295件中 131 - 140件表示
  • 主体農法

    主体農法から見た棚田棚田

    例を挙げれば、「食料が足りないなら山林を農地に変えればよい」とする単純な理論を振りかざし、山を切り開いて棚田やトウモロコシ畑を造ることになったのだが、金日成が土留めのない田畑を造ることを指示したがために少し雨が降っただけでその田畑は崩壊したという話がある。このような強引な農法により山は禿山となり、山の土砂が川に流れ込んで水位が上がり、ひいては洪水が多発する原因となった。トウモロコシ畑においては連作障害を引き起こし、増産という目的に反し不作、ひいては食糧難を招くこととなった。また洪水の影響で大量の土砂が海に流れ込み、海岸の生態系が破壊されてしまったため漁業にまで不振に陥ることとなってしまった。主体農法 フレッシュアイペディアより)

  • 北松浦半島

    北松浦半島から見た棚田棚田

    北は伊万里湾に面し、西は平戸瀬戸を挟んで平戸島に接しており、南西端は佐世保湾に属する。古〜新第三紀の堆積岩層を覆って、北松浦玄武岩と呼ばれる中新世の玄武岩が覆い、典型的な玄武岩台地を形成している。起伏が緩やかな台地面、それを包囲する急斜面、そして緩斜面が下部に続くという地形が至る所に見られる。緩斜面上には湧水が多いため、棚田が発達している。一方で、古くから地すべりの被害が多く、その跡地を利用してため池や水田開発も行われている。この地域にみられる地滑りは北松型地すべりと呼ばれる。北松浦半島 フレッシュアイペディアより)

  • ヒエラポリス-パムッカレ

    ヒエラポリス-パムッカレから見た棚田棚田

    二酸化炭素を含む弱酸性の雨水が台地を作っている石灰岩中に浸透し、炭酸カルシウムを溶かした地下水となる。その地下水が地熱で温められて地表に湧き出て温泉となり、その温水中から炭酸カルシウム(石灰)が沈殿して、純白の棚田のような景観を作り出したものである。ヒエラポリス-パムッカレ フレッシュアイペディアより)

  • 佐々生佳典

    佐々生佳典から見た棚田棚田

    ※浜田市三隅町からの中継で、アナウンサーの井上裕貴(現・東京アナウンス室)、ホーム・チームと共に棚田や石見神楽の様子をリポートしていた。佐々生佳典 フレッシュアイペディアより)

  • 大木地区 (泉佐野市)

    大木地区 (泉佐野市)から見た棚田棚田

    和泉山脈から流れ出た樫井川が開削した河川敷(河岸段丘)に形成されたため池や石積みの棚田・灌漑水路を含む集落の農山村景観および犬鳴山七宝瀧寺と国指定史跡の日根荘遺跡が「日根荘大木の農村景観」の名称で文化財保護法に基づく重要文化的景観に選定されている。大木地区 (泉佐野市) フレッシュアイペディアより)

  • 鉄穴流し

    鉄穴流しから見た棚田棚田

    鉄穴流しによる砂鉄採集方法は悪影響と良い影響との二つをもたらす。まず、悪影響は鉄穴流しによって河川下流域に大量の土砂が流出してしまうことである。これによって、下流域の農業灌漑用水に悪影響を与えてしまう。そのため、一時期は禁止になっていたものの、鉄山で働く労働者の強い要請や藩財政を安定させるためにも復活される。その悪影響の解決方法は、鉄穴流しをおこなう期間は農閑期である秋から春までと定めることであった。この解決策は農閑期における農民の臨時的な仕事となり、良い収入源となった。良き影響は、鉄穴流しの水路、池跡地や、河川下流域は流出する大量の土砂によって堆積し平地となることである。その平地は田畑として耕地され、たたら集団の食糧を補った。現在、中国山地で棚田として残っている多くのものは、この影響によって耕地されたものである。鉄穴流し フレッシュアイペディアより)

  • 大垪和村

    大垪和村から見た棚田棚田

    大垪和西の棚田(日本棚田百選)大垪和村 フレッシュアイペディアより)

  • 垪和

    垪和から見た棚田棚田

    岡山県中部に位置し、南西を旭川、東を国道53号、北を国道429号で囲まれた標高300メートル以上の高地を開拓して成り立っている。急峻な斜面に築かれた棚田は有名で、隣接する久米南町籾などと共に、山上の隠れ里といった土地になっている。垪和 フレッシュアイペディアより)

  • 西彼杵半島

    西彼杵半島から見た棚田棚田

    平地に乏しいため段々畑が多く、神浦の大中尾地区など棚田が作られた地域もある。ミカン・ブドウ(巨峰)・サツマイモ・スイカなどの栽培が盛んである。また中央部の山地を中心に畜産業、大村湾では真珠養殖も行われている。西彼杵半島 フレッシュアイペディアより)

  • 樫原の棚田

    樫原の棚田から見た棚田棚田

    樫原の棚田(かしはらのたなだ)は、徳島県上勝町大字生実の樫原地区(標高500?700m)で剣山地の急斜面に形成された棚田。下樫原・中樫原・上樫原の三集落と合わせ「樫原の棚田及び農村景観」の名称で文化財保護法による重要文化的景観に選定されている。樫原の棚田 フレッシュアイペディアより)

295件中 131 - 140件表示

「棚田」のニューストピックワード