前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
86件中 1 - 10件表示
  • BRAVE (プロレス)

    BRAVE (プロレス)から見た森嶋猛森嶋猛

    3月14日、3月18日横浜大会で、森嶋猛が保持するGHCヘビー級王座に杉浦貴が挑戦する予定だったが、椎間板ヘルニアにより余儀なく同王座挑戦を辞退し、代役として丸藤正道が挑戦し敗北した。また、同日にはマルビンが、同じメキシコ出身のスペル・クレイジーと組んで、GHCジュニアヘビー級タッグ王者の鈴木鼓太郎・青木篤志組に挑戦し、惜敗した。BRAVE (プロレス) フレッシュアイペディアより)

  • 超危暴軍

    超危暴軍から見た森嶋猛森嶋猛

    2014年1月5日、同団体後楽園ホール大会にて、王者KENTAからGHCヘビー級王者を奪還した森嶋猛は試合後、当時加盟していた「BRAVE」のメンバーを呼び寄せたが、孤立していたマイバッハ谷口、みちのくプロレスの拳王が乱入すると、森嶋とともにBRAVEメンバーを攻撃、森嶋はBRAVEを離脱し、新軍団の結成を宣告した。超危暴軍 フレッシュアイペディアより)

  • グローバル・リーグ戦

    グローバル・リーグ戦から見た森嶋猛森嶋猛

    丸藤正道、森嶋猛、モハメド・ヨネ、齋藤彰俊、高山善廣(高山堂)、川田利明(フリー)グローバル・リーグ戦 フレッシュアイペディアより)

  • ナイジェル・マッギネス

    ナイジェル・マッギネスから見た森嶋猛森嶋猛

    2006年5月に行われたイギリスのプロレス団体1PW(One Pro Wretring)の"Know Your Enemy"大会では、ダグ・ウィリアムスと組んで当時のGHCタッグ王者の森嶋猛、モハメド・ヨネ組に挑戦。1PWの試合ルールで行われたため、30分1本勝負となり、30分の時間切れ引き分けで、王座獲得に至らなかった。同年後半にはノアにおいて空位となった同タッグ王座の決定トーナメントに、ウィリアムスと組んで参加。1回戦で田上明、SUWA組と対戦するも敗北した。ナイジェル・マッギネス フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木修 (作曲家)

    鈴木修 (作曲家)から見た森嶋猛森嶋猛

    2010年11月より全国ツアーを開始。同年12月、森嶋猛「EXTRA STATUS」、潮崎豪「ENFONCER アンフォンセ」の収録されたソロアルバムを発表。船木誠勝「TO-U」は1988年作曲の2010年リメイク版。真田聖也「PROBABILITY」、征矢学「WILD WATT」も制作。2011橋本大地Ver.爆勝宣言を含むアルバム「ZERO-1」をリリース。他にも、企業テーマ曲、個人依頼曲等をはじめ、2012宝塚歌劇団月組公演『Misty Station』?霧の終着駅? 2014宝塚歌劇団花組公演『TAKARAZUA夢∞眩』2015年宝塚歌劇団雪組公演『ラエスメラルダ』での楽曲提供がある。鈴木修 (作曲家) フレッシュアイペディアより)

  • ノーフィアー

    ノーフィアーから見た森嶋猛森嶋猛

    なお、アジアタッグ王座、世界タッグ王座、GHCタッグ王座をそれぞれ1度ずつ戴冠しているが意外にもすべて初防衛に失敗している(アジアタッグ、世界タッグは共に三沢光晴&小川良成組に、GHCタッグ王座は森嶋猛&力皇猛組に奪取されている)。一時期2人は最強のタッグ屋といわれたが結局防衛は一度もできなかった。ノーフィアー フレッシュアイペディアより)

  • 力皇猛

    力皇猛から見た森嶋猛森嶋猛

    同年森嶋猛とのタッグチーム「WILD II」を結成する。2002年2月17日、日本武道館大会で「WILD II」として大森隆男&高山善廣組を倒し、GHCタッグ王座を戴冠。しかし、9月23日の日本武道館大会で齋藤彰俊&秋山準組に敗れ、GHCタッグ王座を失った。力皇猛 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木 健介

    佐々木健介から見た森嶋猛森嶋猛

    2007年8月26日、三冠ヘビー級選手権試合で王者である鈴木みのると対戦。この試合のために新技「キングバスター」「ストラングルホールドZ」を開発した。42分の激闘の末にラリアットで下し、3度目の正直で、三冠王座初戴冠を果たした。その後、諏訪魔により王座陥落し主戦場をNOAHに移した。2008年9月6日、NOAHで森嶋猛からGHCヘビー級王座を奪取し、プロレス史上初めて日本国内3大メジャー団体(新日本・全日本・NOAH)のヘビー級シングルタイトルを奪取した。佐々木健介 フレッシュアイペディアより)

  • 齋藤彰俊

    齋藤彰俊から見た森嶋猛森嶋猛

    2000年10月にプロレスリング・ノアから声がかかり、青柳とともに参戦、以降はフリーの立場で継続参戦する。その後秋山準に共鳴しスターネス入り。秋山の正パートナーとして2002年9月23日に力皇猛&森嶋猛組を破り、第5代GHCタッグ王座を獲得した。2004年7月にスターネスを離脱。井上雅央、杉浦貴らとともにダーク・エージェントを結成した。齋藤彰俊 フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦貴

    杉浦貴から見た森嶋猛森嶋猛

    その後、オリンピック出場を逃したため一般自衛隊員への異動を命ぜられるが、もうすでに自衛隊に残ることや一般企業に再就職することは考えておらず、プロレス転身に対する思いを胸に秘めるようになった。しかしプロレス転身の際に29歳であった上に妻と1児を抱えていたため、公務員を辞めるかどうかで悩んでいたが、ある日妻が「これからどうするの?」と食事の席で聞いてきて、口ごもっていたら「プロレスやったら?」と言い出したので、自身の望みを打ち明けた。自衛隊OBの本田多聞を慕って全日本プロレスに入団し田上明の付き人となった。入団直後、デビュー前に同団体が分裂。練習生のままノアに移籍した。2000年に入ってから三沢光晴に声をかけられ、給料については「心配しないでいいよ。オマエは家族がいるんだから」と自衛隊で貰っていた分の給料を貰うなど特別待遇を得ていた。12月23日、東京・有明コロシアムにおける志賀賢太郎、金丸義信、森嶋猛戦で、ノア最初の新人レスラーとしてデビュー(パートナーは井上雅央と力皇猛)した。杉浦貴 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
86件中 1 - 10件表示

「森嶋猛」のニューストピックワード