71件中 41 - 50件表示
  • 力皇猛

    力皇猛から見た森嶋猛森嶋猛

    同年森嶋猛とのタッグチーム「WILD II」を結成する。2002年2月17日、日本武道館大会で「WILD II」として大森隆男&高山善廣組を倒し、GHCタッグ王座を戴冠。しかし、9月23日の日本武道館大会で齋藤彰俊&秋山準組に敗れ、GHCタッグ王座を失った。力皇猛 フレッシュアイペディアより)

  • 橋誠

    橋誠から見た森嶋猛森嶋猛

    如水館高校時代に柔道を経験。卒業後、建設会社に入社するもプロレスラーの夢を捨てきれず自らトレーニングを積んで新人プロレスラー募集に応募し、1997年に全日本プロレスに入団。当時は川田利明の付き人を務めた。同期生には森嶋猛がおり、また丸藤正道は後輩であるが入団が近いためほぼ同期。橋誠 フレッシュアイペディアより)

  • プロレスリング・ノア 東京ドーム大会

    プロレスリング・ノア 東京ドーム大会から見た森嶋猛森嶋猛

    第8試合(IWGPタッグ選手権試合) ○高山善廣、鈴木みのる vs 力皇猛、●森嶋猛プロレスリング・ノア 東京ドーム大会 フレッシュアイペディアより)

  • パワーボム

    パワーボムから見た森嶋猛森嶋猛

    主な使い手としては森嶋猛、真壁刀義、エル・サムライのほかにテリー・ゴディも数度使用したこともある。さらにマイク・バートンはバートン・ディザスター、ボブ・サップはビースト・ボム、パトリオットはスカイハイ・ジャンピング・パワーボムとして使用。また、矢野通はこの技の改良版である鬼殺しを考案している。パワーボム フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ハリス・ブラザーズ

    ザ・ハリス・ブラザーズから見た森嶋猛森嶋猛

    同年7月、WLW世界ヘビー級王座を奪取。同年9月12日、ノアの日本武道館大会で森嶋猛を相手に防衛戦を行った。14分29秒、森嶋のバックドロップの前に敗北し、王座から陥落した。ザ・ハリス・ブラザーズ フレッシュアイペディアより)

  • B.J.ホイットマー

    B.J.ホイットマーから見た森嶋猛森嶋猛

    ROHはノアと提携していることから、2005年に久々にノアへ参戦する。以前はノアではジュニアヘビー級戦線で活躍したが、今度はヘビー級戦線へ転向し、同年8月から9月にかけてのツアー参戦では、モハメド・ヨネ、潮崎豪、ムシキング・テリー、KENTA、森嶋猛らとシングル・マッチで対戦。熱戦を展開し、観客から好評を得た。以降、再びノアへ不定期参戦することとなる。B.J.ホイットマー フレッシュアイペディアより)

  • ROH世界ヘビー級王座

    ROH世界ヘビー級王座から見た森嶋猛森嶋猛

    新日本プロレス所属の真壁伸也が2004年に初挑戦して以降、日本人選手の挑戦は無かったが、2006年からは主に提携先のプロレスリング・ノア所属選手が積極的に本タイトルに挑戦している。これまで丸藤正道、SUWA、KENTA、森嶋猛、潮崎豪が本王座に挑戦し、森嶋が同王座を獲得している。ROH世界ヘビー級王座 フレッシュアイペディアより)

  • グローバル・ハードコア・クラウン

    グローバル・ハードコア・クラウンから見た森嶋猛森嶋猛

    2005年に大阪で行われたモハメド・ヨネと森嶋猛の一戦は、「時間無制限一本勝負、チェーンデスマッチ」となったり、徳島で行われたモハメド・ヨネとスコーピオの一戦では、ルールが「30分一本勝負、反則裁定無し」となったり、正にハードコアに相応しい試合もあったが、10月に行われた試合はその代償が重く、スコーピオは足を痛めて救急車が出動、病院に運ばれる事態となった。グローバル・ハードコア・クラウン フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ロウリネイティス

    ジョン・ロウリネイティスから見た森嶋猛森嶋猛

    全日本との繋がりは現在でも強く、WWEを解雇されたレスラーが彼の紹介で全日本プロレスに参戦することも多い。また、仲田龍とも旧知の仲であるため、ノアのレスラーがWWEのダーク・マッチへ出場することもあったが、潮崎豪と森嶋猛がビンス・マクマホンに酷評されてからは行われていない。ジョン・ロウリネイティス フレッシュアイペディアより)

  • 石森太二

    石森太二から見た森嶋猛森嶋猛

    パートナーは森嶋猛石森太二 フレッシュアイペディアより)

71件中 41 - 50件表示

「森嶋猛」のニューストピックワード