50件中 31 - 40件表示
  • 森島寛晃

    森島寛晃から見たサッカーチュニジア代表

    2001年、C大阪がJ2に降格。他クラブからのオファーもあったがそれを全て断り、C大阪に残留。1年でのJ1復帰に貢献した。2002年の日韓ワールドカップには、西澤と共にJ2クラブからの代表選出を果たし、グループリーグ第3節・対チュニジア戦で、日本の決勝トーナメント進出を決める決勝点を挙げる。この試合の会場は、C大阪の本拠地・長居スタジアムであり、「自国開催のワールドカップで、自分のホームスタジアムで得点を挙げる」という稀有な記録でもあった。2003年以降は代表からは遠ざかるも、クラブでは引き続き主力として活躍。「セレッソの象徴」としてサポーターから特別視されるようになる。森島寛晃 フレッシュアイペディアより)

  • 森島寛晃

    森島寛晃から見たFCバイエルン・ミュンヘンTV

    FCバイエルン・ミュンヘンTV(2009年10月 - 、GAORA) - 解説者として森島寛晃 フレッシュアイペディアより)

  • 森島寛晃

    森島寛晃から見た日本

    森島 寛晃(もりしま ひろあき、1972年4月30日 - )は、広島県広島市南区出身の日本の元プロサッカー選手、サッカー指導者。愛称は「ミスターセレッソ」「モリシ」。ポジションはミッドフィールダー(OH)、フォワード(ST)。森島寛晃 フレッシュアイペディアより)

  • 森島寛晃

    森島寛晃から見た日本サッカーリーグ

    広島県の名門クラブ、大河FCから、静岡県の東海大学第一高校(現:東海大学付属翔洋高校)へ進学し、1991年に、当時JSL2部のヤンマーディーゼルサッカー部に入団。入団当初からプロ選手として契約し、高卒1年目から出場機会を得て、2年目以降は完全に主力へ定着した。森島寛晃 フレッシュアイペディアより)

  • 森島寛晃

    森島寛晃から見たサッカー

    森島 寛晃(もりしま ひろあき、1972年4月30日 - )は、広島県広島市南区出身の日本の元プロサッカー選手、サッカー指導者。愛称は「ミスターセレッソ」「モリシ」。ポジションはミッドフィールダー(OH)、フォワード(ST)。森島寛晃 フレッシュアイペディアより)

  • 森島寛晃

    森島寛晃から見た亀山つとむのかめ友 Sports Man Day

    亀山つとむのかめ友 Sports Man Day(2009年4月6日 - 、MBSラジオ、月に1回出演) - 週替わりゲスト「かめ友」の1人として登場森島寛晃 フレッシュアイペディアより)

  • 森島寛晃

    森島寛晃から見た花影忍法帳コミ☆トレ

    花影忍法帳コミ☆トレ 第32回(2010年10月、教育テレビ) - 本人 役森島寛晃 フレッシュアイペディアより)

  • 森島寛晃

    森島寛晃から見た1998 FIFAワールドカップ

    1994年には、Jリーグ入りを目指してセレッソ大阪へと改称したチームを引っ張り、プロ化1年目での昇格を達成。Jリーグに参入した1995年には、チームの中心として50試合に出場、11ゴールを挙げ、Jリーグベストイレブンに選出された。同年、加茂周監督により日本代表に初招集。加茂政権下ではレギュラーに定着、岡田武史への監督交代後は主にスーパーサブ的な起用をされ、1998年のワールドカップ フランス大会日本代表にも選出、1試合に出場した。森島寛晃 フレッシュアイペディアより)

  • 森島寛晃

    森島寛晃から見たニューステラス関西

    ニューステラス関西スポーツコーナー「モリシがいく!」(2008年 - 、NHK大阪放送局、月に1回出演) - C大阪以外のJリーグチームや大学サッカーの取材も担当森島寛晃 フレッシュアイペディアより)

  • 森島寛晃

    森島寛晃から見た大阪市長居陸上競技場

    2001年、C大阪がJ2に降格。他クラブからのオファーもあったがそれを全て断り、C大阪に残留。1年でのJ1復帰に貢献した。2002年の日韓ワールドカップには、西澤と共にJ2クラブからの代表選出を果たし、グループリーグ第3節・対チュニジア戦で、日本の決勝トーナメント進出を決める決勝点を挙げる。この試合の会場は、C大阪の本拠地・長居スタジアムであり、「自国開催のワールドカップで、自分のホームスタジアムで得点を挙げる」という稀有な記録でもあった。2003年以降は代表からは遠ざかるも、クラブでは引き続き主力として活躍。「セレッソの象徴」としてサポーターから特別視されるようになる。森島寛晃 フレッシュアイペディアより)

50件中 31 - 40件表示

「森島寛晃」のニューストピックワード