358件中 61 - 70件表示
  • 世界の子どもたちのためにポリオ根絶を目指す議員連盟

    世界の子どもたちのためにポリオ根絶を目指す議員連盟から見た森喜朗森喜朗

    【最高顧問】森喜朗(自民党)(2011年5月就任)世界の子どもたちのためにポリオ根絶を目指す議員連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 教育改革国民会議

    教育改革国民会議から見た森喜朗森喜朗

    教育改革国民会議(きょういくかいかくこくみんかいぎ、英 the National Commission on Educational Reform)とは、教育改革について幅広い検討を行うために、当時の小渕恵三内閣総理大臣の決裁によって、2000年(平成12年)3月に設置された私的諮問機関のことである。国民会議(こくみんかいぎ)と略されることもある。教育改革国民会議は、森喜朗内閣総理大臣のときまで(2001年4月まで)積極的に開催が続けられ、特に教育基本法の改正、奉仕活動の実施などを検討したことで注目された。教育改革国民会議 フレッシュアイペディアより)

  • 森喜作

    森喜作から見た森喜朗森喜朗

    森 喜作(もり きさく、1908年10月4日 - 1977年10月23日)は、群馬県桐生市出身の農学者である。群馬県立桐生高等学校、京都大学農学部卒業。森産業株式会社社長。歴史学者の羽仁五郎は叔父。衆議院議員で元内閣総理大臣の森喜朗とは血縁関係はない。森喜作 フレッシュアイペディアより)

  • ヴィクトル・A・サドーヴニチィ

    ヴィクトル・A・サドーヴニチィから見た森喜朗森喜朗

    2004年春、日本とロシアの領土問題などを解決するために発足した「日露賢人会議」(日本側座長は森喜朗)のメンバーに選ばれている。ヴィクトル・A・サドーヴニチィ フレッシュアイペディアより)

  • 浦田勝

    浦田勝から見た森喜朗森喜朗

    1987年(昭和62年)-皇民党事件では、ほめ殺しの中止を依頼した議員の一人として小渕恵三、魚住汎英、浜田幸一、森喜朗らとともに名前が挙がった。浦田勝 フレッシュアイペディアより)

  • 別れる理由

    別れる理由から見た森喜朗森喜朗

    『別れる理由』(わかれるりゆう)は、小島信夫の長篇小説。1968年〜81年にわたり文芸誌「群像」に長期連載され、翌1982年、講談社より全3巻の単行本として出版されたが、その型破りな内容から毀誉褒貶が激しい。日本芸術院賞受賞パーティーにて、当時・内閣政務次官だった森喜朗が「(『別れる理由』を)ぼくは認めないよ」と冗談めかして、小島本人に直接述べた話は有名である。別れる理由 フレッシュアイペディアより)

  • 小林政子

    小林政子から見た森喜朗森喜朗

    1969年の衆院選で旧東京10区(足立・葛飾・江戸川区)から出馬し初当選。この選挙では小林のほか、同じく共産党から不破哲三前議長や山原健二郎ら、自民党では森喜朗元首相や浜田幸一など、後に党・政界を牽引する人士が初当選を飾ったことから、「花の昭和44年組」とも称される。以後5期連続で当選し、1983年に地盤を佐藤祐弘に譲り引退を表明。小林政子 フレッシュアイペディアより)

  • 宇野邦夫

    宇野邦夫から見た森喜朗森喜朗

    森奥戦争で知られる第43回総選挙では奥田建の小選挙区(石川1区)での当選に力を注ぎ、石川2区の森喜朗側近の馳浩に対し「森のコピー」「2区の舎弟」など辛辣な言葉で批判した。宇野邦夫 フレッシュアイペディアより)

  • 天皇陛下御即位二十年奉祝国会議員連盟

    天皇陛下御即位二十年奉祝国会議員連盟から見た森喜朗森喜朗

    2009年2月には、海部俊樹、羽田孜、小泉純一郎、安倍晋三、福田康夫、綿貫民輔、小沢一郎、太田昭宏、渡部恒三、青木幹雄、中山太郎、森喜朗、平沼赳夫の計13名の連名による設立趣意書を発表し、各議員らに対し幅広く参加を募るなど、その活動を本格化させた。その結果、会員となる議員も増加し、2009年9月1日時点では衆議院議員160名、参議院議員129名に達した。天皇陛下御即位二十年奉祝国会議員連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 日韓トンネル研究会

    日韓トンネル研究会から見た森喜朗森喜朗

    森喜朗、盧泰愚、金大中、盧武鉉ら日韓のそれぞれの首脳経験者も協力していた。日韓トンネル研究会 フレッシュアイペディアより)

358件中 61 - 70件表示

「森喜朗」のニューストピックワード