358件中 91 - 100件表示
  • ケーシー・フィッツランドルフ

    ケーシー・フィッツランドルフから見た森喜朗森喜朗

    2002年ソルトレイクシティオリンピック500mの一本目のスタートが「フライングではないか?」との疑惑が持ち上がった。ピストルが鳴った瞬間、フィッツランドルフの腕はすでに大きく動いていたように見えた。当時の日本の解説者も「今のは明らかにフライングでしょう」「あれだけ他の選手のフライングを厳しく取っていながら、これを見逃すというのは、何か意図的なものを感じますね」とコメントしていた。なお、この判定をしていたのはアメリカの審判だった。結局、判定は覆えらず、フィッツランドルフは金メダルを獲得した。今大会はこのフライングに限らず、フィギュアスケート(ソルトレイクシティオリンピックにおけるフィギュアスケート・スキャンダル)、ショートトラック(金東聖)、スキーなどで不可解な判定が続発した。これについて専門家は、アメリカ同時多発テロ事件の翌年ということもあり、アメリカが国威発揚のために圧力をかけたと評価している。当時の森喜朗内閣総理大臣も清水宏保との対談で、「あれはフライングだろ」と発言していた。ケーシー・フィッツランドルフ フレッシュアイペディアより)

  • KSD事件

    KSD事件から見た森喜朗森喜朗

    また、第二次森改造内閣の現職閣僚だった額賀福志郎も、橋本内閣時代の官房副長官在任中にKSDから1,500万円の資金提供を受け(疑惑発覚後に全額返却)、立件はされなかったものの、経済財政担当相を辞任。KSD事件 フレッシュアイペディアより)

  • 山出保

    山出保から見た森喜朗森喜朗

    山出が進めてきた野々市町との合併構想に関しては、安田との会談が行われる前の2002年8月6日に森喜朗と会談を行った中で、森は「弱い町村長の気持ちが分かっていない」と野々市町を狙い撃ちしたことを批判し、性急な合併に苦言を呈していた。山出保 フレッシュアイペディアより)

  • 結社の自由

    結社の自由から見た森喜朗森喜朗

    また、2006年に可決・成立した教育基本法改正問題に関連し、自民党の中川昭一は日教組の反対運動を「(デモという)下品なやり方では生徒たちに先生と呼ばれる資格はない。免許剥奪だ」(『毎日新聞』2006年10月23日号)と批判し、同じく森喜朗は「日教組、自治労を壊滅できるかどうかということが次の参院選の争点だろうね」(『産經新聞』10月31日号「森元首相に聞く 参院選争点は「日教組壊滅できるか」」)と発言した。産經の阿比留瑠比記者は「我が意を得たり」と支持した(日教組出身議員とはどんな存在だろうか)。結社の自由 フレッシュアイペディアより)

  • 建設国債

    建設国債から見た森喜朗森喜朗

    2000年8月3日、森喜朗内閣下で、IT関連費等も建設国債で調達できるように財政法4条を見直す方針が決められた。建設国債 フレッシュアイペディアより)

  • Who are you ?捏造報道

    Who are you ?捏造報道から見た森喜朗森喜朗

    Who are you ?捏造報道(フー・アー・ユー?ねつぞうほうどう)とは、2000年5月5日に、日本国内閣総理大臣森喜朗とアメリカ合衆国大統領ビル・クリントンの間で行われた会談において、森が失言したと虚偽報道された事件。一部報道機関、著名人が事実として取り扱ったため、噂の対象となった森はこれを批判し、内閣退陣後もマスコミのあり方に疑問を呈した。Who are you ?捏造報道 フレッシュアイペディアより)

  • 日本スケート連盟

    日本スケート連盟から見た森喜朗森喜朗

    橋本会長は自民党内では清和会に所属しており、同会元会長で日本体育協会会長の森喜朗元内閣総理大臣のバックアップもあるため、これまで安定した運営を行ってきたものの、新たな理事構成がスピードスケート寄りになったことなどから、従来からある「フィギュア対スピードの確執」を解消しない限りは根本的な連盟の健全化と抜本的な体制立て直しは困難であるとの見方もある。日本スケート連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 犯罪捜査のための通信傍受に関する法律

    犯罪捜査のための通信傍受に関する法律から見た森喜朗森喜朗

    法案審議の過程では、1999年6月1日付で、法務省は「盗聴法案」の呼称を「極めて遺憾」であるとして、報道各社に「盗聴」と呼ばないよう要請した。野党や朝日新聞などの反対派は反発したが、朝日も含め「通信傍受法」を主表記に変えるマスコミも現れ、一定の影響があった。逆に賛成した讀賣新聞や産經新聞などは、法務省と共に「盗聴法案」表記を批判した。また、自民党の森喜朗は6月4日、「盗聴法」表記の報道を「公平に扱っていない」と批判した。犯罪捜査のための通信傍受に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • 全国経理教育協会

    全国経理教育協会から見た森喜朗森喜朗

    名誉会長:森喜朗(元・内閣総理大臣)全国経理教育協会 フレッシュアイペディアより)

  • 角福戦争

    角福戦争から見た森喜朗森喜朗

    派内ではなおも森喜朗や小泉純一郎などが本選挙に打って出るべきと勧めるが「天の声にも変な声がある」「敗軍の将、兵を語らず」との台詞を残して本選挙を辞退した。同年12月7日大平内閣が成立し福田は反主流派に転落した。角福戦争 フレッシュアイペディアより)

358件中 91 - 100件表示

「森喜朗」のニューストピックワード

  • 私も25日に知っていた

  • 車いすバスケできない

  • Haier Global Series(ハイアール・グローバル・シリーズ)