類の溶脱が激しいため農業には不向きであり、それよりも生産性の低い小規模農耕、たとえば山岳部の照葉樹林地帯における陸稲や小規模な棚田におけるジャポニカ種の水稲栽培、熱帯雨林ではあっても溶脱した栄養塩類が集積する低湿地におけるサゴヤシ栽培、生産性が低く何年も継続耕作すると地力消耗が起きてしまうが、短期的には森林土壌に森林バイオマスにトラップされた栄養塩類を注ぎ込むことができる焼き畑におけるイモ類栽培といったものが、農業の基盤となってきたからである。現代においては人口過剰な東南アジアという像が確立しているが、これは比較的最近になってから大河の河口デルタ地帯でインディカ種の水稲栽培を行う大規模な稲作地帯が開墾されてからの現象である。そのため食糧生産基盤が脆弱だった19世紀に至るまでは大陸部のデルタを含む東南アジアは、他地域と比べ人口過疎地域だったのである。一方、熱帯雨林は野生生物の多様性が極めて高く、熱帯特有の動植物、特に他の地域に例を見ない香辛料や薬用植物、高価な工芸用木材などといった付加価値が高い天然生物資源を産するため、より生物多様性の低い近接したふたつの高度文明地帯、すなわちインドと中国を交易対象とした天然資源の採取という形での資源開発は進み、交易を基盤とした王朝や文化が花開いた。ブルネイの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 長尾 (川崎市)

    長尾 (川崎市)から見た棚田棚田

    江戸時代の初期には旗本の村上氏・大河内氏・木造氏の三給の地となるが、のちに天領となっている。多摩川の流れが北へ移ったことで河内長尾の地が生まれ、二ヶ領用水も作られて新田開発もなされたが、もともと多摩川であった土地のため、氾濫にたびたび襲われた。農地としては田より畑が多かったが、谷あいに棚田も作られた。農産物としては穀物以外に、明和年間以降にサツマイモが作られ、幕末には養蚕が行われたが、寛永以降には貨幣経済に組み込まれ、農地の質入れや農間の余業として商工業に従事する農家も現れた。長尾 (川崎市) フレッシュアイペディアより)

  • 久末 (川崎市)

    久末 (川崎市)から見た棚田棚田

    当地は、江戸時代を通じて旗本の佐橋氏領であった。村高は、正保期の『武蔵田園簿』で229石あまり、『元禄郷帳』で329石あまり、『天保郷帳』では375石あまり、幕末の『旧高旧領取調帳』では376石あまりというように推移していた。川沿いと谷戸に水田があり、台地上は畑となっていたが、川沿いでは水害に襲われ、谷戸田は棚田で水利は天水に頼っていたため、干害に悩まされた。久末 (川崎市) フレッシュアイペディアより)

  • 紅河ハニ棚田

    紅河ハニ棚田から見た棚田棚田

    紅河ハニ棚田(こうがハニたなだ、)は、中華人民共和国雲南省紅河ハニ族イ族自治州内に広がる棚田群。紅河ハニ棚田 フレッシュアイペディアより)

  • 久須部渓谷

    久須部渓谷から見た日本の棚田百選棚田

    西ヶ岡の棚田(日本の棚田百選久須部渓谷 フレッシュアイペディアより)

  • うへ山の棚田

    うへ山の棚田から見た棚田棚田

    うへ山の棚田(うえやまのたなだ)は、兵庫県美方郡香美町小代区貫田(ぬきだ)にある棚田うへ山の棚田 フレッシュアイペディアより)

  • ヒエラポリス-パムッカレ

    ヒエラポリス-パムッカレから見た棚田棚田

    二酸化炭素を含む弱酸性の雨水が台地を作っている石灰岩中に浸透し、炭酸カルシウムを溶かした地下水となる。その地下水が地熱で温められて地表に湧き出て温泉となり、その温水中から炭酸カルシウム(石灰)が沈殿して、純白の棚田のような景観を作り出したものである。ヒエラポリス-パムッカレ フレッシュアイペディアより)

  • 文化遺産保護制度

    文化遺産保護制度から見た棚田棚田

    2002年(平成14年)の文化審議会の答申では、棚田や里山のような文化的景観、近代工業製品、研究の成果物等の産業的・学術的な遺産、近代の生活用具などの保護が新たな課題として指摘された。文化的景観の概念は1992年に世界遺産に取り入れられたもので、日本の文化遺産保護制度への導入について検討委員会による検討が行われ、この結果を踏まえて2004年(平成16年)に文化財保護法の一部が改正され翌年施行された。主要な改正点は、文化的景観を文化財の一種として新たに位置付けた上で重要文化的景観の制度を設けたこと、民俗技術を民俗文化財として位置付け保護の対象としたこと、登録制度の対象を従前の建造物に加え、建造物以外の有形文化財、登録有形民俗文化財、登録記念物にも拡充したことである。文化遺産保護制度 フレッシュアイペディアより)

220件中 91 - 100件表示

「棚田」のニューストピックワード