536件中 61 - 70件表示
  • 森喜朗

    森喜朗から見た嘉田由紀子

    2007年7月9日、富山県富山市内での自民党参院選候補者との講演会で、東海道新幹線での新駅反対を表明した嘉田由紀子滋賀県知事に対し、「女の方だなあ、やっぱり(視野が)狭いなあと思った」と発言した。森喜朗 フレッシュアイペディアより)

  • 森喜朗

    森喜朗から見た早稲田大学

    戦後の1948年(昭和23年)、喜朗が小学5年生の時分に早稲田大学のラクビー部がOBである父を頼って根上町に合宿にやって来た。この時の練習試合の様子を見て喜朗はラクビーに興味を持ち、早稲田大学に行ってラグビーをやろうと決意し、練習に励むようになった。元々根上町からは学区制の関係でラグビーの強い石川県立金沢二水高等学校には進学できなかったが、金沢市立高岡中学校に越境入学し、根上町から汽車通学していた。高岡中学校にはラグビー部がなく、バスケットボール部に所属していた。中学校卒業後予定通り金沢二水高校に進学し、ラグビー部に入部。煙草を吸って処分された前任者に代わり、父親がPTAの会長であるから事件でぐらついた部を主導せよという理由でラグビー部のキャプテンを務め、北陸三県大会で富山県立魚津高等学校と決勝戦を戦い、準優勝の成績を残した(当時はこの大会で優勝すると全国大会に進出できた)。その活躍から、父の知人であった当時の早稲田大学ラグビー部監督大西鉄之祐のスポーツ推薦を受けて、早稲田大学第二商学部商学科(夜間部)に入学する。しかし、当時のラクビー部は全国から強豪選手が集まっており、文化の違いもあって精神的に参ってしまい、胃カタルのため4ヶ月で退部した。森喜朗 フレッシュアイペディアより)

  • 森喜朗

    森喜朗から見た守屋武昌

    2007年8月17日、防衛事務次官人事をめぐる守屋武昌と小池百合子防衛相の対立について、「辞めなければならないと(守屋氏が)自分で分かっていて、『武士の最後の華だ』と切腹しようとしたら、小池氏が後ろから刀で切りつけた感じだ」「(女性の)小池氏に言っていいのか分からないが、武士(もののふ)のたしなみがない」と述べ、小池の行動を批判した。守屋については、沖縄の基地問題に生涯をささげてきた立派な人物と評価した。森喜朗 フレッシュアイペディアより)

  • 森喜朗

    森喜朗から見たコカコーラ

    森喜朗チャンネルの「プライベートについて」という動画にて好きな食べ物はシラス、鯵の開きと言っている。また小学生の頃、父親の勧めで甲子園まで日米親善野球を見に行った際に、なけなしの小遣いでコカコーラ、ホットドッグ等を食べてみたが、それらを羨ましいとは感じず、沢庵とおにぎりが食べられないアメリカ人を「可哀相だなあ」と思ったとのことである。森喜朗 フレッシュアイペディアより)

  • 森喜朗

    森喜朗から見た西松建設

    準大手ゼネコンの西松建設から、同社のOBらを代表とした政治団体(『新政治問題研究会』・『未来産業研究会』)を隠れ蓑に多額の政治献金を受けていた1人だったことが2008年12月末に表面化した。森はこの疑惑に関連して西松建設関係者や小沢民主党代表の公設第1秘書が政治資金規正法違反容疑で逮捕されたあとの2009年3月5日に、提供を受けていた約400万円を返却する意向を表明した。森は返却について「道義的観点からであり、(献金などの)違法性を認める趣旨ではない」と説明している。森喜朗 フレッシュアイペディアより)

  • 森喜朗

    森喜朗から見た東レ

    当選から間もない頃、1972年の沖縄返還に先んじて日米繊維協定が締結されると、従来型の繊維産業が集中していた石川県は大打撃を受け、雇用不安なども発生した。そこで東レが県内に工場を進出させた。この工場は自動化工場のはしりで規模に比較して雇用吸収力は小さかったことは森も東レ側も互いに理解していたが、それでも経済的には助かる結果となった。後年、森は誘致に応じた東レに感謝の言葉を述べている。森喜朗 フレッシュアイペディアより)

  • 森喜朗

    森喜朗から見たトヨタ

    2010年4月11日に放送された『たかじんのそこまで言って委員会』に出演した。番組冒頭で自身も上記のように揶揄された『SAPIO』4月21日号などが映し出され、テーマは自民党の溶解であった。官僚団、小沢一郎、民主党などへの評価はそれまでの著述とそう変わる内容ではなかったが、当時話題となっていた日米核持ち込み問題について「それを晴天白日に晒されて、日本にとってプラスがあるんですか?マイナスがあるんですか?」「必要に応じて、その時によって、やはりそれは言えない事もあると思います」と述べ、沖縄返還には必要なものであったと言う立場を取った。またトヨタリコール問題については、「鳩山さんが率先して日本の企業を守ったり、日本の技術を売り込んでると言うことをやられたことがあります?」と民主党の姿勢を批判し、自民党で議員団を訪米させて水面下で説得工作をすることをトヨタに相談したが、トヨタ側から「もうちょっと見ていて下さい、なんとかいけます」と断られたことを明かし、トヨタの製造業としてのポテンシャルを評価する姿勢をとっている。森喜朗 フレッシュアイペディアより)

  • 森喜朗

    森喜朗から見たエバー航空

    森は首相辞任後も慎重論がある中で訪台をおこなっている1人だが、その後小松空港への台湾からの航空便誘致活動が顕著となってきた。北国新聞はこの件について何度か報じているが、2005年12月に増便された小松-上海便について森は「当面は中国側の利用増が見込めない」などと指摘し、台湾便については「台湾の観光客が温泉を好む傾向があり、能登空港のチャーター便で和倉温泉や加賀温泉郷の旅館を訪れていること」を挙げている。実際石川県を訪れる外国人観光客の内、約半数が台湾からの渡航という背景もあった。この頃、日台間の航空交渉にて増便の方針は決まっており、一時は小松-台北便に中華航空が内定しかけていたが、2007年8月に那覇で中華航空機が事故を起こしたため、計画は暗礁に乗り上げた。そこで森は台湾の駐日代表部に相当する台北駐日経済文化代表処の許世楷と会談した。水面下でエバー航空に就航を打診していたとも報じられている。森の仲介もあり、当時は原油価格上昇という厳しい局面にあったが、エバー側も小松便の設定を決断した。社長の陳欣徳は2008年4月、訪台した県議に「森喜朗元首相ら多くの方々の尽力があり、コスト高の中で一大決心をしたので、多大な支援をお願いする」と述べている。そして、2008年6月1日より週2便を基本としてエバー便が就航した。就航の際、石川県は台湾の振興イベントを企画し、森も小松空港での記念式典に出席している。森喜朗 フレッシュアイペディアより)

  • 森喜朗

    森喜朗から見た井関農機

    政治家に転じるきっかけは、農機具メーカー・井関農機の取材中に岸信介側近の衆議院議員・今松治郎と知り合ったことだった。井関農機の創業者である井関邦三郎と今松は同郷の同級生であり、邦三郎の息子・昌孝は青年会議所に所属していた。昌孝と親しくなった森は、「今松の選挙を手伝ってみないか」と持ちかけられ、承諾した。なお、牛尾治朗とも昌孝を通じて1963年頃に知り合っている。森喜朗 フレッシュアイペディアより)

  • 森喜朗

    森喜朗から見た読売新聞社

    1995年5月10日、自民党幹事長時代、総理大臣公邸での話として「村山首相は『過渡的内閣には限界がある』と洩らしている」と発言した。この発言に飛びついた読売新聞社が「首相、退陣意向洩らす」と報道し、他社もこれに続く大騒ぎとなる。これにより、自社さ連立政権全体から森は猛反発を受ける。それにともない、閣内では村山の慰留に努める雰囲気が醸成され、村山内閣はその後も継続した。森によれば、「いつも言うように、マスコミは片言隻句だけをとらえて報道してるんだ。あのときも僕はそんな風に言っていない。(中略)「大変つらい、大変な仕事だと総理は言っている」と言っただけで、別に「辞めたい」と具体的に言ったわけじゃあない」と言う。なお、1995年7月23日の参議院選挙の晩に連立政権が議席減となったことが判明すると、村山は党首会談で河野に首相交代を提案する騒ぎがあった 。森喜朗 フレッシュアイペディアより)

536件中 61 - 70件表示

「森喜朗」のニューストピックワード