前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
71件中 1 - 10件表示
  • グローバル・リーグ戦

    グローバル・リーグ戦から見た森嶋猛森嶋猛

    丸藤正道、森嶋猛、モハメド・ヨネ、齋藤彰俊、高山善廣(高山堂)、川田利明(フリー)グローバル・リーグ戦 フレッシュアイペディアより)

  • ナイジェル・マッギネス

    ナイジェル・マッギネスから見た森嶋猛森嶋猛

    2006年5月に行われたイギリスのプロレス団体1PW(One Pro Wretring)の"Know Your Enemy"大会では、ダグ・ウィリアムスと組んで当時のGHCタッグ王者の森嶋猛、モハメド・ヨネ組に挑戦。1PWの試合ルールで行われたため、30分1本勝負となり、30分の時間切れ引き分けで、王座獲得に至らなかった。同年後半にはノアにおいて空位となった同タッグ王座の決定トーナメントに、ウィリアムスと組んで参加。1回戦で田上明、SUWA組と対戦するも敗北した。ナイジェル・マッギネス フレッシュアイペディアより)

  • KENTA

    KENTAから見た森嶋猛森嶋猛

    2006年から断続的に続いていた対ヘビー級路線は2007年に入り森嶋猛とのシングルという形に結実した。2006年12月にSEMで引き分けたことに続き、2007年3月には日本武道館のメインイベントでROH世界王座戦(2007年1月に森嶋がROH世界王者になっていた)という形で森嶋に挑むも敗北。その後、下記に示す石森太二とのタッグ結成により再びジュニアヘビー級戦線に戻るかと思われたが、対ヘビー級の能力も高く評価されており、アメリカで三沢光晴を相手にGHCヘビー級選手権試合を行ったりする等、時々ヘビー級戦線に参戦している。KENTA フレッシュアイペディアより)

  • BRAVE (プロレス)

    BRAVE (プロレス)から見た森嶋猛森嶋猛

    3月14日、3月18日横浜大会で、森嶋猛が保持するGHCヘビー級王座に杉浦貴が挑戦する予定だったが、椎間板ヘルニアにより余儀なく同王座挑戦を辞退し、代役として丸藤正道が挑戦し敗北した。また、同日にはマルビンが、同じメキシコ出身のスペル・クレイジーと組んで、GHCジュニアヘビー級タッグ王者の鈴木鼓太郎・青木篤志組に挑戦し、惜敗した。BRAVE (プロレス) フレッシュアイペディアより)

  • 潮崎豪

    潮崎豪から見た森嶋猛森嶋猛

    その後、風格・肉体も大きくなって凱旋帰国し、2008年12月23、24日にディファ有明で行われた「ザ・トーナメント'08」に参戦。1回戦で森嶋猛、2回戦で小川とチャンピオン経験者を連破する形で準々決勝(3回戦)に進出するも、当時GHCヘビー級王者であった佐々木健介に敗れる。しかし、その後も力皇猛・バイソン・スミスなどチャンピオンクラスの先輩選手を次々撃破している。この頃、寮生活を卒業し、一人暮らしを始めている。潮崎豪 フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦貴

    杉浦貴から見た森嶋猛森嶋猛

    高校生(中京高等学校。現在の中京大学附属中京高等学校)時代は柔道を経験、柔道2段である。自衛隊に入隊し、体育学校に入校、アマチュアレスリングを始める。アマチュアレスリングの全日本選手権グレコローマン82kg級優勝および国体で3度優勝の実績を持つ。その後、オリンピック出場を逃し、一般自衛隊員への異動を命ぜられるが、それを断り本田多聞を慕って全日本プロレスに入団、田上明の付き人となる。入団直後、デビュー前に同団体が分裂。練習生のままノアに移籍した。2000年12月23日、東京・有明コロシアムにおける志賀賢太郎、金丸義信、森嶋猛戦で、ノア最初の新人レスラーとしてデビュー(パートナーは井上雅央と力皇猛)した。杉浦貴 フレッシュアイペディアより)

  • ノーフィアー

    ノーフィアーから見た森嶋猛森嶋猛

    なお、アジアタッグ王座、世界タッグ王座、GHCタッグ王座をそれぞれ1度ずつ戴冠しているが意外にもすべて初防衛に失敗している(アジアタッグ、世界タッグは共に三沢光晴&小川良成組に、GHCタッグは森嶋猛&力皇猛組に奪取されている)。一時期2人は最強のタッグ屋といわれたが結局防衛は一度もできなかった。ノーフィアー フレッシュアイペディアより)

  • ラリアット

    ラリアットから見た森嶋猛森嶋猛

    多くのレスラーは逆転技として使用するが、スタン・ハンセンや小島聡はフィニッシュとして使用する場合がある。その場合は相手をハンマースルーでロープに振って、返ってきたところにカウンターで決める。森嶋猛は、背後からの攻撃に対して振り向きざまに見舞うラリアットも得意としている。ラリアット フレッシュアイペディアより)

  • インターナショナル・プロ・レスリング:ユナイテッド・キングダム

    インターナショナル・プロ・レスリング:ユナイテッド・キングダムから見た森嶋猛森嶋猛

    また、日本のプロレスリング・ノアと協力関係にあり、年に数回、ノアの主力選手が遠征を行い参戦する。2010年8月には、金丸義信がザック・セイバー・ジュニアを相手にGHCジュニアヘビー級選手権を行っている。さらに2011年5月、杉浦貴がデイブ・マスティフを相手にGHCヘビー級選手権を行った。他に、IPWの王座に森嶋猛・潮崎豪・石森太二などが挑戦した経験がある。なお、大日本プロレスの一部選手も参戦経験がある。インターナショナル・プロ・レスリング:ユナイテッド・キングダム フレッシュアイペディアより)

  • 齋藤彰俊

    齋藤彰俊から見た森嶋猛森嶋猛

    2000年10月にプロレスリング・ノアから声がかかり、青柳とともに参戦。以降、フリーの立場で継続参戦する。その後秋山準に共鳴しスターネス入り。秋山の正パートナーとして2002年9月23日に力皇猛&森嶋猛組を破り、第5代GHCタッグ王座を獲得した。2004年7月にスターネスを離脱。井上雅央、杉浦貴らとともにダーク・エージェントを結成した。齋藤彰俊 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
71件中 1 - 10件表示

「森嶋猛」のニューストピックワード