107件中 11 - 20件表示
  • 棚田

    棚田から見た玄海町

    浜野浦(玄海町棚田 フレッシュアイペディアより)

  • 棚田

    棚田から見たオプション取引

    棚田の景観を維持、または、観光地としてのリピーター醸成のためにオーナー制度を導入している地域が多数存在する。根拠法は市民農園整備促進法や特定農地貸付法。「オーナー」は期限付きであり、農民の小作化ではない。農民以外が農地を取得するのは、農地法上問題であるため、「オーナー」とは名ばかりであり、不動産取引でもない。すなわち、「オーナー制度」はオプション取引にあたり、農村の副収入増加とリスクヘッジを達成できる。棚田 フレッシュアイペディアより)

  • 棚田

    棚田から見た八代市

    日光(にちこうのたなだ 八代市棚田 フレッシュアイペディアより)

  • 棚田

    棚田から見た由布市

    由布川奥詰(由布市棚田 フレッシュアイペディアより)

  • 棚田

    棚田から見たブランド

    棚田では、その排水能力の高さから、ワサビなどの付加価値の高い商品作物を栽培している例も多い。また、棚田でとれた米であることを前面に出してアピールしブランド商品化している例もある。棚田 フレッシュアイペディアより)

  • 棚田

    棚田から見た景観

    棚田はかつて平野が少ない山間部や海岸部の食料自給に貢献し、現代でも景観や生物的多様性の保持に大きな役割を担っている。だが米が余剰になるにつれ、耕作効率の悪さから作付けが放棄される例が増えている。農水省は2005年で棚田の面積調査を中断したが、早稲田大学名誉教授(地質学)である中島峰広の推計によると、全国にある水田の約1割にあたる15万haが棚田で、この30年間で4割が消えた。上記の「棚田の高付加価値化」や、後述の「日本の代表的な棚田」で解説されているように、棚田栽培米のブランド化やオーナー制導入、機械化などにより棚田の保全する取り組みが各地で模索されている。棚田 フレッシュアイペディアより)

  • 棚田

    棚田から見た古墳時代

    群馬県沼田市で、古墳時代後期(6世紀中頃)の棚田遺構が見つかっている。棚田 フレッシュアイペディアより)

  • 棚田

    棚田から見た中華人民共和国

    世界各国で、米作を行っている山間地域には、ほぼ棚田のような耕作地を見ることができる。中華人民共和国、フィリピンの棚田は特に有名である。棚田 フレッシュアイペディアより)

  • 棚田

    棚田から見た稲作

    棚田(たなだ)とは、傾斜地にある稲作地のこと。傾斜がきつく耕作単位が狭い状態において、水平に保たれた田が規則的に集積し、それらが一望の下にある場合は千枚田(せんまいだ)とも呼ばれる。英語では、 rice terraces と表現される。棚田 フレッシュアイペディアより)

  • 棚田

    棚田から見た蕨野の棚田

    蕨野(唐津市) - 2008年、重要文化的景観として選定棚田 フレッシュアイペディアより)

107件中 11 - 20件表示

「棚田」のニューストピックワード