295件中 41 - 50件表示
  • 丸山千枚田

    丸山千枚田から見た千枚田棚田

    千枚田と言われるが、実際には高低差160m(標高90-250m)の谷合に約1,340枚(7ha)の棚田がある。最も小さい田は、1枚で0.5m2しかない。棚田の法面は野面積み(のづらづみ)を主とした石積みであり、西日本に多く見られる方式である。丸山千枚田 フレッシュアイペディアより)

  • 久末 (川崎市)

    久末 (川崎市)から見た棚田棚田

    当地は、江戸時代を通じて旗本の佐橋氏領であった。村高は、正保期の『武蔵田園簿』で229石あまり、『元禄郷帳』で329石あまり、『天保郷帳』では375石あまり、幕末の『旧高旧領取調帳』では376石あまりというように推移していた。川沿いと谷戸に水田があり、台地上は畑となっていたが、川沿いでは水害に襲われ、谷戸田は棚田で水利は天水に頼っていたため、干害に悩まされた。久末 (川崎市) フレッシュアイペディアより)

  • 富山県道306号平阿尾線

    富山県道306号平阿尾線から見た棚田棚田

    長坂の棚田(日本の棚田百選富山県道306号平阿尾線 フレッシュアイペディアより)

  • HAZAN

    HAZANから見た棚田棚田

    東京・田端の波山邸のロケーション撮影は茨城県西茨城郡友部町上市原(現在の笠間市上市原)で行われた。周囲は小高い丘で棚田の残るところであった。HAZAN フレッシュアイペディアより)

  • 畑中権内

    畑中権内から見た棚田棚田

    権内は宝暦3年(1753年)に庄屋の家柄に生まれる。だが、当時の車作の耕作地は安威川下流に向かって棚田になっており、そのため水が行き通らず、水不足のため凶作ばかり続いた。米が作れる土地は安威川付近のわずかな土地だけに限られたのも、村人達が大変苦しんだ原因であった。それを見た権内は自ら救おうと率先して用水路の開削を計画した。畑中権内 フレッシュアイペディアより)

  • 長尾 (川崎市)

    長尾 (川崎市)から見た棚田棚田

    江戸時代の初期には旗本の村上氏・大河内氏・木造氏の三給の地となるが、のちに天領となっている。多摩川の流れが北へ移ったことで河内長尾の地が生まれ、二ヶ領用水も作られて新田開発もなされたが、もともと多摩川であった土地のため、氾濫にたびたび襲われた。農地としては田より畑が多かったが、谷あいに棚田も作られた。農産物としては穀物以外に、明和年間以降にサツマイモが作られ、幕末には養蚕が行われたが、寛永以降には貨幣経済に組み込まれ、農地の質入れや農間の余業として商工業に従事する農家も現れた。長尾 (川崎市) フレッシュアイペディアより)

  • 柿木村

    柿木村から見た棚田棚田

    有機農業が盛んで、日本の棚田100選に選ばれた「大井谷の棚田」、高盛り飯を食べる伝統行事「萬歳楽」などが有名。柿木村 フレッシュアイペディアより)

  • ECOPLUS

    ECOPLUSから見た棚田棚田

    2009年(平成21年) - 7月19日、棚田草刈りアート日本選手権大会開催(南魚沼市栃窪)ECOPLUS フレッシュアイペディアより)

  • 五百峠

    五百峠から見た棚田棚田

    かつてのルートは郷谷往来(郡道小松新丸線)と呼ばれ、現在の尾小屋町から、尾小屋鉱山資料館に併設されたポッポ汽車展示館付近に位置する白山市阿手町(旧石川郡鳥越村阿手)に至るルートとの交差点を南に分岐し、丸山道と呼ばれた集落跡や現在の大倉岳高原スキー場付近にあった500枚の小さな棚田を経て、更に20以上の九十九折りの急坂を行くものであったが、1919年(大正8年)以降10年に渡り、五百峠トンネルの開鑿などといった大工事を行い、自動車が通行できる現在のルートとなった。五百峠 フレッシュアイペディアより)

  • 彼杵川

    彼杵川から見た棚田棚田

    長崎県東彼杵町と佐賀県嬉野市の境をなす台地「大野原」(おおのばる)の北西部を水源とする。大野原は森林と原野が広がる標高350-550m程度のなだらかな台地で、陸上自衛隊大野原演習場・茶畑(そのぎ茶)・棚田などに利用されている。また、ここにはため池の中山池・太ノ原池・平山池がある。本流は佐賀県境に近接した中山池に一旦溜まり、北西へ流れ出す。彼杵川 フレッシュアイペディアより)

295件中 41 - 50件表示

「棚田」のニューストピックワード