前へ 1 2 3 4 5 6
52件中 1 - 10件表示
  • 銀河へキックオフ!!

    銀河へキックオフ!!から見た森島寛晃森島寛晃

    声 - 森島寛晃(本人役)銀河へキックオフ!! フレッシュアイペディアより)

  • せやねん!

    せやねん!から見た森島寛晃森島寛晃

    サッカー関連の話題で、森島寛晃(元セレッソ大阪選手、現在は同球団アンバサダー)のスタジオ出演や関西のJリーグ球団に所属する現役選手のVTR出演も多い。その影響もあって、トミーズ雅は2009年頃から、セレッソを応援することを当コーナーで公言している。大阪ダービーの前後には、MBSテレビでガンバ大阪の情報番組『GAMBA TV〜青と黒〜』のMCを務めるたむらも、(通常放送での出番より早く)当コーナーから出演。ガンバサポーターの代表として、雅と応援合戦を展開している。また、2010年のJリーグ開幕直前には、鬼武健二(Jリーグチェアマン)のインタビューVTRを放送した。せやねん! フレッシュアイペディアより)

  • 柿谷曜一朗

    柿谷曜一朗から見た森島寛晃森島寛晃

    この活躍によりドイツ1部・ニュルンベルクから移籍オファーを受け、本人曰く「98%くらい(ドイツへ)行く気やった」というが、シーズン終了後に森島寛晃の自宅に招かれ、直々に背番号「8」の継承を要請されたことに感激し、「迷わず、セレッソで8番をつける方を取った」と残留を決意。4年越しの想いを実らせ、森島、香川、清武と受け継がれてきたC大阪のエースナンバーを身につけた2013年は、第1節新潟戦からフォワードとして起用され、自らの決勝点により、クラブ14年ぶりのJ1開幕戦勝利をもたらした。その後もハイペースで得点を重ね、5月にはJリーグ月間MVPを受賞。7月、東アジアカップ2013に出場する日本代表に初選出された。同年はリーグ戦全34試合に出場し、森島が保持していたクラブ日本人J1シーズン最多得点記録(18得点)を更新する21得点をマーク。Jリーグベストイレブンに選出されたほか、第33節鹿島アントラーズ戦前半38分の得点(右サイドからのクロスボールをコントロールした後、リフティングでディフェンダーをかわしてアウトサイドボレーでゴールへ蹴りこんだもの)が、同年新設された最優秀ゴール賞に選出された。柿谷曜一朗 フレッシュアイペディアより)

  • インテル・ミラノ チャンネル

    インテル・ミラノ チャンネルから見た森島寛晃森島寛晃

    ゲスト解説者:山野孝義、森島寛晃、本並健治など、主に関西を拠点とする解説者のほか、木場昌雄、西澤明訓、播戸竜二、チェーザレ・ポレンギ(Goal.comライター)なども解説を担当したことがある。2012年頃より長谷川健太、水沼貴史など関西以外からの解説者も増えてきている。インテル・ミラノ チャンネル フレッシュアイペディアより)

  • FCバイエルン・ミュンヘンTV

    FCバイエルン・ミュンヘンTVから見た森島寛晃森島寛晃

    解説 本並健治、加茂周、森島寛晃(2009/10シーズンより)FCバイエルン・ミュンヘンTV フレッシュアイペディアより)

  • モリシ

    モリシから見た森島寛晃森島寛晃

    森島寛晃 - 日本のプロサッカー選手の愛称モリシ フレッシュアイペディアより)

  • 江添建次郎

    江添建次郎から見た森島寛晃森島寛晃

    2006年シーズンも当初はベンチ生活が続いたが、塚田雄二監督が就任してからは3バックのセンターとしてチームに欠かせない選手へと成長した。森島寛晃や前田和哉に代わってゲームキャプテンを務める試合も多かった。2009年も当初はスタメンとして起用されていたが、夏場以降はスタメンから外れた。江添建次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木悟 (サッカー選手)

    鈴木悟 (サッカー選手)から見た森島寛晃森島寛晃

    ディレクターとして初めて手掛けた番組は、セレッソ時代のチームメイト・森島寛晃の現役引退記念特別番組『ありがとうミスターセレッソ森島寛晃 〜引退・日本一腰の低いJリーガー〜』(2009年2月1日にMBSテレビが関西ローカルで放送)。現在は、関西圏で開催されるJリーグの中継に携わるかたわら、朝日放送のスポーツ部で『Monday! SPORTS - JAM』(ABCラジオ)などの番組の制作を受け持つ。ちなみに同番組では、Jリーグでのプレー経験を買われて、「F.C.オフサイドトーク」(サッカー情報コーナー)へコメンテーターとして出演することもある。鈴木悟 (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • 山橋貴史

    山橋貴史から見た森島寛晃森島寛晃

    札幌第一高等学校から1991年に日本サッカーリーグ(当時)のヤンマーに入部。チームがセレッソ大阪となった1994年シーズンにレギュラーポジションを獲得し、森島寛晃、マルキーニョスらとともに、攻撃の中心として活躍。同年のJFL優勝・Jリーグ昇格に貢献した。Jリーグデビューとなった1995年シーズンは、バルデスらの加入もあって先発出場は減るが、開幕戦の対広島戦では途中出場ながらVゴールを決めるなど、スーパーサブとして活躍した。その後1997年にコンサドーレ札幌、1999年に夕張ベアフット(現ベアフット北海道)に移籍した。ベアフットではプレーイングコーチとして指導者を目指し、2007年にU-15日本代表コーチ就任。それと共にS級ライセンスを取得した。山橋貴史 フレッシュアイペディアより)

  • 第83回天皇杯全日本サッカー選手権大会

    第83回天皇杯全日本サッカー選手権大会から見た森島寛晃森島寛晃

    試合は、序盤C大阪がバランスをとりながら前線から激しくプレスをかけ、バロン・大久保嘉人・森島寛晃の「1トップ2シャドウ」がゴールを伺う一方、磐田も両サイドの西紀寛・成岡翔がゴール前に切り込む動きを見せるが、どちらも決定機を作れずに両チーム無得点で前半を終える。第83回天皇杯全日本サッカー選手権大会 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
52件中 1 - 10件表示

「森島寛晃」のニューストピックワード