前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
358件中 1 - 10件表示
  • 平成

    平成から見た森喜朗森喜朗

    平成期に在任していた内閣総理大臣は、竹下登・宇野宗佑・海部俊樹・宮澤喜一・細川護熙・羽田孜・村山富市・橋本龍太郎・小渕恵三・森喜朗・小泉純一郎・安倍晋三・福田康夫・麻生太郎・鳩山由紀夫・菅直人・野田佳彦の17人である。平成 フレッシュアイペディアより)

  • 日台関係史

    日台関係史から見た森喜朗森喜朗

    1999年11月、石原慎太郎東京都知事が都知事として初めて訪台したことを契機に、要人の相互往来が相次いで実現するようになった。まず、2001年4月、日台関係者双方の念願であった李登輝元総統の来日が初めて実現した(その後も4回の訪日が実現)。同年12月には、連戦国民党主席が、国民党主席としては戦後初めて訪日した。2003年12月、交流協会台北事務所の主催で、台北で断交以来32年ぶりに天皇誕生日祝賀会が開催。同じ頃、森喜朗元首相が台湾を訪問し、陳水扁総統と会談した。日台関係史 フレッシュアイペディアより)

  • 小泉純一郎

    小泉純一郎から見た森喜朗森喜朗

    竹下政権にて厚生大臣として初入閣を果たし、宇野政権、橋本政権でも厚生大臣を務め、宮澤政権では郵政大臣を務めた。森喜朗の後任として自由民主党総裁に選出され、2001年(平成13年)4月に内閣総理大臣に就任した。内閣総理大臣の在任期間は1980日で、第二次世界大戦後の内閣総理大臣としては佐藤栄作、吉田茂に次ぐ第3位。2009年(平成21年)の第45回衆議院議員総選挙には立候補せず、二男の小泉進次郎を後継指名し政界を引退した。引退後は、奥田碩、田中直毅らとシンクタンク「国際公共政策研究センター」を設立し、その顧問を務めていた。小泉純一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小渕恵三

    小渕恵三から見た森喜朗森喜朗

    「疑惑」の張本人であり小渕首相の臨時代理でもある青木自身が「脳死ではないのか?」との記者からの異議申し立てを却下したため、また、担当医師たちが曖昧な説明ないし指名は不可能だったと思わせる説明しかしなかったため疑惑は残り、後任の森喜朗総裁誕生の舞台裏と併せて「五人組による密室談合政治」と批判される原因となった。小渕恵三 フレッシュアイペディアより)

  • 馳浩

    馳浩から見た森喜朗森喜朗

    1995年7月 - 森喜朗自民党幹事長にスカウトされ第17回参議院議員通常選挙に、石川県選挙区から自民党の推薦を受けて無所属で立候補し、民主改革連合の現職粟森喬を破り初当選する。当初は会派「自民党・自由国民会議」、2か月後に自民党総裁選で小泉純一郎の推薦人名簿に名を連ねるために正式に自民党所属国会議員となった。馳浩 フレッシュアイペディアより)

  • 平成日本のよふけ

    平成日本のよふけから見た森喜朗森喜朗

    自由民主党幹事長森喜朗平成日本のよふけ フレッシュアイペディアより)

  • 加藤紘一

    加藤紘一から見た森喜朗森喜朗

    2000年、第42回衆議院議員総選挙で期間中民主党代表鳩山由紀夫から自民党離党した上での非自民首班指名候補期待されたが本人は一笑に付した。低支持率ながらも政権を維持する森喜朗に反発し、盟友の山崎拓とともに内閣不信任決議案提出時の本会議に欠席、または賛成する意向を示した(加藤の乱)。しかし、かつては盟友であった野中広務や、森派会長の小泉純一郎による派閥の分裂工作により加藤の思惑は失敗に終わり、宏池会が分裂。加藤派は小派閥に転落した。側近中の側近白川勝彦が落選し国政の場に不在だった事も響いた。加藤紘一 フレッシュアイペディアより)

  • 村上正邦

    村上正邦から見た森喜朗森喜朗

    1999年11月12日、今上天皇の即位10周年にあたり国立劇場で行われた政府主催「天皇陛下御在位10年記念式典」の後、同日午後から皇居外苑において開催された「天皇陛下御即位十年をお祝いする国民祭典」の主催者「天皇陛下御即位10年奉祝委員会」(稲葉興作会長。委員に森喜朗ほか)の委員となり祭典の運営に当たる。同祭典の第2部「祝賀式典」において奉祝委員会委員を代表して祝辞を述べた。村上正邦 フレッシュアイペディアより)

  • 清和政策研究会

    清和政策研究会から見た森喜朗森喜朗

    通称、町村派(福田派→安倍派→三塚派→派→町村派)。党内では、平成研究会や宏池会と並ぶ保守の名門派閥である。自民党内では保守合同時の日本民主党(岸信介・鳩山一郎派)の流れを汲む。日本民主党の「反・吉田茂」路線を起源に持つため、親米を基調としながらも憲法改正や自主防衛路線(再軍備)に積極的であるなど比較的タカ派色が強く、冷戦期にはその反共志向の反映として、親韓・親台に独自の人脈を持った。一貫して自民党の有力派閥だったが、いわゆる「角福戦争」で福田赳夫が田中角栄に敗北して以来、自由党系の平成研究会や宏池会などの諸派に比べると非主流派に甘んじることが多かった。小泉内閣発足以降、主流派として実質的に政権の中枢を担うようになった。清和政策研究会 フレッシュアイペディアより)

  • e-Japan

    e-Japanから見た森喜朗森喜朗

    e-Japan(イージャパン)とは、日本政府が掲げた、日本型IT社会の実現を目指す構想、戦略、政策の総体。E-ジャパン(Eジャパン)とも表記する。2000年(平成12年)9月21日、森喜朗・内閣総理大臣が、衆参両院本会議(第150回国会)の所信表明演説で、「E-ジャパンの構想」として初めて示した。e-Japan フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
358件中 1 - 10件表示

「森喜朗」のニューストピックワード