358件中 81 - 90件表示
  • 木挽司

    木挽司から見た森喜朗森喜朗

    大学時代は落語研究会に属していたこともあり、2006年6月に、「大衆文化『落語』の振興を図る議員連盟」(会長・森喜朗元総理)を立ち上げた。木挽司 フレッシュアイペディアより)

  • 1998年の政治

    1998年の政治から見た森喜朗森喜朗

    森喜朗自民党幹事長・野田毅自由党幹事長が会談。政策協議開始で合意。1998年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 石川県青年会館

    石川県青年会館から見た森喜朗森喜朗

    建設資金はこれら自己資金のほか、石川県や県内市町村からの補助金、そして財団法人日本船舶振興会からの助成金でまかなわれた。これらへの陳情ももちろん現役の青年団員の手によって行われたが、地元青年の主体的な運動に共感した森喜朗代議士が積極的に県当局や日本船舶振興会への橋渡し役を買って出たといわれている。石川県青年会館 フレッシュアイペディアより)

  • 虎島和夫

    虎島和夫から見た森喜朗森喜朗

    自民党では、安倍晋太郎?三塚博?森喜朗派(清和会)に所属。自民党副幹事長、総務政務次官などを歴任。虎島和夫 フレッシュアイペディアより)

  • ネオ・ニューリーダー

    ネオ・ニューリーダーから見た森喜朗森喜朗

    森喜朗 - 後の第85・86代内閣総理大臣ネオ・ニューリーダー フレッシュアイペディアより)

  • 石川英治

    石川英治から見た森喜朗森喜朗

    2000年に報道2001へ生出演をし、森喜朗、荒井広幸議員と政府のネットセキュリティ問題について激論を交わした。石川英治 フレッシュアイペディアより)

  • 小渕内閣 (第2次改造)

    小渕内閣 (第2次改造)から見た森喜朗森喜朗

    小渕恵三首相は、入院後、執務不能のため内閣官房長官の青木幹雄を首相臨時代理に指名したとされる。しかし、青木幹雄官房長官の首相臨時代理就任については「疑惑」がつきまとい続けた。脳梗塞で既に意識を完全に失っていたように思われる小渕恵三首相自身に果たして首相臨時代理の指名を行うことが出来たであろうかという問題は、必然的に野党・マスメディアに厳しく追及された。にもかかわらず、「疑惑」の張本人であり小渕恵三首相の臨時代理でもある青木幹雄自身が記者たちからの「本当は脳死ではなかったのか?」などの異議申し立てを却下する張本人であったため、また、担当医師たちが首相臨時代理指名は不可能だったと思わせる説明を繰り返したため、疑惑は色濃く残ったままとなった。この青木幹雄官房長官の首相臨時代理への就任劇の不透明さの上に、更に小渕恵三総裁の後任となる森喜朗総裁の誕生劇の不透明さが加わってしまったため、この一連の動きは「五人組による密室談合政治」として世間から大いに批判されることとなった。小渕内閣 (第2次改造) フレッシュアイペディアより)

  • 三木内閣 (改造)

    三木内閣 (改造)から見た森喜朗森喜朗

    総理府総務副長官(政務) - 森喜朗(- 1976年9月20日)/橋口隆(1976年9月20日 -)三木内閣 (改造) フレッシュアイペディアより)

  • 三木内閣

    三木内閣から見た森喜朗森喜朗

    総理府総務副長官(政務) - 松本十郎(1974年12月12日 -)/森喜朗(1975年12月26日 -)三木内閣 フレッシュアイペディアより)

  • 永源遙

    永源遙から見た森喜朗森喜朗

    さまざまな団体を渡り歩いて培った人脈と情報網はプロレス界一。地方のプロモーターとの付き合いもプロレス界随一とも言われるほど深く、巡業中、各会場に必ず永源に会いに来る人がいる。アントニオ猪木も「あいつは世渡りがうまい」と舌を巻くほどである。永源の結婚式仲人を務めたのは同郷の政治家の森喜朗であり、猪木が政界に出馬する際には、森喜朗や福田赳夫元総理などを猪木に紹介している。永源遙 フレッシュアイペディアより)

358件中 81 - 90件表示

「森喜朗」のニューストピックワード