71件中 31 - 40件表示
  • モハメド・ヨネ

    モハメド・ヨネから見た森嶋猛森嶋猛

    2005年3月5日、丸藤正道を破り第3代グローバル・ハードコア・クラウン王者となった。この頃から森嶋猛とタッグを組むことが多くなり、2005年10月28日、鈴木みのる&丸藤正道組よりGHCタッグ王座を奪取。モハメド・ヨネ フレッシュアイペディアより)

  • 佐野巧真

    佐野巧真から見た森嶋猛森嶋猛

    GHCタッグ王座決定トーナメントでは、UWF時代の後輩・高山とのタッグで参戦。決勝まで進んだが森嶋猛&モハメド・ヨネ組に敗れるもこのトーナメントで評価を上げた。高山は決勝の試合前インタビューで「佐野さんを本気にさせたら殺されるからね」と語っていた。佐野巧真 フレッシュアイペディアより)

  • 池田大輔

    池田大輔から見た森嶋猛森嶋猛

    2000年5月にバトラーツを退団するが、同年6月に継続参戦していた全日本プロレスが分裂。池田も多くのレスラーと共に旗揚げ間もないプロレスリング・ノアに入団。2004年6月1日、森嶋猛を破り、WLW世界ヘビー級王座を獲得。池田大輔 フレッシュアイペディアより)

  • プロレスリング・セム

    プロレスリング・セムから見た森嶋猛森嶋猛

    2006年1月、ノア取締役の仲田龍は「若手ばかりの興行をやりたい」と明言。2005年末に若手4人がデビューしたものの、団体内の選手数が飽和状態であり、天龍源一郎や鈴木みのるといった大物フリー選手も参戦しているため、シリーズ内では試合の無い日も多い。三沢光晴社長は試合で選手が伸びるという方針のため、試合数が少ない若手にチャンスを与えようと、丸藤正道、KENTA、力皇猛、森嶋猛らをエースに据えた若手中心の大会を計画。プロレスリング・セム フレッシュアイペディアより)

  • デイブ・マスティフ

    デイブ・マスティフから見た森嶋猛森嶋猛

    同年4月から5月にかけて、IPWへ参戦してきた日本のプロレスリング・ノア勢と対戦。4月4日のシッテイングボーン大会では森嶋猛を相手に防衛戦を行い、30分時間切れ引き分けにより2度目の王座防衛を果たした。デイブ・マスティフ フレッシュアイペディアより)

  • ダニエル・クロス

    ダニエル・クロスから見た森嶋猛森嶋猛

    WLWとプロレスリング・ノアが共催したレスリング・キャンプに2004年から2006年まで3年参加。06年に同キャンプを視察した丸藤正道、KENTAと対戦。また12月にはWLWマットで力皇猛、森嶋猛、丸藤正道とも対戦した。これがきっかけで2007年4月にテッド・デビアス・ジュニアとともにノアへ留学生として初参戦・初来日が決定した。。ダニエル・クロス フレッシュアイペディアより)

  • ドロップキック

    ドロップキックから見た森嶋猛森嶋猛

    1948年にアントニオ・ロッカが開発して披露しているが、日本では国際プロレスに来日したエドワード・カーペンティアが初公開(週刊プロレスビデオ増刊号のレトロ編1に収録されている)、さらに1975年に全日本プロレスに来日したリッキー・ギブソン(ロックンロール・エクスプレスのロバート・ギブソンの実兄)が公開し、話題となった。テネシー地区で彼のライバルだったココ・B・ウェアも得意としている。日本ではこの技をギブスンに受けたジャンボ鶴田がウルトラCドロップキック、ジャンボ・ミサイルキックの名称で若手時代の切り札にしていた。ダイナマイト・キッドやジョニー・スミスは着地した後にヘッド・スプリングの要領ですっと立ち上がるスタイルで人気だった。高野拳磁は2メートルの巨体からこの技を繰り出し、「人間バズーカ」の異名をとった。また、森嶋猛のものは「スカッド・ミサイル」と呼ばれ、この技を喰らった丸藤正道が、その威力の凄まじさから実在のミサイル兵器をイメージして命名した。ドロップキック フレッシュアイペディアより)

  • パンチング

    パンチングから見た森嶋猛森嶋猛

    腕パンチとも言われ、元アマチュアボクサーの経歴を持っていたベイダーが、「プロレスの試合でも思い切り殴りたい」と考え、かつて存在したUWFインターナショナル時代に開発した技である。握りこぶしを握って、腕と拳の境目付近、手首辺りで相手を殴打する技。フックのように横から腕を振り回すように繰り出す。頭部を狙うことが多く、相手は頭部を大きく振られる。左右の腕で交互に連続して繰り出すと強力。拳で殴打をしないため、反則を取られず、思い切り殴りつけることが可能である。上記のベイダーがベイダー・ハンマーの名称で使用。最近では森嶋猛がモリシー・ハンマーという名称で使用している。パンチング フレッシュアイペディアより)

  • プロレス大賞

    プロレス大賞から見た森嶋猛森嶋猛

    敢闘賞:森嶋猛(NOAH)プロレス大賞 フレッシュアイペディアより)

  • 鷹木信悟

    鷹木信悟から見た森嶋猛森嶋猛

    2007年4月17日の後楽園大会に突如現れ、B×Bハルク、サイバー・コング、YAMATOとの新ユニットNEW HAZARD結成と5月からの日本マット完全復帰を宣言。4月28日に森嶋猛が持っていたROH世界ヘビー級王座に挑むも敗北。同年7月の神戸ワールド記念ホールではB×Bハルク、サイバー・コングと共にオープン・ザ・トライアングルゲートを奪取した。同年11月にGammaを下してCIMAの持つオープン・ザ・ドリームゲートへの挑戦権を獲得。大阪府立体育会館でCIMAと激闘を繰り広げるが、最後はCIMAのホルヘ・コンプリートの前に敗れた。鷹木信悟 フレッシュアイペディアより)

71件中 31 - 40件表示

「森嶋猛」のニューストピックワード