358件中 31 - 40件表示
  • 2000年代

    2000年代から見た森喜朗森喜朗

    5月14日 - 小渕恵三首相が死去。後任は森喜朗2000年代 フレッシュアイペディアより)

  • 塩川正十郎

    塩川正十郎から見た森喜朗森喜朗

    党内では森喜朗、三塚博、加藤六月らとともに安倍派四天王と称され、安倍晋太郎の総裁就任が悲願だった。税制など経済政策に精通しており、地価税を導入した時の党税調会長として知られる。鈴木善幸内閣で運輸大臣に就任し初入閣を果たしたのを皮切りに文部大臣(第3次中曽根内閣)、内閣官房長官(宇野内閣)、自治大臣・国家公安委員会委員長(宮澤内閣)を務めた。選挙では中選挙区時代に連続10回の当選をはたしたが、小選挙区比例代表並立制導入後初めての選挙である1996年の第41回衆議院議員総選挙では重複立候補を辞退し、大阪13区から出馬するが、自民党総務会長在職中だったにもかかわらず落選。引退も囁かれたが、高齢批判をはね返して4年後の第42回衆議院議員総選挙で返り咲きを果たした。塩川正十郎 フレッシュアイペディアより)

  • 勲章

    勲章から見た森喜朗森喜朗

    森喜朗(政治家):修交勲章光化大章(2010年)勲章 フレッシュアイペディアより)

  • 永田寿康

    永田寿康から見た森喜朗森喜朗

    2000年11月20日の加藤の乱の際、本会議場で演説中の松浪健四郎に対し「ちょんまげ野郎!」「お前、党首(扇千景保守党党首)と何発やったんだ!」という野次を飛ばしたことが原因で水を浴びせかけられている(ただし内容については当の松浪が否定している)。永田は「最前列で森喜朗首相ではだめだと何度かやじり、そのたびに松浪議員からにらまれた」という。この問題は『ビートたけしのTVタックル』にてこと細かに検証された。永田の野次は本件以前から内容が酷いことで有名であり、過去には保守党に対し、「支持率0%の党が発言するな」などと野次っていた。永田寿康 フレッシュアイペディアより)

  • 三塚博

    三塚博から見た森喜朗森喜朗

    政策通であり、同じ派閥の加藤六月などと共に「運輸族」の有力議員として知られ、1985年に運輸大臣として初入閣。国鉄分割民営化、財政構造改革路線の推進に尽力した。1986年、安倍が福田派を継承すると、三塚は派内事務総長に就任し加藤、森喜朗、塩川正十郎と共に「安倍派四天王」のひとりに数えられる実力者へと成長する。派内の後継者候補と目されるライバルが四天王として並び立つ構図は、リクルート事件の発覚により加藤と森が謹慎を余儀なくされた事で崩れ、事件に無関与だった三塚は通産大臣、外務大臣、自民党政調会長をたて続けに歴任、異例のスピードで重要役職をこなす。三塚博 フレッシュアイペディアより)

  • 河野洋平

    河野洋平から見た森喜朗森喜朗

    1995年(平成7年)、第17回参院選で与党が敗北すると、村山は河野に政権を譲りたいと申し出た。しかし、小渕派の小渕恵三会長が絶対反対を表明したため、河野は村山の申し出を断った。自民党総裁選挙では、河野は幹事長を森喜朗から三塚博に交代するなどして、再選戦略を展開したものの、加藤紘一らの橋本龍太郎支持によって、出馬辞退に追い込まれる。史上はじめて内閣総理大臣に就任していない自民党総裁となった。また、自民党総裁経験者で、衆議院議長になったのも河野だけである。河野洋平 フレッシュアイペディアより)

  • 柿澤弘治

    柿澤弘治から見た森喜朗森喜朗

    1999年、東京都知事選挙に出馬するため、衆議院議員を辞職。自民党はこの選挙で元国連事務次長の明石康を推薦しており、党の意向に逆らって出馬を強行した柿澤に対し、森喜朗幹事長が激怒。柿澤は自民党を除名されたため、選挙中は飯島愛や雨宮処凛らの応援を受けた他、柿澤映子夫人がマスコミの前に登場して悲壮感をアピールする選挙戦を展開した。柿澤は江戸っ子の都市政治家であり、東京都知事には申し分ない来歴ではあったものの、公示日の直前になって唐突に出馬を表明した石原慎太郎元運輸相や、民主党を離党して出馬した、羽田内閣で共に大臣を務めた鳩山邦夫元労相、明石、舛添要一らに敗北し、得票数6位で落選する。柿澤弘治 フレッシュアイペディアより)

  • 野中広務

    野中広務から見た森喜朗森喜朗

    2000年に小渕首相が倒れると、森喜朗自民党幹事長、青木幹雄官房長官、村上正邦参院議員会長、亀井静香政調会長と協議を行い、森幹事長を小渕の後継自民党総裁にすることとした。この協議は、首相を五人組によって密室で選出させたものとして、野党から厳しく追及され、国民からも大きく批判された。野中は、森の後継として自民党幹事長代理から幹事長へ昇格した。国会で小渕の死を悼む発言をした鳩山由紀夫民主党代表に対し「小渕前総理のご心労の多くがあなたにあったことを考えると、あまりにも白々しい発言」と厳しく批判した。野中広務 フレッシュアイペディアより)

  • 高市早苗

    高市早苗から見た森喜朗森喜朗

    自民党入党後は清和政策研究会(三塚博→森喜朗→町村信孝派)に所属し、小渕内閣で通商産業政務次官に就任。2000年の第42回衆議院議員総選挙では比例近畿ブロック単独で出馬し、3選。当選後、不人気な森喜朗首相の「勝手補佐官」を下村博文、世耕弘成、山本一太らと共に自称し、討論番組などで森内閣を擁護した。2002年、第1次小泉改造内閣で経済産業副大臣に就任。またきょうと青年政治大学校講師も務める。高市早苗 フレッシュアイペディアより)

  • ウラジーミル・プーチン

    ウラジーミル・プーチンから見た森喜朗森喜朗

    日本の北方領土返還要求に対しては、北方領土問題を解決して日露平和条約を締結することに意欲的な姿勢を示しているが、基本的に日ソ共同宣言を根拠に二島返還の立場を取っている。2001年には日本の首相(当時)の森喜朗とともに「イルクーツク声明」を出し、同宣言が北方領土返還交渉の出発点であることを確認した。しかし2005年の来日時前のロシア国内向けテレビ番組に出演した際には「北方領土の主権が現在ロシアにあることは国際法で確立され、第二次世界大戦の結果であるので、この点については交渉するつもりはない」と発言し、強硬な態度を示している。なお、来日時には日ソ共同宣言に基づき、二島を返還することで日本側を説得しようとした。その後も北方領土問題の解決と平和条約締結に意欲を見せるものの、問題が解決に至らないのは日ソ共同宣言を履行しない日本側の責任であるとしている。ウラジーミル・プーチン フレッシュアイペディアより)

358件中 31 - 40件表示

「森喜朗」のニューストピックワード

  • 国内外の競技団体の了承を得られない限りは難しいと前から言っておられた。

  • 大きな黒い頭のネズミがいっぱい

  • サイバーマンデーウィーク 2016