430件中 21 - 30件表示
  • 佐野研二郎

    佐野研二郎から見た森喜朗森喜朗

    佐野は、ベルギーの劇場ロゴは全く知らないもので制作時に参考にした事実はないと反論した。8月1日、東京都知事の舛添要一は「100パーセント問題ないとは言い切れない状況だ」と事態を注視する姿勢を示した。国際オリンピック委員会副会長のジョン・コーツは、ベルギーの劇場のロゴは保護対象にはなっていないとの見解を示した。東京オリンピック・パラリンピック組織委員会会長の森喜朗も、「半年もかけて国際社会に照会している。その間、異論は出ていない。全く心配していない」と語った。佐野は8月5日に会見を行い、「(ベルギーのものとは)デザインに対する考え方が全く違うので全く似ていないと思いました」と語り、疑惑を否定した。根拠としては、デザインを9つのグリッドに区切り、区切った部分がパーツとして分解できるようにして動画やデジタルメディアへの展開力や拡張性を満たすデザインにしていることを挙げた。オリンピックのエンブレムは「T」と円を組み合わせたデザインで、1964年のデザインのDNAを引き継ぎ、赤い丸を心臓の位置に置いて鼓動をイメージしたと説明する一方で、ドビ作品は「T」と「L」の組み合わせなので考え方が異なり、全く似ていないと説明した。しかしこの説明は後に佐野の原案が発表されたときに逆に矛盾を指摘されることとなる(後述)。8月10日、組織委員会会長の森はエンブレムについて「自信を持ってこれからも使っていく」と明言した。佐野研二郎 フレッシュアイペディアより)

  • 松永光

    松永光から見た森喜朗森喜朗

    長崎県南高来郡南串山村(現雲仙市)生まれ。1947年に東京都立九段中学校を卒業し、中央大学法学部法律学科に進学。その後、早稲田大学第二法学部法律学科に編入し、1951年に卒業した。同年、司法試験に合格し、1954年に福岡地方検察庁検事に任官。しかし翌1955年に退官し、弁護士開業。そのかたわら養父・松永東の秘書を務め、東の死後、1969年の第32回衆議院議員総選挙に旧埼玉1区から自由民主党公認で出馬し、初当選した(当選同期に森喜朗・小沢一郎・羽田孜・奥田敬和・渡部恒三・綿貫民輔・村田敬次郎・江藤隆美・浜田幸一らがいる)。以後、10期連続当選。当選後は中曽根派に所属し、渡辺美智雄が継承した後も渡辺派に所属。引退するまで、中曽根派・渡辺派の系譜である志帥会に所属していた。松永光 フレッシュアイペディアより)

  • 2000年代の日本

    2000年代の日本から見た森喜朗森喜朗

    5月14日 - 小渕恵三首相が死去。後任は森喜朗2000年代の日本 フレッシュアイペディアより)

  • ハプニング解散

    ハプニング解散から見た森喜朗森喜朗

    中曽根派は土壇場で反主流派を離脱し、本会議に出席して反対票を投じた。ほかに、福田派から13人、三木派から6人が本会議に出席している。反主流派ながら党幹部として不信任案反対の意向であった安倍晋太郎政調会長は、本会議場において森喜朗等若手議員に羽交い絞めにされるようにして会議途中に退席した。また福永健司(大平派)、小坂善太郎(無派閥)が病気入院のため欠席したが、元大平派の小坂に対しては一部から親三木・反大平だったことから欠席したのではないかとの憶測がなされた。ハプニング解散 フレッシュアイペディアより)

  • 2000年の政治

    2000年の政治から見た森喜朗森喜朗

    午後0時頃、青木幹雄内閣官房長官、森喜朗自民党幹事長、村上正邦自民党参議院議員会長、野中広務幹事長代理、亀井静香自民党政調会長の五人が赤坂プリンスホテルで会合。2000年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 早稲田大学雄弁会

    早稲田大学雄弁会から見た森喜朗森喜朗

    2000年 (平成12年)OBの森喜朗が内閣総理大臣に就任した。早稲田大学雄弁会 フレッシュアイペディアより)

  • えひめ丸事故

    えひめ丸事故から見た森喜朗森喜朗

    また当時の森喜朗首相は事故発生時に休暇を取りゴルフをプレーしていたが、事故の一報を聞いた後もそのままゴルフ場に留まったことが大きな問題となり、森首相は内閣総理大臣を辞任した(森喜朗を参照)。えひめ丸事故 フレッシュアイペディアより)

  • 噂の眞相

    噂の眞相から見た森喜朗森喜朗

    2000年6月号で森喜朗の大学時代の売春防止法違反での検挙歴を掲載。森喜朗は名誉毀損で民事訴訟で提訴するも、東京地裁は噂の真相側の申し立てに基づき、警視庁へ検挙歴の照会を依頼、しかし警視庁は拒否した。結局2001年、賠償金なしの和解で決着。噂の眞相 フレッシュアイペディアより)

  • 馳浩

    馳浩から見た森喜朗森喜朗

    1995年7月 - 自由民主党幹事長の森喜朗にスカウトされ、第17回参議院議員通常選挙に石川県選挙区から自民党の推薦を受けて無所属で立候補し、民主改革連合現職の粟森喬を破り初当選する。当初は会派「自民党・自由国民会議」、2か月後に正式に自民党所属国会議員となった。馳浩 フレッシュアイペディアより)

  • 高市早苗

    高市早苗から見た森喜朗森喜朗

    1996年の第41回衆議院議員総選挙では、小選挙区比例代表並立制導入に伴い、奈良1区から新進党公認で出馬し、再選。11月5日に新進党を離党。新進党離党後、当面は無所属に留まる意向を示していたが、1ヶ月後の12月27日に自民党に入党した。新進党離党の理由には「総選挙前、新進党の税制調査会で徹底的に議論した上で「大規模な減税は不可能」という結論を出したにもかかわらず、小沢一郎新進党党首が総選挙の公示日に突然、十八兆円の大規模減税策を公約に掲げたこと」を挙げている。自民党入党後は清和政策研究会(三塚博→森喜朗→町村信孝派)に所属。高市早苗 フレッシュアイペディアより)

430件中 21 - 30件表示

「森喜朗」のニューストピックワード