86件中 51 - 60件表示
  • 拳王 (プロレスラー)

    拳王 (プロレスラー)から見た森嶋猛森嶋猛

    2014年1月5日、NOAHへの本格参戦の初戦となった後楽園大会にて拳王は森嶋猛・マイバッハ谷口・大原はじめと結託し、ヒール軍団「超危暴軍」の一員として活動を開始した。拳王 (プロレスラー) フレッシュアイペディアより)

  • 小島聡

    小島聡から見た森嶋猛森嶋猛

    2012年1月4日、「レッスルキングダムVI」でBAD INTENTIONS(ジャイアント・バーナード、カール・アンダーソン組)の保持するIWGPタッグ王座に挑戦。天山がバーナードからピンフォール勝ちを収め、第58代王者に輝く。その後、上半期では矢野通、飯塚高史組と、下半期ではK.E.S.(ランス・アーチャー、デイビーボーイ・スミスJr.組)と同王座を賭けた抗争を展開する。12月9日にはプロレスリング・ノアに参戦し、森嶋猛の保持するGHCヘビー級王座に挑戦したが、奪取には至らなかった。小島聡 フレッシュアイペディアより)

  • スターネス

    スターネスから見た森嶋猛森嶋猛

    2000年のプロレスリング・ノア移籍後、小橋建太に反旗を翻した秋山、金丸、志賀賢太郎、橋誠、森嶋猛というラインナップでユニット名を正式にスターネスとし活動を開始。ノーフィアーとも一時共闘し、小橋が新たに結成した新生バーニングと対立する。スターネス フレッシュアイペディアより)

  • ファイヤープロレスリングの登場レスラー

    ファイヤープロレスリングの登場レスラーから見た森嶋猛森嶋猛

    大島崇(森嶋猛ファイヤープロレスリングの登場レスラー フレッシュアイペディアより)

  • 中嶋勝彦

    中嶋勝彦から見た森嶋猛森嶋猛

    2012年大会:準優勝・殊勲賞(パートナー:森嶋猛中嶋勝彦 フレッシュアイペディアより)

  • マイバッハ谷口

    マイバッハ谷口から見た森嶋猛森嶋猛

    2005年12月24日、ディファ有明で行われたクリスマス大会にて、本名「谷口周平」のリングネームで、対佐野巧真・ハスワマコト・志賀賢太郎・菊地毅戦(パートナーは森嶋猛・KENTA・小川良成)でデビュー。マイバッハ谷口 フレッシュアイペディアより)

  • マサ北宮

    マサ北宮から見た森嶋猛森嶋猛

    2015年1月10日、森嶋猛との一騎討ちを終え超危暴軍に加入した。マサ北宮 フレッシュアイペディアより)

  • 体当たり

    体当たりから見た森嶋猛森嶋猛

    相手に向かってジャンプすると同時に空中で振り返り、臀部(尻)を相手に突き出して相手にぶつける技。トップロープから繰り出せば、ダイビング・ヒップ・アタックと呼ばれる。ジミー・スヌーカ、チャボ・ゲレロ、越中詩郎、森嶋猛、田口隆祐、女子レスラーではジャガー横田、工藤めぐみ、伊藤薫、華名が主な使い手。森嶋は座っている相手に対し、助走を付けて前転しながら繰り出すローリング式も使う。キラー・ビーことブライアン・ブレアーは、蜂をモチーフとした自身のギミックに合わせてビー・スティンガーの名称で使用していた。工藤の場合デスマッチの途中でも使うことが多く、相手にかわされ有刺鉄線や電流爆破に突っ込んで被爆するというのが定番であった。体当たり フレッシュアイペディアより)

  • 秋山準

    秋山準から見た森嶋猛森嶋猛

    2008年7月、秋山は東京スポーツ紙上で、森嶋猛に力皇猛が挑戦するGHCヘビー級選手権でタッグパートナーの力皇が勝てなければ坊主にすると公約してしまった(自分がうっかり言ってしまったことを記者によって記事にされてしまう)。試合で力皇は王座獲得に失敗、8月のシリーズ開幕前に公約を守って坊主頭にした。秋山準 フレッシュアイペディアより)

  • グローバル・ハードコア・クラウン

    グローバル・ハードコア・クラウンから見た森嶋猛森嶋猛

    2005年3月、モハメド・ヨネが丸藤からタイトルを奪取。ここからしばらくは、正にハードコアの名に相応しいタイトル戦が続く。2005年に大阪市で行われたヨネと森嶋猛の試合は「時間無制限1本勝負、チェーンデスマッチ」に、同年10月に徳島で行われたヨネとスコーピオの試合では「30分一本勝負、反則裁定無し」となり、激しい戦いを繰り広げていた。徳島の試合ではスコーピオがタイトルを奪取したものの、ハードコアな試合の代償は重く、スコーピオは足を痛めて救急車が出動、病院に運ばれる事態となった。グローバル・ハードコア・クラウン フレッシュアイペディアより)

86件中 51 - 60件表示

「森嶋猛」のニューストピックワード