107件中 31 - 40件表示
  • 棚田

    棚田から見た八女市

    広内・上原(八女市棚田 フレッシュアイペディアより)

  • 棚田

    棚田から見た農業協同組合

    棚田は1つの田当たりの耕作面積が小さく、「大型」農業機械の導入が困難である。しかし、棚田まで、あるいは棚田間に舗装された道路を通すことで、「小型」農業機械の導入は可能である。一般的に、1つの集落では同時期に同じ農作業が重なってしまうため、効率の悪い「小型」の方が集落全体での共有化が難しい。しかし、棚田は山の上と下で農作業時期が微妙に違うため、平地の集落に比べて農業機械の共有化がし易い。今まで農協(金融部門)は、貸付残高を増やすために戸別の農業機械導入を進めていたが、貸付リスクの少ない共有化に貸付の方向を変えており、棚田の農業システムに変化が起きている。棚田 フレッシュアイペディアより)

  • 棚田

    棚田から見た土砂崩れ

    戦後は稲作の大規模化・機械化が推し進められ、傾斜に合わせて様々な形をしていた圃場は、農業機械が導入し易い大型の長方形に統一されて整備された。(急傾斜)棚田ではこのような圃場整備や機械化は難しかったが、土木技術の進歩で大規模化に成功した山間地の棚田も多い。ただし、西日本の(急傾斜)棚田では、大規模化をしようとすると斜面を大きく削らなくてはならず、のり面の土砂崩れ対策など付帯工事の費用が莫大となるため、大規模化されなかったり、営農放棄されたりして荒廃していくところも多く見られた。棚田 フレッシュアイペディアより)

  • 棚田

    棚田から見た文化的景観

    稲渕(明日香村) - 2011年、重要文化的景観として選定された「奥飛鳥の文化的景観」に包括、稲渕より奥の栢森にも棚田がある棚田 フレッシュアイペディアより)

  • 棚田

    棚田から見た文化庁

    土坡で築かれた棚田で、耕作されている水田は375枚。NPO法人大山千枚田保存会が1997年に設立。多くの都市住民が保存会会員や棚田オーナーになっている。豆腐づくりやみそづくりなど多彩な活動をしている。文化庁の文化的景観の保存・活用事業の対象地域になっている。棚田 フレッシュアイペディアより)

  • 棚田

    棚田から見たフィリピン

    世界各国で、米作を行っている山間地域には、ほぼ棚田のような耕作地を見ることができる。中華人民共和国、フィリピンの棚田は特に有名である。棚田 フレッシュアイペディアより)

  • 棚田

    棚田から見た干拓

    西日本は、地形的に急峻な山地がいきなり海に没する地形が多く、また沖積平野も比較的狭いところが多い上に、耕作適地は古くから高度に農地化されていたため、江戸時代、干拓を含めた沖積平野の開発の余地が乏しくなると、藩経済の基盤の石高を増やすため、今度は急傾斜の山岳斜面上に水田がつくられ、現在でいう棚田が多くつくられた。その際、伝統的な石垣構築の技術を生かし、少しでも収量を増やすため、棚田の畔(あぜ)や土手(どて)の部分(土坡、どは)は、極限まで収量を上げるために急な傾斜に耐えられる石垣でつくられた。棚田 フレッシュアイペディアより)

  • 棚田

    棚田から見た石高

    西日本は、地形的に急峻な山地がいきなり海に没する地形が多く、また沖積平野も比較的狭いところが多い上に、耕作適地は古くから高度に農地化されていたため、江戸時代、干拓を含めた沖積平野の開発の余地が乏しくなると、藩経済の基盤の石高を増やすため、今度は急傾斜の山岳斜面上に水田がつくられ、現在でいう棚田が多くつくられた。その際、伝統的な石垣構築の技術を生かし、少しでも収量を増やすため、棚田の畔(あぜ)や土手(どて)の部分(土坡、どは)は、極限まで収量を上げるために急な傾斜に耐えられる石垣でつくられた。棚田 フレッシュアイペディアより)

  • 棚田

    棚田から見た名誉教授

    棚田はかつて平野が少ない山間部や海岸部の食料自給に貢献し、現代でも景観や生物的多様性の保持に大きな役割を担っている。だが米が余剰になるにつれ、耕作効率の悪さから作付けが放棄される例が増えている。農水省は2005年で棚田の面積調査を中断したが、早稲田大学名誉教授(地質学)である中島峰広の推計によると、全国にある水田の約1割にあたる15万haが棚田で、この30年間で4割が消えた。上記の「棚田の高付加価値化」や、後述の「日本の代表的な棚田」で解説されているように、棚田栽培米のブランド化やオーナー制導入、機械化などにより棚田の保全する取り組みが各地で模索されている。棚田 フレッシュアイペディアより)

  • 棚田

    棚田から見た穀倉地帯

    近世以降は灌漑技術が向上し、傾斜が少ない沖積平野でも、水路に水車を設けて灌漑や排水が出来るようになり、現在、穀倉地帯と呼ばれるような河川下流域の平野での稲作が広まった。棚田 フレッシュアイペディアより)

107件中 31 - 40件表示

「棚田」のニューストピックワード