71件中 11 - 20件表示
  • 佐々木 健介

    佐々木健介から見た森嶋猛森嶋猛

    2007年8月26日、三冠ヘビー級選手権試合で王者である鈴木みのると対戦。この試合のために新技「キングバスター」「ストラングルホールドZ」を開発した。42分の激闘の末にラリアットで下し、3度目の正直で、三冠王座初戴冠を果たした。その後、諏訪魔により王座陥落し主戦場をNOAHに移した。2008年9月6日、NOAHで森嶋猛からGHCヘビー級王座を奪取し、史上初めて日本国内3大メジャー団体(新日本・全日本・NOAH)のヘビー級シングルタイトルを奪取した。佐々木健介 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木修 (作曲家)

    鈴木修 (作曲家)から見た森嶋猛森嶋猛

    2010年11月より全国ツアーを開始。同年12月、森嶋猛「EXTRA STATUS」、潮崎豪「ENFONCER アンフォンセ」の収録されたソロアルバムを発表。船木誠勝「TO-U」は1988年作曲の2010年リメイク版。真田聖也「PROBABILITY」、征矢学「WILD WATT」も制作。2011橋本大地Ver.爆勝宣言を含むアルバム「ZERO-1」をリリース。他にも、企業テーマ曲、個人依頼曲等をはじめ、2012宝塚歌劇団月組公演『Misty Station』?霧の終着駅?鈴木修 (作曲家) フレッシュアイペディアより)

  • プロレスリング・ノア

    プロレスリング・ノアから見た森嶋猛森嶋猛

    全日本プロレス時代からの慣習(馬場の指導)で、入門順に関わらず年長のレスラーは「?さん」を付けて名前を呼び、年齢に関わらず入門順の早いレスラーを同様に「?さん」付けで呼ぶ。このため先輩後輩がお互いを「さん」付けで呼び合うケースがよく見られる。例を挙げると、力皇猛は森嶋猛や丸藤正道らよりプロレス界では後輩になるが、森嶋や丸藤らは「リキさん」と「さん付け」し、敬語を使っている。杉浦貴も自衛隊でレスリングの実績を積んでいた関係上、入門が遅れているが、金丸義信らは「杉浦さん」と呼び、敬語を使う。その他、レスリング界で随一の実績を持つ本田多聞も入門が遅れているが、小橋建太はプライベートでは「本田」とは呼ばず、「本田選手」「多聞ちゃん」などと呼んでいるほか、秋山準も「本田さん」「多聞さん」などと呼ぶ。ただし齋藤彰俊は、自身より年下でデビューも遅い秋山に対して「秋山選手」と呼んで敬語を使うのだが、その秋山より先輩である井上雅央に対しては「マサオ」と怒鳴ったような口調で呼んでいる。プロレスリング・ノア フレッシュアイペディアより)

  • 丸藤正道

    丸藤正道から見た森嶋猛森嶋猛

    復帰直後の2003年1月に、三沢とのシングルを経験する。結果は敗北。これを期に丸藤はWAVEを脱退し、三沢の付き人も同時に卒業する。その直後から「下克上」を旗印に、同じく若手のWILD II(森嶋猛&力皇猛)やKENTAと共闘を始め「ジュニアの体のままヘビーに挑戦」と目標を定める。この一環で2003年4月5日には秋山準&齋藤彰俊組が保持するGHCタッグ王座にも森嶋と共に挑戦を果たした。丸藤正道 フレッシュアイペディアより)

  • バックドロップ

    バックドロップから見た森嶋猛森嶋猛

    現代においてバックドロップを明確にフィニッシュとして用いているのは渕正信、森嶋猛、小川良成、永田裕志、大矢剛功、山本尚史、百田光雄、後藤達俊、間下隼人等である。小川や永田はバックドロップ・ホールドも得意としており、フィニッシュにはこちらの方がよく使われている。バックドロップ フレッシュアイペディアより)

  • ディファ有明戦隊ノアレンジャー

    ディファ有明戦隊ノアレンジャーから見た森嶋猛森嶋猛

    クマレンジャー28号:森嶋猛ディファ有明戦隊ノアレンジャー フレッシュアイペディアより)

  • オープンブロー

    オープンブローから見た森嶋猛森嶋猛

    また、握った拳と手首の中間辺りで殴打するオープン・ハンド・ブローという技もあり、ベイダー(ベイダー・ハンマーとして使用)や森嶋猛(モリシー・ハンマーとして使用)が得意としている。オープンブロー フレッシュアイペディアより)

  • モリシー

    モリシーから見た森嶋猛森嶋猛

    森嶋猛 - 日本のプロレスラーモリシー フレッシュアイペディアより)

  • スパイン・バスター

    スパイン・バスターから見た森嶋猛森嶋猛

    他の使い手ではカーティス・ヒューズなどがいる。日本人選手では、森嶋猛が巨体を利用して若手時代に決め技としていた。スパイン・バスター フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・モデスト

    マイケル・モデストから見た森嶋猛森嶋猛

    2001年7月、視察に訪れたプロレスリング・ノアの三沢光晴の招聘により来日。タッグパートナーのドノバン・モーガンと共に、同団体の常連レスラーとなる。同年開催の初代GHCタッグ王座決定トーナメントにおいては、10月6日の1回戦で優勝候補のワイルドII(力皇猛・森嶋猛組)を撃破する金星を挙げたが、2回戦で秋山準・齋藤彰俊組に敗退した。マイケル・モデスト フレッシュアイペディアより)

71件中 11 - 20件表示

「森嶋猛」のニューストピックワード