430件中 41 - 50件表示
  • 柿澤弘治

    柿澤弘治から見た森喜朗森喜朗

    1999年、東京都知事選挙に出馬するため、衆議院議員を辞職。自民党はこの選挙で元国際連合事務次長の明石康を推薦しており、党の意向に逆らって出馬を強行した柿澤に対し、幹事長の森喜朗が激怒。柿澤は自民党を除名されたため、選挙中は飯島愛や雨宮処凛らの応援を受けた他、妻の映子がマスコミの前に登場して悲壮感をアピールする選挙戦を展開した。公示日の直前になって唐突に出馬を表明した石原慎太郎や、民主党を離党して出馬した鳩山邦夫、明石、舛添要一ら保守系候補が乱立したため票が分散し、得票数6位で落選するが、供託金の没収は免れた。柿澤弘治 フレッシュアイペディアより)

  • 麻生包囲網

    麻生包囲網から見た森喜朗森喜朗

    2007年の参院選で自民党敗北が濃厚になってきた時点で、青木幹雄・森喜朗・中川秀直の3人には安倍をおろし、福田を擁立してこの難局を乗り切ろうとする構想が出来上がっていた(安倍おろし)。しかし、安倍の盟友である麻生(当時は外相)が首相の続投を勧めたために、この構想は頓挫し、青木や森の思惑は麻生によって封じられてしまう。麻生包囲網 フレッシュアイペディアより)

  • 福田赳夫

    福田赳夫から見た森喜朗森喜朗

    日本列島改造論を掲げ、積極財政による高度経済成長路線の拡大を訴える田中に対して、福田は均衡財政志向の安定経済成長論を唱える。また台湾と断交してでも中華人民共和国との日中国交回復を急ぐ田中に対して外務大臣時代にアルバニア決議に反対して「二重代表制決議案」と「重要問題決議案」をアメリカ合衆国などと共同提案したように台湾とのバランスに配慮した慎重路線を打ち出す。これらの自民党右派のスタンスは岸派以来の伝統で、福田派の後継派閥である清和政策研究会出身の総理である森喜朗、小泉純一郎、安倍晋三、福田康夫らに引き継がれている。福田赳夫 フレッシュアイペディアより)

  • 三塚博

    三塚博から見た森喜朗森喜朗

    1986年、安倍が福田派を継承すると、三塚は派内事務総長に就任し加藤、森喜朗、塩川正十郎と共に「安倍派四天王」のひとりに数えられる実力者へと成長する。派内の後継者候補と目されるライバルが四天王として並び立つ構図は、1988年のリクルート事件の発覚により加藤と森が謹慎を余儀なくされた事で崩れ、事件に無関与だった三塚は通産大臣、外務大臣、自民党政調会長をたて続けに歴任。異例のスピードで重要役職をこなす。三塚博 フレッシュアイペディアより)

  • 清和政策研究会

    清和政策研究会から見た森喜朗森喜朗

    通称、細田派(福田派→安倍派→三塚派→派→町村派→細田派)。清和政策研究会 フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ猪木

    アントニオ猪木から見た森喜朗森喜朗

    猪木は第8代自民党総裁・清和政策研究会初代会長の福田赳夫に可愛がられ、福田の実弟の福田宏一が猪木の格闘家としての後援会会長を務め、また福田の愛弟子で第19代自民党総裁・清和会第4代会長森喜朗とも親交が深い。アントニオ猪木 フレッシュアイペディアより)

  • 日本のラグビーユニオン

    日本のラグビーユニオンから見た森喜朗森喜朗

    日本の森喜朗元総理大臣も高いレベルの選手でなかったものの早稲田大学でラグビーをプレーし、ラグビーへの情熱を育んだ。2005年6月、森元総理大臣は日本ラグビーフットボール協会 (JRFU) の会長となり、森の強い影響力によって2011年ワールドカップの日本への招致が期待されたが、開催地は2005年11月18日にニュージーランドに決定した。森会長はこれについて英連邦の国々が「仲間内だけでパスを回すのか」と批判した(森喜朗を参照)。2019年ワールドカップはアジアで初めて、日本で開催される予定である(ラグビーワールドカップ日本招致活動を参照)。日本のラグビーユニオン フレッシュアイペディアより)

  • 小里貞利

    小里貞利から見た森喜朗森喜朗

    1994年(平成6年)河野洋平自由民主党総裁の下で自由民主党国会対策委員長に就任。羽田内閣で閣外協力に転じた日本社会党の村山富市委員長、同党国会対策委員長の野坂浩賢らと、森喜朗自由民主党幹事長と共に水面下で接触し、自社さ連立政権樹立に向け、交渉を進めた。村山内閣では北海道開発庁長官兼沖縄開発庁長官に就任し、2度目の入閣を果たした。1995年(平成7年)阪神・淡路大震災の発生を受け、同年1月20日、閣内異動により北海道開発庁長官兼沖縄開発庁長官の職を離れて専任の震災対策担当大臣に就任。復旧・復興の陣頭指揮にあたった。小里貞利 フレッシュアイペディアより)

  • 中川秀直

    中川秀直から見た森喜朗森喜朗

    2000年の第42回衆議院議員総選挙において、森喜朗の指示を受けて塩川正十郎に引退を勧告した際、塩川に灰皿を投げつけられ「帰れ!」と怒鳴られた。中川秀直 フレッシュアイペディアより)

  • 西田昌司

    西田昌司から見た森喜朗森喜朗

    2009年(平成21年)、政権交代後の自民党総裁選で、一年生議員ながら森喜朗から立候補の打診を受ける。各紙でも立候補を画策しているとの報道がなされたが、西田は稲田朋美らとともに平沼赳夫を自民党に復党させ総裁候補にしようと安倍晋三らに働きかけを行なっていた。しかし平沼が固辞したため、同じ京都府選出の谷垣禎一に投票。西田昌司 フレッシュアイペディアより)

430件中 41 - 50件表示

「森喜朗」のニューストピックワード