295件中 101 - 110件表示
  • 主食

    主食から見た棚田棚田

    古い時代は上級武士や貴族、庶民を問わず、玄米あるいはそれらに雑穀を混ぜた飯を常食としたといわれ、江戸時代頃から大都市で白米の飯を食する習慣が広まり、日本人の主食は米と考えられてきた。しかし、少なくとも昭和30年代(1955年-1964年)までは、大半の日本人が米を常食とすることはできず、実際には主食とはいえなかった。米を最も重要な食べ物としこれを主食とする観念は、稲作儀礼が体系的かつ広範に見られることや、山間部でも盛んに棚田が開かれていることからもうかがえ、これらは稲作や米飯への希求の表れであるが、江戸時代には政治経済の中心に米が置かれたことも大きいといえる。こうした観念上の主食に対し、日常の食べ物で中心となるものである(冒頭の定義に従った)実際の主食は、複数の穀物などを組み合わせたものであった。すなわち、庶民階層では雑穀、芋類、豆類、根菜等、米以外のもの、あるいはそれにわずかばかりの米を混ぜたかて飯や粥が常食だった。主食 フレッシュアイペディアより)

  • 誕生寺川

    誕生寺川から見た棚田棚田

    上籾・北庄地区の棚田(日本棚田百選)誕生寺川 フレッシュアイペディアより)

  • 日本架空説

    日本架空説から見た棚田棚田

    岩永辰尾の写真集『天界の郷』に収録された長野県下伊那郡上村の棚田の風景に魅せられたさだが、棚田の1枚1枚すべての水面に月が映る「田毎の月」の美しさを歌った作品。日本架空説 フレッシュアイペディアより)

  • マツ材線虫病

    マツ材線虫病から見た棚田棚田

    里山林としてのアカマツ林は、例えば京都の社寺における借景など景観の重要な要素ともなり、日本文化の中で無視できない位置を占める。アカマツ林は燃料などの供給源として成立したものだが、文化的観点からは単なる時代遅れの資源供給源として代替の効く存在ではない。その点においては生産手段としては必ずしも効率的ではない棚田と類似点がある。マツ材線虫病 フレッシュアイペディアより)

  • 清水町 (和歌山県)

    清水町 (和歌山県)から見た棚田棚田

    嶋地区にある扇形の棚田である。江戸時代初期の明暦年間に庄屋の笠松左太夫が開墾し、江戸時代における棚田の代表例とされている。日本の棚田百選に選ばれている。別名を蘭島(あらぎしま)ともいい現在ではむしろこの名のほうが通りがよい。この嶋新田を有する清水集落(清水町)と隣接する三田集落は、清水町廃止後の2013年に「蘭島及び三田・清水の農山村景観」の名称で国の重要文化的景観として選定されている。清水町 (和歌山県) フレッシュアイペディアより)

  • 神浦川

    神浦川から見た棚田棚田

    神浦ダム下流の右岸に広がる棚田神浦川 フレッシュアイペディアより)

  • 三草山

    三草山から見た棚田棚田

    この山の北側には、他に例のないガマ式水路を300ヶ所ももつ棚田が残っており、古くからの里山的景観を残しているこの棚田を長谷の棚田という。この長谷の棚田は、三草山から流れ出す急峻な渓流を石積みで囲いその上に耕土を置いて棚田とする構成が特徴で、文禄年間以前の物と比定される伝統的な石積みの地元住民による整備・維持なども相まって「日本の棚田百選」に選ばれており、貴重な農業土木の文化遺産として知られている。現在は貸農園として使われていることも多く、町外の住民が地域住民とともに米作りや野菜作りをしたり、藁葺屋根の農家が点在している事からそれを絵にする人や写真におさめる人々が数多く訪れているという。三草山 フレッシュアイペディアより)

  • 三草山

    三草山から見た日本の棚田百選棚田

    この山の北側には、他に例のないガマ式水路を300ヶ所ももつ棚田が残っており、古くからの里山的景観を残しているこの棚田を長谷の棚田という。この長谷の棚田は、三草山から流れ出す急峻な渓流を石積みで囲いその上に耕土を置いて棚田とする構成が特徴で、文禄年間以前の物と比定される伝統的な石積みの地元住民による整備・維持なども相まって「日本の棚田百選」に選ばれており、貴重な農業土木の文化遺産として知られている。現在は貸農園として使われていることも多く、町外の住民が地域住民とともに米作りや野菜作りをしたり、藁葺屋根の農家が点在している事からそれを絵にする人や写真におさめる人々が数多く訪れているという。三草山 フレッシュアイペディアより)

  • 三草山

    三草山から見た日本棚田百選棚田

    三草山は大阪府豊能郡能勢町と兵庫県川辺郡猪名川町の府県境に位置(ただし、山頂の二等三角点設置場所は能勢町上杉並びに長谷の両地区にある)する、標高564.0mの、ナラガシワなどの広葉樹を主体とした雑木林に多種多様な生物種が暮らすなだらかな独立峰の山である。その自然の豊かさと生息する希少種の存在を保護する目的から大阪府自然環境保全条例に基づく府緑地環境保全地域の指定を受けているため動植物の採集はできない。山の北側には日本棚田百選に選ばれた長谷の棚田が広がっている他、山裾を中心に、付近には、木喰上人の笑いの木仏を最も多く保有していることで知られる東光寺などの社寺や岩坪古墳などの古墳等の歴史・文化遺産が分布している。三草山 フレッシュアイペディアより)

  • 北浦広域農道

    北浦広域農道から見た棚田棚田

    この農道の起点は長門市の国道191号と山口県道286号との交差点から北西向きに向かうところから始まり、川尻岬まで進む。山陰本線を跨いだ後は概ね農地の広がりを見せながらその中を横切っていき、その後山岳部の中を入る。ここから棚田式の農地が多く存在していてしばらくこのような光景が続く。この途中で妙見山を東側から見渡せるが西側の油谷湾は線形上眺めはあまりよくない。その油谷湾沖に山口県道66号が走り、やがてこの農道と県道66号はすれ違う。農道はその先も続き大浜海水浴場の横を通りながら日本海を見渡し、終点である川尻岬の方まで結ぶ。北浦広域農道 フレッシュアイペディアより)

295件中 101 - 110件表示

「棚田」のニューストピックワード