295件中 141 - 150件表示
  • 仁多米

    仁多米から見た棚田棚田

    山陰地方の日本海側気候で、標高300?500mの棚田は日本の棚田百選(大原新田)にも選ばれ稲の登熟期には日較差が大きいため米の澱粉蓄積量も大きく、蛋白質が増えないという高品質・良食味の生産条件が整っている。夏期の日較差は、魚沼地域より1℃大きく、病害虫の発生が少ないという好条件にも恵まれている。米は田植えから収穫までに、1反当り150tの水を必要とするため、水源として雪解けの花崗岩からミネラル分豊富な岩清水が豊富に湧き出ている。土壌はしまね和牛飼育が盛んのため堆肥投入による有機質豊富な昔ながらの土づくりが行われている。仁多米 フレッシュアイペディアより)

  • 平戸島

    平戸島から見た棚田棚田

    2010年(平成22年)、島の東岸に位置する宝亀(ほうき)・田崎・神鳥(かんどり)・迎(むかえ)・紐差(ひもさし)の集落と前ノ島・平子島・黒島・野島、西岸に点在する春日・獅子・根獅子(ねしこ)の棚田、安満岳と生月島を含む約1,100ヘクタールが、隠れキリシタンの伝統と棚田群等の独特の景観を保持していることから重要文化的景観の「生月・平戸の文化的景観」として選定され、同年の内に平戸西岸の飯良(いいら)地区と平戸・生月の西岸沖、平戸・生月間の海峡である辰ノ瀬戸および中江ノ島など海洋域が追加選定され「平戸島の文化的景観」に名称変更した。平戸島 フレッシュアイペディアより)

  • 紅河ハニ棚田

    紅河ハニ棚田から見た棚田棚田

    紅河ハニ棚田(こうがハニたなだ、)は、中華人民共和国雲南省紅河ハニ族イ族自治州内に広がる棚田群。紅河ハニ棚田 フレッシュアイペディアより)

  • 田染荘

    田染荘から見た棚田棚田

    田染荘の小崎地区には、国東半島の谷筋にあるため、狭隘な谷間に細かく区画された棚田が形成されている。この景色は、平安時代あるいは鎌倉時代から集落や水田の位置がほとんど変わらずに残されているものであるという。現代に入っても、大規模なほ場整備やコンクリートの用水路などを選ばず、親水性の小川や遊歩道的な農道を設けることにより、田染荘の景観を維持・保存する努力が続けられている。2010年には地区内の92ヘクタールが文化財保護法に基づき、「田染荘小崎の農村景観」の名称で国の重要文化的景観として選定された。また、近年では、農作業体験や農家民泊などのアグリツーリズムにより地域を活性化する試みが始められている。田染荘 フレッシュアイペディアより)

  • 小辺路

    小辺路から見た棚田棚田

    三浦峠登り口の三浦口へは杉清から神納川沿いに下流に向かい、五百瀬の小学校近くの橋で川を渡る。三浦口集落の棚田の間を抜けると九十九折の坂がはじまる。三浦峠北側には2点の自然石道標が知られており、それぞれ川から25丁および30丁のところにある。30丁石の傍らには、船形光背の石造半肉彫り地蔵道標もある。小辺路 フレッシュアイペディアより)

  • ブルネイの歴史

    ブルネイの歴史から見た棚田棚田

    (1) の条件は絶対的である。近代に到るまでブルネイを含む東南アジアでは、農業における土地生産性は温帯諸地域に比べ極端に低かった。というのも、熱帯雨林の土壌は栄養塩類の溶脱が激しいため農業には不向きであり、それよりも生産性の低い小規模農耕、たとえば山岳部の照葉樹林地帯における陸稲や小規模な棚田におけるジャポニカ種の水稲栽培、熱帯雨林ではあっても溶脱した栄養塩類が集積する低湿地におけるサゴヤシ栽培、生産性が低く何年も継続耕作すると地力消耗が起きてしまうが、短期的には森林土壌に森林バイオマスにトラップされた栄養塩類を注ぎ込むことができる焼き畑におけるイモ類栽培といったものが、農業の基盤となってきたからである。現代においては人口過剰な東南アジアという像が確立しているが、これは比較的最近になってから大河の河口デルタ地帯でインディカ種の水稲栽培を行う大規模な稲作地帯が開墾されてからの現象である。そのため食糧生産基盤が脆弱だった19世紀に至るまでは大陸部のデルタを含む東南アジアは、他地域と比べ人口過疎地域だったのである。一方、熱帯雨林は野生生物の多様性が極めて高く、熱帯特有の動植物、特に他の地域に例を見ない香辛料や薬用植物、高価な工芸用木材などといった付加価値が高い天然生物資源を産するため、より生物多様性の低い近接したふたつの高度文明地帯、すなわちインドと中国を交易対象とした天然資源の採取という形での資源開発は進み、交易を基盤とした王朝や文化が花開いた。ブルネイの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 道の駅茶倉駅

    道の駅茶倉駅から見た棚田棚田

    深野の棚田 - 日本の棚田百選に選ばれている。地元では「石の芸術」と称している。道の駅茶倉駅 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ大陸史

    アメリカ大陸史から見た棚田棚田

    ケチュア語の「タワンティン・スウユ」すなわち「4つの地域の土地」として知られるインカ文化は高度に傑出し発展した。都市は正確で無類の石造りであり、山岳の多くの高度に合わせて建設された。棚畑が利用可能な農業形態だった。優れた金属加工の証拠があり、脳手術までが成功していた。アメリカ大陸史 フレッシュアイペディアより)

  • 道の駅しみず

    道の駅しみずから見た棚田棚田

    蘭島(あらぎじま) - 日本の棚田百選に選ばれた棚田道の駅しみず フレッシュアイペディアより)

  • 道の駅しみず

    道の駅しみずから見た日本の棚田百選棚田

    蘭島(あらぎじま) - 日本の棚田百選に選ばれた棚田道の駅しみず フレッシュアイペディアより)

295件中 141 - 150件表示

「棚田」のニューストピックワード