358件中 21 - 30件表示
  • YKK (政治同盟)

    YKK (政治同盟)から見た森喜朗森喜朗

    橋本龍太郎内閣を支えていた頃は森喜朗を含めてMYKK、さらにYKKに近い存在だった高村正彦を加えてMY3Kと称されることもあった。各派内のホープだった3人が、実際に派閥の長や幹部などに就任したことで、YKKを牽制する動きも多数出始めた。YKK (政治同盟) フレッシュアイペディアより)

  • ハプニング解散

    ハプニング解散から見た森喜朗森喜朗

    中曽根派は土壇場で反主流派を離脱し、本会議に出席して反対票を投じた。ほかに、福田派から13人、三木派から6人が本会議に出席している。反主流派ながら党幹部として不信任案反対の意向であった安倍晋太郎政調会長は、本会議場において森喜朗等若手議員に羽交い絞めにされるようにして会議途中に退席した。また福永健司(大平派)、小坂善太郎(無派閥)が病気入院のため欠席したが、元大平派の小坂に対しては一部から親三木・反大平だったことから欠席したのではないかとの憶測がなされた。ハプニング解散 フレッシュアイペディアより)

  • ラグビーワールドカップ日本招致活動

    ラグビーワールドカップ日本招致活動から見た森喜朗森喜朗

    なお、いずれの招致委員会とも森喜朗が招致委員会の委員長を務めた。ラグビーワールドカップ日本招致活動 フレッシュアイペディアより)

  • 日本のラグビーユニオン

    日本のラグビーユニオンから見た森喜朗森喜朗

    日本の元総理大臣森喜朗は高いレベルの選手でなかったものの早稲田大学でラグビーをプレーし、ラグビーへの情熱を育んだ。2005年6月、森は日本ラグビーフットボール協会 (JRFU) の会長となり、彼の強い影響力によって2011 ラグビーワールドカップの日本への招致が期待されたが、開催地は2005年11月18日にニュージーランドに決定した。森はこれについて英連邦の国々が「仲間内だけでパスを回すのか」と批判した(森喜朗を参照)。2019 ラグビーワールドカップはアジアで初めて、日本で開催される予定である(ラグビーワールドカップ日本招致活動を参照)。日本のラグビーユニオン フレッシュアイペディアより)

  • 浜田幸一

    浜田幸一から見た森喜朗森喜朗

    富津町議会議員・千葉県議会議員を経て、2度目の挑戦となった1969年(昭和44年)の衆議院議員選挙で千葉3区より自由民主党から初当選し、川島派に加わった。以後、通算当選7回(当選同期に小沢一郎・羽田孜・梶山静六・奥田敬和・渡部恒三・綿貫民輔・塩崎潤・森喜朗・村田敬次郎・松永光・江藤隆美など)。浜田幸一 フレッシュアイペディアより)

  • 天皇陛下御即位二十年をお祝いする国民祭典

    天皇陛下御即位二十年をお祝いする国民祭典から見た森喜朗森喜朗

    主催者である天皇陛下御即位二十年奉祝委員会の会長として、日本商工会議所会頭の岡村正が主催者式辞を述べた。同じく主催者である天皇陛下御即位二十年奉祝国会議員連盟からは、実行委員長・常任幹事の平沼赳夫が開会宣言を行い、会長の森喜朗が万歳を先導した。同議員連盟の副会長を務める鳩山由紀夫も内閣総理大臣として祝辞を述べた。また、豊田章一郎、小柴昌俊、星出彰彦、森光子、荒川静香、高橋尚子、原辰徳らによるメッセージが披露された。天皇陛下御即位二十年をお祝いする国民祭典 フレッシュアイペディアより)

  • 自由民主党の派閥

    自由民主党の派閥から見た森喜朗森喜朗

    森喜朗総裁就任による、小泉純一郎・森派会長自由民主党の派閥 フレッシュアイペディアより)

  • 石川県第1区 (中選挙区)

    石川県第1区 (中選挙区)から見た森喜朗森喜朗

    殊に自民党では坂田英一と辻政信→井村重雄が議席を占める時期が暫く続き、1967年の総選挙では社会党の複数擁立による共倒れを出し抜いて桂木鉄夫が初当選。その次の総選挙では坂田と井村が不出馬を表明し、それぞれの地盤を継承した奥田敬和と別川悠紀夫、更には保守系無所属として森喜朗が参戦。社会党が分裂状態で議席回復に失敗する一方、奥田・別川・森が当選した。社会党は1972年の総選挙で議席を回復するも(別川が落選)、その後も社会党が1議席を確保する一方で森と奥田が互いにトップ当選を争い森奥戦争と呼ばれた。石川県第1区 (中選挙区) フレッシュアイペディアより)

  • 早稲田大学雄弁会

    早稲田大学雄弁会から見た森喜朗森喜朗

    2000年 (平成12年)OBの森喜朗が内閣総理大臣に就任した。早稲田大学雄弁会 フレッシュアイペディアより)

  • 村山富市

    村山富市から見た森喜朗森喜朗

    5月10日、自由民主党幹事長森喜朗が「村山総理は『過渡的内閣には限界がある』と洩らしている」と発言し、総理大臣官邸での村山との会話を洩らした。この発言を受け読売新聞社が「首相、退陣意向洩らす」と報道し、他社もこれに続く大騒ぎとなる。その結果、自社さ連立政権全体から森は猛反発を受け、閣内では村山の慰留に努める雰囲気が醸成され、村山内閣はその後も継続した。村山富市 フレッシュアイペディアより)

358件中 21 - 30件表示

「森喜朗」のニューストピックワード