358件中 51 - 60件表示
  • 佐田武夫

    佐田武夫から見た森喜朗森喜朗

    森喜朗(日本体育協会会長)佐田武夫 フレッシュアイペディアより)

  • 田渕豊吉

    田渕豊吉から見た森喜朗森喜朗

    1990年、戦後55年を経て、田渕豊吉伝記が出版される。出版記念会には、発起人として、森喜朗、三塚博、渡部恒三が挨拶、政界からは前首相(当時)の宇野宗佑、田渕と同じく和歌山御坊市出身の議員二階俊博、政治評論家・宮崎吉政、新井明日本経済新聞社社長(当時)などがスピーチした。田渕豊吉 フレッシュアイペディアより)

  • 株式新聞

    株式新聞から見た森喜朗森喜朗

    2000年5月、当時の首相森喜朗がアメリカ大統領ビル・クリントンとの会談の場において、出鱈目な英語の挨拶を行ったという報道が、7月末開催の九州・沖縄サミット開催に併せ、株式新聞(7月14日)、フライデー(7月21日)、週刊文春(8月5日)等で報じられた。なお、週刊朝日はこの話に当初から懐疑的であり、経緯について検証記事を載せている。事実は毎日新聞論説委員高畑昭男による創作であり、森はこのデマを批判している(Who are you ?捏造報道)。株式新聞 フレッシュアイペディアより)

  • 村山内閣 (改造)

    村山内閣 (改造)から見た森喜朗森喜朗

    森喜朗(自由民主党・三塚派)村山内閣 (改造) フレッシュアイペディアより)

  • KK戦争

    KK戦争から見た森喜朗森喜朗

    2000年11月、小渕の病気辞任により首相に就任した森喜朗の内閣総理大臣としての資質や、森政権樹立のために暗躍したいわゆる「五人組(森、青木幹雄、野中広務、村上正邦、亀井静香)」の行動に、加藤が山崎と共に反発。野党提出の森内閣不信任決議案に賛同する動きを見せるが、結局党執行部の党内工作で不信任案は否決される。結果加藤派は分裂した。これにより加藤?古賀間でのKK戦争は終結を迎えた。KK戦争 フレッシュアイペディアより)

  • 日本学生同盟

    日本学生同盟から見た森喜朗森喜朗

    結成当初は早稲田大学雄弁会(海部俊樹、森喜朗、玉澤徳一郎、小渕恵三ら)との関係が強かったこともあって、自民党へ合流した日学同「自由派」などの分派も生まれた。その後更に数度の分裂を乗り越え活動を続けたが、に解散した。日本学生同盟 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年自由民主党総裁選挙

    2008年自由民主党総裁選挙から見た森喜朗森喜朗

    特に最大派閥の町村派は、自派出身の首相が4代続いている上に、2代連続の「政権投げ出し」との批判を受けたこともあり、森喜朗を中心に自派閥の総裁候補の支援の自粛を呼びかける動きもあった。他方で、中川秀直らはこれに反発し、自派閥の候補である小池を支援する動きを見せた。小泉純一郎元首相も小池を支持する旨表明したのに対し、派閥の領袖・町村信孝官房長官や安倍晋三元首相は、麻生支持に回った。2008年自由民主党総裁選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 安倍派四天王

    安倍派四天王から見た森喜朗森喜朗

    森喜朗(内閣総理大臣、文部大臣、自民党幹事長)安倍派四天王 フレッシュアイペディアより)

  • 大下英治

    大下英治から見た森喜朗森喜朗

    激録!総理への道 戦後宰相列伝田中角栄から森喜朗まで 2000.8 (講談社文庫)大下英治 フレッシュアイペディアより)

  • 市原則之

    市原則之から見た森喜朗森喜朗

    また日本代表選手として1962年の第1回世界選手権出場などで活躍した日本のトッププレーヤーでもあり1983年には、全日本(日本代表)監督に就任。選手の自主性を育てる指導法で酒や門限も解禁し、韓国に勝って突破したロサンゼルスオリンピックアジア予選は今も語り草となっている。ロサンゼルスオリンピックのあった1984年5月、全日本を率いて当時の世界王者・ユーゴスラビア代表と代々木第一体育館で戦った試合は、二日続けて超満員の観客1万人を集めたことで知られる。1985年から全日本実業団ハンドボール連盟理事長。その後も日本ハンドボール協会専務理事を経て2007年現在、同協会副会長(日本ハンドボールリーグ機構会長)を務め、実務のトップとして運営にあたる。日本オリンピック委員会(JOC)では1996年アトランタ、 2000年シドニー、2004年アテネオリンピック大会(アテネ対策特別委員会委員長)と連続して本部役員を務める他、JOC常務理事兼選手強化副本部長・JOCゴールドプラン委員長を務める。また2005年には日本トップリーグ連携機構(会長森喜朗)の設立に尽力し専務理事に就任、各リーグの連携を通じて、国際競技力向上の実務を担当する日本スポーツ界のリーダーの1人である。2009年4月、日本オリンピック委員会(JOC)の専務理事に就任。ハンドボール関係者がJOCの実務のトップ・専務理事に選任されるのは初めて。市原則之 フレッシュアイペディアより)

358件中 51 - 60件表示

「森喜朗」のニューストピックワード