80件中 21 - 30件表示
  • 本田恭章

    本田恭章から見た森尾由美森尾由美

    同年、フジテレビの連続ドラマ『ねらわれた学園』に超能力者「京極少年」として出演。共演は原田知世、伊藤かずえ、柳沢慎吾、森尾由美本田恭章 フレッシュアイペディアより)

  • THE GOOD-BYE

    THE GOOD-BYEから見た森尾由美森尾由美

    オリコン上では大ヒットとはいえないレコードの売上枚数やチャート順位にも関わらず、新人賞レースで彼等が成功したのは、ジャニーズ事務所出身ということもあり、テレビ、ラジオ番組、雑誌等、若者向けの各メディアとのブッキングに恵まれ、曾我泰久と野村義男という当時のアイドルで1クラス上のビッグネームが顔を揃えていたことにある。この年の新人賞は、セールス面から見れば、風見しんごが本命であったが、風見はレコード大賞を辞退しながら日本有線大賞の最優秀新人賞を受賞し、一方、彼等は第13回銀座音楽祭グランプリ、第25回日本レコード大賞の最優秀新人賞を受賞するという、不可解な結果に終わった。同期デビューに伊藤麻衣子、桑田靖子、岩井小百合、松本明子、徳丸純子、原真祐美、大沢逸美、森尾由美、木元ゆうこなどがいた。基準的に売れたアイドルが存在しなかったために「不作の83年組」と言われた。THE GOOD-BYE フレッシュアイペディアより)

  • 小林千絵

    小林千絵から見た森尾由美森尾由美

    デビュー前、13歳の頃から「オーディション荒らしの千絵ちゃん」の異名を持ち、デビュー時には『フォーカス』の創刊号に大きく掲載される。また、当時透明感溢れる声で抜群の歌唱力を売りにしたアイドル歌手でもあった。同期デビューにTHE GOOD-BYE、伊藤麻衣子、桑田靖子、岩井小百合、松本明子、徳丸純子、原真祐美、大沢逸美、森尾由美、木元ゆうこなどがいた。基準的に売れたアイドルが存在しなかったために「不作の83年組」と言われた。小林千絵 フレッシュアイペディアより)

  • 悲しい色やねん

    悲しい色やねんから見た森尾由美森尾由美

    森尾由美(保名おどり)悲しい色やねん フレッシュアイペディアより)

  • ミスマガジン

    ミスマガジンから見た森尾由美森尾由美

    森尾由美と南野陽子はミスマガジン出身と思われがちだが、これは誤解である(当然ながら、受賞歴もない)。実際は、ミスマガジンの流れをくんだグラビア専門誌『DELUXEマガジン』でのグラビアとしての活動が大きく取り上げられ、その高い人気からミスマガジンと同格に扱われるようになった、という誤った刷り込みがあったからとされている。ミスマガジン フレッシュアイペディアより)

  • 樹本由布子

    樹本由布子から見た森尾由美森尾由美

    堀越高校では、早見優、堀ちえみ、松本明子、原真祐美などが同級生であった。また、同年歌手デビュー83年組には、堀越学園で同級生の松本明子、原真祐美他に大沢逸美、徳丸純子、小林千絵、THE GOOD-BYE、岩井小百合、いとうまい子、森尾由美などがいた。樹本由布子 フレッシュアイペディアより)

  • 久保田智子

    久保田智子から見た森尾由美森尾由美

    東京外国語大学卒業後、2000年にTBSに入社。同期入社は山内あゆ。2001年から『はなまるマーケット』の当時レギュラーだった森尾由美が司会を務めていた「お願い!すすメール」というコーナーで、同僚の山内あゆと共に出演していた。久保田智子 フレッシュアイペディアより)

  • 東京ストーリーズ

    東京ストーリーズから見た森尾由美森尾由美

    第28回(1990年5月28日) 『21時24分のアン・シャーリー』(出演:森尾由美東京ストーリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 秋本・カトリーヌ・麗子

    秋本・カトリーヌ・麗子から見た森尾由美森尾由美

    日本人とフランス人のハーフ。原作・アニメともにミドルネームが省略されて秋本麗子と表示されることが多かったが、現在は統一されてこちらの名前が使われている。出身地は兵庫県神戸市(芦屋市と言う場合もあり、現在の実家は芦屋市の設定である)だが、海外生活が長いせいか神戸弁を使わない。アニメ版での声優は森尾由美。舞台版での俳優は細川直美(第1作)→大河内奈々子(第2作・第3作)→森下千里(第4作)。テレビドラマ版、2011年映画版での俳優は香里奈。新葛飾警察署交通課所属で亀有公園前派出所に勤務している。階級は巡査。秋本・カトリーヌ・麗子 フレッシュアイペディアより)

  • スーパーFMマガジン

    スーパーFMマガジンから見た森尾由美森尾由美

    「耳たま目んたぶレコード大賞」・・・いわゆる“コサキンソング”のような変な曲を紹介して最後に大賞を決めようという企画。ノミネートされたのは「マッチョドラゴン」(藤波辰爾)、「お料理マンボ」(森尾由美)、「新宿純愛物語」(仲村トオル&一条寺美奈)、「MOU CORI GORI DA」(竹村健一)、「夜のドラマ」(熊五郎)など。大賞には「ミッドナイトテレフォン」(小森まなみ)が選ばれ、小森自身が電話出演した。スーパーFMマガジン フレッシュアイペディアより)

80件中 21 - 30件表示

「森尾由美」のニューストピックワード