86件中 41 - 50件表示
  • KAZMA SAKAMOTO

    KAZMA SAKAMOTOから見た森嶋猛森嶋猛

    5月6日第3回ディファカップでROHヘビー級王者森嶋猛に挑戦するも敗北。KAZMA SAKAMOTO フレッシュアイペディアより)

  • ドロップキック

    ドロップキックから見た森嶋猛森嶋猛

    1948年にアントニオ・ロッカが開発して披露しているが日本では国際プロレスに来日したエドワード・カーペンティアが初公開したうえ(『週刊プロレス』ビデオ増刊号のレトロ編1に収録されている)、1975年には全日本プロレスに来日したリッキー・ギブソン(ロックンロール・エクスプレスのロバート・ギブソンの実兄)が公開して話題となった。テネシー地区でギブソンのライバルだったココ・B・ウェアも得意技としている。日本では、この技をギブソンに受けたジャンボ鶴田が、ウルトラC・ドロップキック、ジャンボ・ミサイルキックの名称で若手時代の切り札にしていた。ダイナマイト・キッドやジョニー・スミスは、着地した後にヘッド・スプリングの要領ですっと立ち上がるスタイルで人気だった。高野拳磁は2メートルの巨体から、この技を繰り出して「人間バズーカ」の異名をとった。また、森嶋猛のものはスカッド・ミサイルキックと呼ばれて、この技を喰らった丸藤正道が、その威力の凄まじさから実在のミサイル兵器をイメージして命名。そのほかに高田延彦も使用。ドロップキック フレッシュアイペディアより)

  • 大原はじめ

    大原はじめから見た森嶋猛森嶋猛

    2014年1月、NO MERCYを裏切り森嶋猛率いる「超危暴軍」へ加入した。大原はじめ フレッシュアイペディアより)

  • 村上和成

    村上和成から見た森嶋猛森嶋猛

    10月6日、プロレスリング・ノアに初参戦を果たし、タッグマッチで三沢光晴と対戦。13日のNOAH大阪大会で三沢とシングルで戦ったが、完敗した。また、小橋建太&本田多聞組が小橋の病による長期離脱により返上し空位となっていたGHCタッグ王座の新王者決定トーナメントに大谷と出場(準決勝で森嶋猛&モハメド・ヨネ組に敗退)、12月2日のNOAH横浜文化体育館大会では大谷、高岩竜一と組んで、秋山準、金丸義信、橋誠と対戦した。村上和成 フレッシュアイペディアより)

  • モハメド・ヨネ

    モハメド・ヨネから見た森嶋猛森嶋猛

    2005年3月5日、丸藤を破り第3代グローバル・ハードコア・クラウン王者となった。この頃から森嶋猛とタッグを組むことが多くなり、2005年10月28日、鈴木みのる&丸藤組よりGHCタッグ王座を奪取。モハメド・ヨネ フレッシュアイペディアより)

  • ROH

    ROHから見た森嶋猛森嶋猛

    主な日本人の参戦経験者は、武藤敬司、小橋建太、獣神サンダー・ライガー、田中将斗、大谷晋二郎、ミラノコレクションA.T.、丸藤正道、KENTA、CIMA、飯伏幸太、坂井澄江、松本浩代、中川ともか、栗原あゆみなどである。2007年2月には、森嶋猛がホミサイドを破り、ROHヘビー級王座を獲得。3月には、土井成樹と鷹木信悟がROH世界タッグ王座を獲得している。ROH フレッシュアイペディアより)

  • 橋誠

    橋誠から見た森嶋猛森嶋猛

    如水館高校時代に柔道を経験。卒業後、建設会社に入社するもプロレスラーの夢を捨てきれず自らトレーニングを積んで新人プロレスラー募集に応募し、1997年に全日本プロレスに入団。当時は川田利明の付き人を務めた。同期生には森嶋猛がおり、丸藤正道も後輩であるが入団が近いためほぼ同期として扱われる。橋誠 フレッシュアイペディアより)

  • タイガーマスク

    タイガーマスクから見た森嶋猛森嶋猛

    2010年10月から放送された「CRフィーバータイガーマスク」のテレビコマーシャルに登場した覆面レスラーはプロレスリング・ノアに所属する選手が演じた。その内訳は、タイガーマスク(丸藤正道)、ブラックバイソン(杉浦貴)、キングサタン(潮崎豪)、スカルスター(志賀賢太郎)、ゴールデンマスク(佐野巧真)、エジプトミイラ(井上雅央)、ライオンマン(森嶋猛)。タイガーマスク フレッシュアイペディアより)

  • 神取忍

    神取忍から見た森嶋猛森嶋猛

    2005年3月5日、秋山準・森嶋猛のセコンドとしてプロレスリング・ノアに登場、相手セコンドの北斗晶と接触。「(対戦相手の)天龍源一郎と(セコンドの)北斗晶が一番嫌いな人を」と秋山準に請われてのものである。神取忍 フレッシュアイペディアより)

  • 潮崎豪

    潮崎豪から見た森嶋猛森嶋猛

    その後、風格・肉体も大きくなって凱旋帰国し、2008年12月23、24日にディファ有明で行われた「ザ・トーナメント'08」に参戦。1回戦で森嶋猛、2回戦で小川とチャンピオン経験者を連破する形で準々決勝(3回戦)に進出するも、当時GHCヘビー級王者であった佐々木健介に敗れる。しかし、その後も力皇猛・バイソン・スミスなどチャンピオンクラスの先輩選手を次々撃破している。この頃、寮生活を卒業し、一人暮らしを始めている。潮崎豪 フレッシュアイペディアより)

86件中 41 - 50件表示

「森嶋猛」のニューストピックワード