536件中 11 - 20件表示
  • 森喜朗

    森喜朗から見た菅直人

    日経平均株価についても、森政権発足時には2万円前後で推移していたものが2001年初頭には12000?13000円台まで下落したため、辞任前に批判がなされた。田原総一朗は「森が辞めれば株価は5000円上がる」と主張した。鳩山由紀夫、菅直人なども同様の主張をおこない、国会で株価にも言及した。後年、森は小泉政権下でも株価が下落を続けたことを挙げ、小泉政権下の経済政策については担当閣僚間の意見の違いや省益固執にも理由がある旨を述べ、この時は自民党が勢力を得ていたこともあり、内閣改造は構造改革より経済の建て直しを優先するチャンスだという見解をとった。森喜朗 フレッシュアイペディアより)

  • 森喜朗

    森喜朗から見た河野洋平

    1993年7月より梶山静六から引き継いで党幹事長を務めた際には、細川内閣が成立し、自民党が野党に転落した中での交代だった。梶山は辞任の際残っていた党職員の忠誠心が高いことを失念して猜疑心から当り散らしたが、森は職員をいたわる機会が多かったと言う。総裁=総理大臣とは言えない状況下での後継者選びでは、自民党は河野洋平を総裁に選んだ。森が取った策は地方組織を丹念に回って地盤を固めてその意向を汲み取ることと、連立政権各派への切り崩し工作であった。これは次に述べる政治改革四法の採決で効果を挙げ始め、連立政権内に亀裂を走らせることになった。森喜朗 フレッシュアイペディアより)

  • 森喜朗

    森喜朗から見た町村信孝

    なお、意中の後継会長候補には福田が有力とされたが、2006年10月18日、会長職を町村信孝へ譲って派閥の名前も“町村派”と変わった。退任会見で「小泉政権が終わり、私が派閥会長である役割も終わった」と語った。10月26日の町村派の総会で、同派名誉会長に就任した。名誉会長就任後初の新規入会者は同じ北陸(福井1区)で自身と同じ22歳で早大卒の新人代議士稲田朋美。森喜朗 フレッシュアイペディアより)

  • 森喜朗

    森喜朗から見た田原総一朗田原 総一朗

    「幹事長時代は新聞社やテレビ局でも対談の申し込みがあれば受けていた」が、首相時代はそれが簡単にできない仕組みになっていた事を森は語っている。たとえばテレビで直接話す(なお、アメリカの場合は炉辺談話の頃からこの種の対話は行われている)場合、『総理が語る』という番組が慣習的に制作されてきたが、この番組の放映はNHKと主要民放計7局による輪番制であり、「2ヶ月に1度行っても1年に1度ひとつの局を回るかどうか」と述べている。さらにこの種の番組の放送前には必ず新聞社との間でグループインタビューが必要というカルテルがあり、制約となっていた。さらに『総理が語る』は視聴率が取れないため、放映時間帯も大半は条件が悪く、且つ日本マスコミには「首相が出演する単独企画はしない」という申し合わせも存在すると言う。田原総一朗は『サンデープロジェクト』にて「森さん、電話をかけてくれ」と呼びかけたが、前任者の小渕がテレビ朝日に電話をかけた際、同社は協定破りで記者会で処分を受けており、首相がかけられないことを分かっての呼びかけであった。そのため森は電話に出ないでいたが、「逃げている」と思われて色々なところから自宅に電話がかかり、最後には電話が壊れたという。なお、後述のように首相辞任後は雑誌の対談などにも幾つも応じている。森喜朗 フレッシュアイペディアより)

  • 森喜朗

    森喜朗から見た産業経済新聞社

    早稲田大学を1960年に卒業し、水野成夫の手引きで産業経済新聞社に半ば押しかけの形で入社した(配属先は日本工業新聞に勤務し、のちに移籍)。森喜朗 フレッシュアイペディアより)

  • 森喜朗

    森喜朗から見たドワンゴ

    ただし、森は「マスメディア」の全ての活動に否定的な訳ではない。選挙を控えた時期、『WILL』2009年8月号では「確かに新聞は昔ほどひどくはなくなりました」と述べ、批判の矛先は取材もなしに記事を書くスポーツ紙や大騒ぎするテレビ番組であった。ITメディアについては、2008年末よりニコニコ動画に森喜朗チャンネルを開設して政策のアピールに利用しており、2009年8月11日には“生”帯番組「とりあえず生中(仮)」に出演し、角谷浩一とのトークを行なった(角谷は民主党よりであることを度々公言し、本番組でも自民党と距離を置いてきた旨断りも入れている)。その中で上述のように「ぶら下がり」も受け付けている。同番組で、森はマスコミへの苦言の他、ドワンゴがニコニコ動画上で行なった調査や自民党で行なった世論調査を比較するなど、冷静なコメントを残している。また当時、民主党はマニフェストなどで二酸化炭素排出量の大幅な削減策を掲げていたが、森はこれに関連して2004年まで京都議定書の批准を見送っていたロシアに訪ロした際の打ち明け話も披露した。当時森は読売新聞のロシア関連記事をプーチンに手渡し、エネルギー供給大国としての国際的な責任や信用の重要性を説いたと言う(その後、ロシアは批准し、議定書も発効した)。なお、地元マスコミである『北陸中日新聞』が出した当落予想についても批判している。森喜朗 フレッシュアイペディアより)

  • 森喜朗

    森喜朗から見た福田康夫

    衆議院議員、文部大臣(第105代)、通商産業大臣(第56代)、建設大臣(第62代)、自由民主党総裁(第19代)、内閣総理大臣(第85代・第86代)などを歴任した。退任後は政府特使などとして議員外交の先頭に立って活動した。自民党内では一貫して岸信介の流れを汲む福田派の後継であり、自身が会長職に在った際は同じ派閥の小泉純一郎、安倍晋三などを支え、退任後も福田康夫、麻生太郎(福田派ではないが当時協力体制にあった)などを支援した。森喜朗 フレッシュアイペディアより)

  • 森喜朗

    森喜朗から見た安倍晋三

    衆議院議員、文部大臣(第105代)、通商産業大臣(第56代)、建設大臣(第62代)、自由民主党総裁(第19代)、内閣総理大臣(第85代・第86代)などを歴任した。退任後は政府特使などとして議員外交の先頭に立って活動した。自民党内では一貫して岸信介の流れを汲む福田派の後継であり、自身が会長職に在った際は同じ派閥の小泉純一郎、安倍晋三などを支え、退任後も福田康夫、麻生太郎(福田派ではないが当時協力体制にあった)などを支援した。森喜朗 フレッシュアイペディアより)

  • 森喜朗

    森喜朗から見たかとうかずこかとう かず子

    2010年2月3日、1999年の初演から骨髄バンクを支援してきた舞台「友情 秋桜のバラード」400回目の公演にて、主人公を看取る医師役で出演した。客席に背を向けて主人公の方を見つめていたが、7年前の公演で出演した話を交えてその意図を語った。「(演技は)2度とやらないと思った。僕が出たら客席が笑って困った。だから今日は、スーッと出てすぐ(主人公の)あゆみの方を向いたろう。医者だからね」とのことである。教師役を続けているかとうかずこは「雰囲気からして医院長そのもの!」と絶賛した。森喜朗 フレッシュアイペディアより)

  • 森喜朗

    森喜朗から見た海部俊樹

    福田派を継いだ安倍派では三塚博、塩川正十郎、加藤六月と並んで安倍派四天王の一人に称され、ネオ・ニューリーダーとしての地歩を固める。しかし安倍にリクルートの江副浩正を紹介したのは森といわれており(森自身は否定)、晩年の安倍は森と距離を置いていた。1990年の第39回総選挙後、第2次海部内閣の組閣人事で、海部俊樹首相は「リクルート関係議員は入閣させない」と公言しているにもかかわらず、安倍は森を入閣候補として推薦した。しかし、安倍は本気で森を推したのではなく、むしろ森を晒し者にしようとしたのではないかと薬師寺克行は指摘している。結果、森は入閣辞退を余儀なくされた。森喜朗 フレッシュアイペディアより)

536件中 11 - 20件表示

「森喜朗」のニューストピックワード