前へ 1 2 3 4 5
50件中 1 - 10件表示
  • 森島寛晃

    森島寛晃から見たフィリップ・トルシエ

    2000年には主将としてC大阪の快進撃を支えるも、ステージ優勝まであと1勝と迫った試合で敗れ、クラブの初タイトルを逃す。この年に2度目のベストイレブン選出。更に、フィリップ・トルシエの監督就任後遠ざかっていた日本代表にも再び選出され、C大阪のチームメイトである西澤明訓と共に日本の攻撃陣を牽引し、2000年のハッサン2世国王杯、アジアカップ、2001年のFIFAコンフェデレーションズカップなどで日本の大躍進に貢献する。森島寛晃 フレッシュアイペディアより)

  • 森島寛晃

    森島寛晃から見たペナルティ (お笑いコンビ)

    また、アニメ本編31話及び33話でも本人役として実況のヒデ(ペナルティ)と共に出演。森島寛晃 フレッシュアイペディアより)

  • 森島寛晃

    森島寛晃から見た大久保嘉人

    2006年、C大阪は2度目のJ2降格を喫する。西澤、大久保嘉人ら多くの主力選手が抜ける中、またも残留を選択。しかし、この頃に原因不明の首の痛みを発症。サッカーどころか日常生活にも苦労する状況に陥り、2007年はわずか5試合の出場で0得点と、自身初の年間無得点に終わる。森島寛晃 フレッシュアイペディアより)

  • 森島寛晃

    森島寛晃から見た岡田武史

    1994年には、Jリーグ入りを目指してセレッソ大阪へと改称したチームを引っ張り、プロ化1年目での昇格を達成。Jリーグに参入した1995年には、チームの中心として50試合に出場、11ゴールを挙げ、Jリーグベストイレブンに選出された。同年、加茂周監督により日本代表に初招集。加茂政権下ではレギュラーに定着、岡田武史への監督交代後は主にスーパーサブ的な起用をされ、1998年のワールドカップ フランス大会日本代表にも選出、1試合に出場した。森島寛晃 フレッシュアイペディアより)

  • 森島寛晃

    森島寛晃から見た木村和司

    尊敬する人物として、広島出身の同郷人であり、大河FCの先輩でもある木村和司を挙げており、1994年の天皇杯準決勝で、当時、横浜マリノス所属の木村と初めて対戦した。森島の座右の銘「心・技・体」は木村の座右の銘でもある。高校時代から現在まで欠かさず、毎年1年の始まり、1月1日の大河FCの初蹴りには必ず参加している。そして木村同様、森島も36歳で現役を引退することになった。森島寛晃 フレッシュアイペディアより)

  • 森島寛晃

    森島寛晃から見た西澤明訓

    2000年には主将としてC大阪の快進撃を支えるも、ステージ優勝まであと1勝と迫った試合で敗れ、クラブの初タイトルを逃す。この年に2度目のベストイレブン選出。更に、フィリップ・トルシエの監督就任後遠ざかっていた日本代表にも再び選出され、C大阪のチームメイトである西澤明訓と共に日本の攻撃陣を牽引し、2000年のハッサン2世国王杯、アジアカップ、2001年のFIFAコンフェデレーションズカップなどで日本の大躍進に貢献する。森島寛晃 フレッシュアイペディアより)

  • 森島寛晃

    森島寛晃から見た香川真司

    12月6日、J2最終戦 第45節 vs愛媛FC戦ロスタイムに、自身が後継者として指名した香川真司に代わり現役最後の公式戦出場を果たした。出場した時間はわずか28秒であった。試合後、スタジアムにて最後の挨拶を述べ、家族から花束をプレゼントされた後、チームメイトから胴上げされた。その後、場内を1周している途中に香川真司に8番のユニフォームを渡し、グラウンドで現役生活最後のゴールを狙いにいくが、シュートが外れたり、クロスバーに嫌われたりするなど、4本シュートを打って結局入ったゴールは、コロコロと転がるボールをゴールしただけだった。その後、香川真司をフィールドに呼び、香川のアシストを受けた森島は、ゴールを決め、ゴールを決めた時に見せる飛行機ポーズを披露した。最後に、全員で記念撮影をし、引退セレモニーが終了した。森島寛晃 フレッシュアイペディアより)

  • 森島寛晃

    森島寛晃から見た毎日放送

    ありがとうミスターセレッソ森島寛晃 〜引退・日本一腰の低いJリーガー〜(2009年2月1日、毎日放送森島寛晃 フレッシュアイペディアより)

  • 森島寛晃

    森島寛晃から見たヤンマー

    ヤンマー「エコトラ」(1998年)森島寛晃 フレッシュアイペディアより)

  • 森島寛晃

    森島寛晃から見た加茂周

    1994年には、Jリーグ入りを目指してセレッソ大阪へと改称したチームを引っ張り、プロ化1年目での昇格を達成。Jリーグに参入した1995年には、チームの中心として50試合に出場、11ゴールを挙げ、Jリーグベストイレブンに選出された。同年、加茂周監督により日本代表に初招集。加茂政権下ではレギュラーに定着、岡田武史への監督交代後は主にスーパーサブ的な起用をされ、1998年のワールドカップ フランス大会日本代表にも選出、1試合に出場した。森島寛晃 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
50件中 1 - 10件表示

「森島寛晃」のニューストピックワード